Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 難病対策 > 平成29年度指定難病等医療給付継続申請について

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月21日

平成29年度指定難病等医療給付継続申請について

現在お持ちの受給者証の有効期間終了後も引き続き医療給付を受けるためには、受給者証の有効期間内に継続申請の手続が必要となります。

申請受付期間(推奨期間)

平成29年7月3日(月曜日) ~ 8月4日(金曜日)※土・日・祝日を除く。郵送の場合は8月4日必着
ただし、(1)国民健康保険組合に加入しているかた、(2)被用者保険に加入しているかたで、被保険者の平成29年度市町村民税が非課税のかたは、7月10日(月曜日)までが推奨期間となります。

※推奨期間後の申請であっても、現在お持ちの受給者証の有効期間終了日までは継続申請を受け付けていますが、継続申請認定後に交付される受給者証がお手元に届くのが、現在お持ちの受給者証の有効期間終了後となる可能性があります。あらかじめ御了承ください。

※現在お持ちの受給者証の有効期間終了後の申請は、原則として、新規申請としての取扱いになりますので、申請手続の遅れには十分御注意ください(申請書類も一部異なります。)。
⇒新規申請については「難病対策(指定難病医療給付制度)」を御覧ください。

手続の概要

現在お持ちの受給者証に応じて、申請期限に十分御注意の上、下記の案内のとおり継続手続をしてください。

指定難病医療受給者証をお持ちのかた

今年度継続申請が必要となる受給者のかたには、6月初旬以降、順次、継続申請のお知らせを送付しています。
手続の詳細は、同封の 「平成29年度 指定難病医療給付 継続申請のお知らせ」を御参照ください。

継続申請のお知らせ

※経過措置のかたは白色の受給者証、原則のかたは緑色の受給者証をお持ちです。

※白色の受給者証をお持ちの経過措置のかたは、経過措置期間が平成29年12月31日を以って終了することに伴い、今年度の継続申請から医学的審査や自己負担上限月額の取扱い等に大幅な変更がありますので、継続申請のお知らせを注意してお読みください。 

 

 様式等ダウンロード 備考

申請に必要な書類(PDF:361KB)(「継続申請のお知らせ」から一部抜粋) 

指定難病の医療給付に係る支給認定(継続)申請書

経過措置で有効期間終了日が12月31日のかた用(PDF:300KB)

経過措置で有効期間終了日が9月30日のかた用(PDF:305KB)

原則で有効期間終了日が9月30日のかた用(PDF:206KB)

「記入時の注意事項」(PDF:309KB)を参考に御記載ください。

臨床調査個人票(平成29年4月1日改正後)
(第1次実施分:110疾病)
厚生労働省ホームページ(別ウィンドウが開きます。)
(第2次実施分:196疾病)
厚生労働省ホームページ(別ウィンドウが開きます。)

(第3次実施分:24疾病)
厚生労働省ホームページ(別ウィンドウが開きます。)

難病指定医又は協力難病指定医が作成したもの(下記参照)
※埼玉県外の医療機関に勤務している指定医でも作成できます。

-----------------------------------------

平成29年4月1日から臨床調査個人票の様式が改正されましたが、今年度の申請については、改正前の臨床調査個人票も受け付けます。

市町村民税非課税者に係る収入状況申告書(PDF:123KB) 市町村民税非課税(世帯)のかたのみ御提出ください。
健康保険証変更届兼同意書(PDF:132KB) 加入健康保険に変更があるかたのみ御提出ください。
重症患者認定診断書(PDF:397KB)

有効期間終了日が平成29年9月30日の経過措置のかたで、重症患者としての認定を継続して希望するかたのみ御提出ください。

なお、平成29年12月31日を以って重症患者認定は廃止されます

上記のほかにも住民票や市町村・県民税課税(非課税)証明書など御提出いただく書類がございます。
また、該当するかたのみ御提出いただく書類もございますので、「継続申請のお知らせ」又は「申請に必要な書類」を必ず御参照ください。

 難病指定医・協力難病指定医について

臨床調査個人票(更新用)を作成できるのは、難病指定医又は協力難病指定医に限られます。
こちらに該当するか、医師にあらかじめ御確認の上、作成を依頼してください。

⇒埼玉県の指定医一覧は「難病指定医について」を御覧ください。
(他の都道府県の指定状況は、当該都道府県のホームページ等で御確認ください。)

 継続申請認定後に交付される受給者証の有効期間について

有効期間が「平成30年9月30日」までの受給者証を交付します。

注)さいたま市にお住まいのかたへ
平成30年4月1日より難病法に関わる事務がさいたま市に移譲されることに伴い、継続申請認定後に埼玉県が発行する受給者証の有効期間は「平成30年3月31日」までとなり、後日、さいたま市より「平成30年4月1日~平成30年9月30日」までの受給者証が交付されます

県単独指定難病医療受給者証・特定疾患(スモン)医療受給者証をお持ちのかた

継続申請が必要となる受給者のかたには、6月初旬以降、順次、継続申請のお知らせを送付しています。手続の詳細は、同封の「平成29年度 県単独指定難病医療給付 継続申請のお知らせ」「平成29年度 特定疾患医療給付 継続申請のお知らせ」を御参照ください。

○継続申請のお知らせ

受付・お問合せ窓口

継続申請の手続について御不明な点等ありましたら、下記の連絡先までお問合せください。
なお、申請書類は、住所地を管轄する保健所に御提出ください。

県保健所

【受付時間】保健所開庁時間(平日午前8時30分~午後5時15分)

名称

電話番号

担当区域

川口保健所

048-262-6111

川口市、蕨市、戸田市

朝霞保健所

048-461-0468

朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町

春日部保健所

048-737-2133

春日部市、松伏町

草加保健所

048-925-1551

草加市、八潮市、三郷市、吉川市

鴻巣保健所

048-541-0249

鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町

東松山保健所

0493-22-0280

東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、東秩父村

坂戸保健所

049-283-7815

坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、鳩山町

狭山保健所

04-2954-6212

所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市

加須保健所

0480-61-1216

行田市、加須市、羽生市

幸手保健所

0480-42-1101

久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町

熊谷保健所

048-523-2811

熊谷市、深谷市、寄居町

本庄保健所

0495-22-6481

本庄市、美里町、神川町、上里町

秩父保健所

0494-22-3824

秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町

市設置の保健所

【受付時間】保健所開庁時間(平日午前8時30分~午後5時15分)

名称

電話番号

担当区域

さいたま市保健所

※各区の保健センターでも受け付けています。

048-840-2219

さいたま市

川越市保健所

049-229-4124

川越市

越谷市保健所 048-973-7531 越谷市

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 指定難病対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3562

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?