Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 支援・補助 > 重度心身障害者 > 重度心身障害者医療費助成制度

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月12日

重度心身障害者医療費助成制度

この制度は

障害がある方とその家族の経済的負担を軽減するため、医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度です。

対象となる方は

次のいずれかに該当する方が対象です。県内にお住まいで、医療保険(国民健康保険、社会保険、共済組合等)に加入していることが必要となります。対象となる方が未成年者等の場合は、(その方を現に監護している)保護者の方などに医療費を助成します。

対象となる方

  • 身体障害者手帳1~3級の交付を受けている方
  • 療育手帳マルA、A、Bの交付を受けている方
  • 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方(ただし、精神病床への入院費用は助成されません)
  • 後期高齢者医療制度の障害認定を受けている方

対象とならない方

  • 生活保護などを受けている方
  • 小規模住居型児童養育事業者又は里親に養育されている方
  • 市町村の乳幼児医療費助成制度又はひとり親家庭等医療費助成制度に登録されている方
  • 平成27年1月1日以降に65歳以上で新たにこの制度の対象となる障害者手帳の交付を受けた方

 詳しくはお住まいの市町村・町村役場にお問い合わせください。

助成の対象となる医療費は

医療機関において入院・通院をした際に支払う医療保険の一部負担金の額です。医療費・薬剤費・治療用装具の一部負担金などが該当します。入院時の食事療養標準負担額、生活療養標準額は、助成の対象ではありません(助成対象としている市町村もあります)。

なお、次の給付等がある場合には、一部負担金からその額を控除した金額を助成します。

  • 一部負担金に対して医療保険から本人に支給された額
    例)高額療養費、附加給付、高額介護合算療養費など
  • 法令や他の制度(公費負担医療制度など)により支給された額
    例)身体障害者の更生医療や育成医療(自立支援医療)、特定疾患治療研究事業による給付など

助成対象とならないもの

医療保険の適用がない治療やサービス

例)薬の容器代・予防接種の費用・おむつ代・差額ベッド代・文書料など

受給のための手続きは

重度心身障害者医療費の助成を受けるためには、お住まいの市役所・町村役場に申請が必要です。この制度を受ける申請手続や申請書類は市町村によって異なります。詳しくは、お住まいの市役所・町村役場にお問い合わせください。

市町村担当課一覧(PDF:38KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 国保医療課 福祉医療・後期高齢者医療担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3364

ファックス:048-830-4785

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?