Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > 蚊媒介感染症 > 中南米地域等でジカ熱が流行しています

ここから本文です。

 

掲載日:2017年5月26日

中南米地域等でジカ熱が流行しています

ジカウイルス感染症(ジカ熱)とは?

 ジカウイルス感染症(ジカ熱)はウイルスを保有した蚊に刺され、ジカウイルスに感染することによって発症します。ヤブカ属のネッタイシマカ、ヒトスジシマカが媒介蚊として確認されています。

 基本的に、ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありませんが、輸血や性行為による感染が、稀なケースとして指摘されています。また、感染しても全員が発症するわけではなく、症状がないか、症状が軽いため気付かないこともあります。

 平成28年2月15日から、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平成10年10月2日法律第114号)に基づく四類感染症とされました。

 

ジカウイルス感染症の症状は?

 主として、軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、斑丘疹、結膜炎、疲労感、倦怠感などの症状があります。これらの症状は通常、2~7日続きます。症状自体は軽度ですが、ジカウイルス感染症の流行地域で小頭症の新生児が増加していることが報告されており、新生児の小頭症とジカウイルスとの関連性が示唆されています。

 WHOは3月31日、米国CDCは4月13日、これまでの研究結果から、ジカウイルス感染が小頭症等の原因となるとの科学的同意が得られたと結論づけました。なお、現在、小頭症や他の神経障害とジカウイルスとの関連についての更なる調査が行われています。

 

ジカウイルス感染症が発生している地域は?

 アフリカ、中南米、アジア太平洋地域で発生の報告があります、特に、近年は中南米等で流行しています。また、アメリカフロリダ州の一部でも流行しています。

 詳しくは、厚生労働省のホームページ(ジカウイルス感染症の流行地域)をご覧ください。

 

緊急事態宣言

 世界保健機関(WHO)では、ジカウイルス感染症に関し感染が他の地域にも広がる恐れがあるとして、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。(2月1日)

 

注意すべきこと

 国立感染症研究所では、ジカウイルス感染症と小頭症との関連性について、詳細な調査結果が得られるまで、可能な限り妊婦の流行地への渡航は控えた方が良いと指摘しています。

 また、米国疾病対策予防センターでも、妊娠中のジカウイルス感染症の感染に関してより詳細な調査結果が得られるまでは、流行国地域への妊婦の渡航を控えるよう警告を出しています。

 やむを得ず流行国地域に渡航する場合には、妊婦の人も含め、蚊の防除対策をしっかりと講じてください。

 防除対策としては、長袖、長ズボンの着用が推奨されます。また、蚊の忌避剤なども現地では利用されています。

 また、現在、性行為によって感染するのかについては十分な知見は得られていませんが、流行国地域から帰国した男性で妊娠中のパートナーがいる場合は、パートナーの妊娠中は症状の有無に関わらず、性行為の際にコンドームを使用することを推奨します。

 献血については、日本赤十字社では海外から帰国(入国)後4週間以内の献血者からは採血をしないこととしていますので、該当する方は献血を避けてください。

 

リンク先

厚生労働省のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html

厚生労働省検疫所ホームページ

http://www.forth.go.jp/news/2016/01261317.html

 

 


お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3557

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?