Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 健康 > 母子保健 > 希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内

ここから本文です。

 

掲載日:2020年10月2日

希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内

※新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方への相談支援は、「新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方への相談支援について」をご覧ください。

妊婦の方へ

 新型コロナウイルス感染症への不安から検査を希望する妊婦の方を対象に、ウイルス検査を行います。
 検査費用の自己負担はありません。検査についてはかかりつけ産科医療機関にご相談ください。 

 なお、さいたま市、川越市、川口市、越谷市にお住まいの方は、各市のページをご覧ください。

検査の対象となる方

 以下の全てに該当する方が対象となります。

  (1) 埼玉県内に住所を有する妊婦の方又は出産のために埼玉県内に里帰りをしている妊婦の方

  (2) 検査を希望する方

  (3) 分娩予定日が概ね2週間以内の方(早産リスク等、状況に応じて検査時期が異なる場合もありますので、かかりつけ産科医療機関とご相談ください。)

  (4) 発熱などの感染を疑う症状のない方

 検査回数

 1人1回(令和2年9月1日から令和3年3月31日の間に実施した検査が対象です)

検査内容

 新型コロナウイルス感染症検査
 ※鼻咽頭ぬぐい液又は唾液を検体としたPCR検査、LAMP検査及び抗原定量検査が対象です。
 ※簡易キットによる抗原検査については対象外となります。

検査場所

 妊婦の方のかかりつけ産科医療機関

 ※かかりつけ産科医療機関が検査を実施していない場合には、かかりつけ産科医療機関が指定した検査実施医療機関にて検査を行います。

検査にあたっての注意事項

  • 本検査は、妊婦の方が新型コロナウイルス感染症への感染不安から、検査を希望した場合に行うものです。
  • 発熱などの症状のある方や、無症状でも医師により検査が必要と判断された方は、本検査の対象ではありません。
  • 検査費用の補助は、1人1回限りです。
  • 検査の性質上、実際には感染しているのに結果が陰性となること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性となること(偽陽性)があります。
検査結果が陽性となった場合
  • 症状の有無にかかわらず、入院や宿泊療養等となる可能性があります。検査結果の診断後に管轄の保健所から連絡がありますので、御了承ください。
  • 症状の有無にかかわらず、入院先が必ずしも分娩予定の医療機関とならない場合があります。また、分娩方法等が変更される(帝王切開や計画分娩等)可能性があります。
  • 症状の有無にかかわらず、感染拡大防止の観点から入院中の面会及び分娩時の立ち合いが制限される場合があります。
    また、分娩後の一定期間、お母さんと赤ちゃんが別の部屋で過ごすこととなったり、赤ちゃんに触れたり、授乳することができない場合もあります。
  • 退院後は、希望に応じて助産師などによる専門的なケアや電話での相談支援を受けることができます。

検査の申し込み、流れ

 県内の医療機関で検査を受ける場合、以下のとおりです。

 (1)かかりつけ産科医療機関に検査等について相談します。

 (2)かかりつけ産科医療機関から検査に係る事前説明を受けます。

 (3)検査を希望する場合は、検査申込書を記入します。

 (4)かかりつけ産科医療機関が検査予約を行います。(かかりつけ産科医療機関が検査を実施していない場合には、かかりつけ産科医療機関が指定した検査実施医療機関にて検査を行います。)

 (5)検査を実施する医療機関に検査申込書を提出し、検査を受けます。

 (6)かかりつけ産科医療機関から検査結果の診断を受けます。

ポスター

県外の医療機関で同様の検査を受けた方へ

 埼玉県内に住所を有する妊婦の方(※)が、埼玉県外の医療機関で上記と同様の検査を受け、検査費用が全額自己負担となった場合は、検査に係る費用を2万円まで助成します。

 ※さいたま市、川越市、川口市、越谷市に住所を有する方は、各市で同様の事業を行っています。各市のホームページをご覧ください。

 申請に必要な書類

申請方法 

 下記まで必要書類一式を郵送で提出してください。

【送付先及び連絡先】

 〒330-9301 

 さいたま市浦和区高砂3-15-1  埼玉県健康長寿課母子保健担当  ウイルス検査交付申請担当者 宛て

 電話:048-830-3561      ファックス:048-830-4804 

検査を実施する医療機関の方へ

 検査に用いる各種様式は下記からダウンロードし、ご使用ください。

検査説明書・検査申込書

PDF版(PDF:420KB)

Word版(ワード:45KB)

検査実施における注意事項

PDF版(PDF:161KB)

Word版(ワード:22KB)

請求書・実施報告書・支払通知書

PDF版(PDF:155KB)

Excel版(エクセル:45KB)

ポスター様式 

PDF版(PDF:766KB)

 

請求先については、こちら(PDF:249KB)をご確認ください。

検査の対象となる方

 以下の全てに該当する方が対象となります。

 (1) 埼玉県内に住所を有する妊婦の方又は出産のために埼玉県内に里帰りをしている妊婦の方

 (2) 検査を希望する方

 (3) 分娩予定日が概ね2週間以内の方(早産リスク等、状況に応じて検査時期が異なる場合もありますので、かかりつけ産科医療機関とご相談ください。)

 (4) 発熱などの感染を疑う症状のない方

県外に居住する妊婦の方の検査について

 埼玉県内に里帰りをしている妊婦の方以外でも、以下の県に居住する方が埼玉県内の検査機関で検査を受けた場合は、埼玉県が費用を負担します。検査費用は埼玉県に請求してください。

 茨城県・栃木県・群馬県・千葉県 

検査の受付、流れ

 県内の医療機関が検査を行う場合、以下のとおりです。

 (1)かかりつけ産科医療機関は、妊婦から検査等についての相談を受けます。

 (2)検査説明書等により妊婦に検査に係る事前説明を行います。

 (3)妊婦が検査を希望する場合は、妊婦に検査申込書の記入を依頼します。検査申込書の説明者氏名、所属機関欄はかかりつけ産科医療機関が記入します。

 (4)検査予約を行います。(かかりつけ産科医療機関が検査を行っていない場合には、他院かかりつけの方に対する検査実施可能医療機関に検査予約を行います。妊婦は、検査実施可能医療機関に検査申込書を提出します。)

 (5)検査申込書の提出を受けて検査を行い、診断します。検査申込書の検査実施日欄は、検査実施医療機関が記入します。

 (6)かかりつけ産科医療機関から、妊婦に検査結果を伝えます。(他院かかりつけの方に対する検査実施可能医療機関は、かかりつけ産科医療機関へ検査結果を御連絡くださるようお願いします。)

 (7)検査結果が陽性だった場合には、検査実施医療機関が、感染症法に基づいて検査実施医療機関の所在地を管轄する保健所に発生届を提出してください。その際、発生届の自由記載欄に「妊婦支援事業」である旨の記載をお願いします。

請求

 毎月末に件数・請求額を取りまとめ、翌月10日までに請求書を提出してください。

 請求書への添付書類

 (1)検査申込書の写し

 ※納入通知書の利用に限定される請求及び支払い手続きの際には、「分娩前ウイルス検査業務実施報告書(様式2)」により請求してください。

検査を実施しない医療機関の方へ

 検査を実施しない医療機関に通院する妊婦の方が検査を希望された場合、下記「他院かかりつけの方に対する検査実施可能医療機関一覧」より予約をお願いします。

※閲覧にはパスワードが必要です。閲覧できるのは、事前にパスワードを通知した医療機関の方のみとなります。

 他院かかりつけの方に対する検査実施可能医療機関一覧(エクセル:21KB)(9月14日更新)

 

 新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方への相談支援について

 新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方は、ご自身の健康だけではなく赤ちゃんの健康面でも強い不安を感じていることと思います。

 そんな不安を少しでも軽減できるよう、ご希望される方には保健師、助産師などの専門職が相談支援を行います。

  なお、さいたま市、川越市、川口市、越谷市にお住まいの方、里帰りをされている方は、各市へお問い合わせください。

 ※新型コロナウイルスに感染していない妊産婦の方の不安に関するご相談は、「妊婦のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)」のページをご覧ください。

  ※妊娠・出産に関する一般的な相談支援は、市町村で実施しています。お住まいの市町村の母子保健担当課へお問い合わせください。

支援の対象となる方

 新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方のうち、以下の全てに該当する方が対象となります。

 (1) 埼玉県内に住所を有する妊婦の方又は出産のために埼玉県内に里帰りをしている妊婦の方(さいたま市、川越市、川口市、越谷市を除く)

 (2) 健康面や出産後の育児などに不安があり、支援を希望する方 

 (3) 埼玉県とお住まいの自治体の母子保健担当課との情報共有にご了承いただける方

支援の内容

 出産、健康管理や育児に関するご相談、育児技術(授乳や沐浴など)の習得の支援など、支援を希望される方の不安を軽減できるよう、ご本人にあわせた支援を行います。

 支援は、入院先の医療機関から退院した後又は感染力がないと認められてから、ご自宅への訪問や電話、オンラインにより行います。

 費用

 無料です。

 ただし、電話やオンラインによる支援の際の端末料や通信料は自己負担となります。

支援の申し込み

 支援を希望される方は、下記のとおりお申込みください。

(1) 入院先の医療機関から本事業について情報提供があった場合

 支援を希望する場合は、入院先の医療機関から提示された「意向確認書」にご記入のうえ、医療機関へ提出してください。

 入院先の医療機関には、入院中の療養の状況等について、埼玉県に情報提供をお願いしますので、予めご了承ください。

 

(2) (1)以外の場合

 下記の宛て先に、「支援の希望確認書(PDF:65KB)」を郵送又はファックスで御提出ください。

 ファックスで御提出いただいた方は、送信後、到着確認のお電話をいただくようにお願いします。

 

【送付先及び連絡先】

  〒330-9301 

  さいたま市浦和区高砂3-15-1  埼玉県健康長寿課 母子保健担当

  電話:048-830-3561      ファックス:048-830-4804

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 健康長寿課 母子保健担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?