Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月8日

蚊媒介感染症

 蚊が媒介する感染症は? 

  蚊が媒介する感染症には、デング熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、チクングニア熱などがあります。

 デング熱については、こちらから

 ジカウイルス感染症については、こちらから

 これから夏季休暇の時期を迎えるに当たり、多くの方が海外へ渡航することから、帰国時又は帰国後に発熱等体調の異状がある場合及び渡航先において医療機関を受診するなど体調に不安がある場合には、空港等の検疫所に御相談いただくか、近くの医療機関を受診してください。

 媒介蚊対策のポスター(PDF:435KB)

baikaikagazou

 

 流行国地域へ渡航される方へ

 海外へ渡航する際には、渡航前に現地での流行状況を把握しましょう。もし、感染症の流行地域へ渡航する場合には、予防接種を受けることで感染症にかかるリスクを下げることができます。予防接種の種類によっては、数回の接種が必要なものがありますので、できるだけ早く医療機関の医師等へご相談ください。

 流行国地域についてはこちらから(厚生労働省ホームページ)

 海外渡航前の予防接種について

 流行国地域への渡航中には、長袖シャツや長ズボンの着用、裸足のサンダル履きを避けるなど、できるだけ肌を露出させないように注意してください。

 薄手の素材の衣服の上からや、足首、首筋などの小さな露出面でも蚊に刺されることがあるので、虫よけ剤を使用するなどして、刺されないようにしてください。

 ジカウイルスについては、性行為により男性から女性パートナーに感染した例が報告されています。流行国地域に滞在中は、症状の有無に関わらず、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることをお勧めします。

 

 妊婦と妊娠の可能性のある方へ

 妊娠中にジカウイルスに感染すると、胎児に小頭症等の先天性障害が生じることがあります。このため、世界保健機関(WHO)は、妊婦は流行国地域への渡航をすべきではないと勧告しています。(2016年3月8日)

 妊婦及び妊娠の可能性がある方は、可能な限りジカウイルス感染症の流行国地域への渡航を控えてください。やむを得ず渡航する場合には、蚊に刺されないよう十分な対策を取ってください。

 

 流行国地域から帰国(入国)された方へ

 海外の流行国地域で蚊に刺され、デングウイルス、ジカウイルスなどに感染した方が国内で蚊に刺されて吸血されると、その蚊を介して、デング熱、ジカウイルスなどの感染症が国内で発生するおそれがあります。

 海外の流行国地域において蚊に刺されてから、数日後に発熱、発疹、関節痛、筋肉痛、頭痛、結膜炎、倦怠感などの症状が見られた場合には、渡航歴と蚊に刺されたことを告げて、医療機関を受診してください。また、症状のある方は念のため新たに蚊に刺されないよう注意をしてください。

 また、ジカウイルスについては、性行為により男性から女性パートナーへ感染した例が報告されていますので、流行国地域から帰国した方は、症状の有無に関わらず、最低8週間、またはパートナーが妊婦の場合には妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることをお勧めします。

 

 埼玉県の取組

 蚊の発生状況調査(定点モニタリング)について

 

 感染症媒介蚊の診療ガイドライン

 感染症媒介蚊の診療ガイドライン(第3版)(PDF:4,148KB) 国立感染症研究所発刊

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3557

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?