Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 献血 > 大学祭に献血バスが配車されました

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月16日

大学祭に献血バスが配車されました

日本保健医療大学「第8回 共済学院 桜祭」(平成29年5月20日)

日本保健医療大学学院祭での献血バス日本保健医療大学(幸手市)で、平成29年5月20日(土曜日)~21日(日曜日)に開催された「第8回 共済学院 桜祭」に献血バスが配車されました!

学園祭当日となる5月20日には、学園祭に献血バスの配車を計画してくださった学生さんへ、献血への想い等をインタビューをさせていただきました。

看護学部3年 学院祭実行委員長 須澤由佳さん 

日本保健医療大学須澤由佳さん

  1.  学園祭のテーマはありますか?
    「創る彩る学院祭」というものになります。
    生徒や地域の方「みんな」で創る、彩る、学園祭にしたいと思い、考えたテーマです。
  2. ポスターを手作りされていましたが、デザイン等も生徒のみなさんで考えたのですか?
    ハートの形のポスターは、学院祭実行委員のメンバーが描きました。
    春休みを利用し、みんなでチラシを近隣各所に配布しました。配布数量は何千部にもなります。
  3. 献血車を呼んでみようと思ったきっかけは何ですか?
    本校は幸手唯一の医療大学であり、医療に携わる者として人の命を預かることになります。
    人の命を大切にし、助けになるようなことが生徒全員であれば可能なのではないかと思いました。
    また、献血車を呼ぶことで、「医療大学」であるという意識を高められると思いました。
  4. 須澤さんは献血をしたことはありますか?
    実は、私は注射が嫌いなのですが、人の助けになりたいという思いから、献血だけはしています。
    本当に嫌いな注射でも、前の献血から6か月経過して400mL献血ができる期間になると、献血をするようにしています。
    私も注射が嫌いなので、注射が嫌いだという方の気持ちも分かります。でも、人の命を助けるという面から、是非皆さんにも献血を受けて欲しいと思います。
     日本保健医療大学献血実施中の看板と須澤さん
  5. 献血に関する思い出はありますか?
    私は血小板が多いみたいなんです。免疫もあるみたいで。
    血小板が多いためか、献血が終わるまでに3、4人の他の献血者の方に順番を抜かれてしまいます。
    みんなが帰っていくのに、自分は寝たまま。私の血が流れるのが遅いということが、印象に残っています。
  6. 若年層の献血者が減少していることについて、若年層の方へメッセージ等はありますか?
    献血に関して「どれだけ献血が重要か」があまり知られていないように思います。CM等でも羽生弓弦選手が献血の宣伝をしていると思いますが、あのようなCM等ももっと増やしていけば良いのではないかと思います。
    この献血でどれくらいの命が助かるのか、どのように血液が使われるのか、多くの方に知ってもらえれば、もっともっと献血者数が増えると思うんです。
    献血をしない人は、献血なんて痛いから「血を採るだけでしょ」「何の利益があるの」と思っているのではないでしょうか。
    でも、その人が血を提供するだけで、もう一人が助かるとしたら…多くの人が献血をした方が良いのではないかと思います。
  7. 献血に関して、これからしてみたいこと・して欲しいことはありますか?
    是非、献血車には埼玉県内のいろいろなところへ行って欲しいです。献血車が来ていれば、誰かが必ず来てくれると思うのです。
    地域の方も、献血車が来ていれば「献血をやっているんだ!じゃあ行こう。」と思うので、もっともっと献血バスの配車エリアを広めて欲しいです。
  8. こんな記念品やキャンペーンがあれば良いというものがあれば教えてください。また、若者が喜ぶというものがあれば教えてください。
    今日、献血者の方に配布しているタオルは、貰って凄く嬉しいと思います。
    また、以前「愛の献血」をテーマにしているような、ハートのキーホルダーを貰いました。部活をしていた時は、部活の全員で献血をして付けていました。それが凄く良かったです。本当に、みんな付けていました。
  9. 将来の夢はありますか?
    看護学校に通っているので、看護師になりたいと思っています。
    日本保健医療大学学院祭ポスター・チラシ

須澤さん、本日は学園祭でお忙しい中、インタビューにお答えいただき、ありがとうございます!

当日の学院祭では、多くの方に献血も御協力いただきました。温かいご協力をありがとうございました!

また、本日取材を快諾してくださいました日本保健医療大学の皆さまにも心より御礼申し上げます。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 献血・温泉・薬事情報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3635

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?