Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > 埼玉県LINEコロナお知らせシステム > 埼玉県LINEコロナお知らせシステム > よくある質問【事業者向け】(埼玉県LINEコロナお知らせシステム)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月10日

よくある質問【事業者向け】(埼玉県LINEコロナお知らせシステム)

●事業者とは具体的に誰を指すのか

県内に所在し、不特定多数の方が利用する施設の運営者、店舗の経営者、また県内で実施し、不特定多数の方が参加するイベントの主催者のことです。

●対象となる施設、店舗とは具体的に何か

飲食店や居酒屋などの食事提供施設、劇場、集会・展示施設、博物館、運動施設、遊興施設、商業施設など、県内に所在する不特定多数の方が利用する全ての施設、店舗を対象としています。 

食事提供施設 飲食店、居酒屋、料理店、喫茶店、和菓子・洋菓子店等
劇場等 劇場、観覧場、プラネタリウム、映画館、演芸場等
集会・展示施設 集会場、公会堂、展示場、貸会議室、文化会館、多目的ホール等
博物館等 博物館、美術館、図書館、記念館、水族館、動物園等
運動施設 体育館、水泳場、ボウリング場、スケート場等
遊戯施設 マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター、遊園地等
遊興施設 キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、カラオケボックス等
商業施設 ショッピングモール、家電量販店、百貨店等

 

●対象となるイベントは具体的に何か

原則として、屋内・屋外問わず、不特定多数の方が利用する全てのイベントを対象としています。

 

屋内イベント コンサート、展示会、プロスポーツ、自由参加の講演会等
屋外イベント お祭り、プロスポーツ、野外フェスティバル等

必ず実施しなければならないのか

強制ではありません。しかし、実施する施設・店舗・イベントが多くなればなるほど、感染拡大を防止する効果が向上するため、できるだけ多くの方々に実施していただきたいと考えています。

 

●七夕祭りのように、イベント参加者と通行人の区別が付かないようなイベントはどうするのか

屋外や大規模施設内のイベントは、専用の出入り口を設置しているなど、イベント参加者と通行人を明確に区別できる場合に実施していただくようお願いします。

 

●事前申込や入館時に記名が必要など、参加者が特定できるイベントでも必要か

特に必要ありません。不特定多数の方が参加するイベント等を想定したシステムですので、参加者が特定できる場合は、メッセージを送信することがないと思われます。システムに登録してQRコードを掲示すること自体は可能です。

 

●複数の店舗を経営している場合は

それぞれの店舗ごとに登録してQRコードの発行を受け、掲示してください。

 

●規模の大きい商業施設やイベントの場合も、1つのQRコードを入口に掲示すればよいのか

部屋やフロアが分かれているなど、複数の場所に区分できる場合は、それぞれの場所ごとに登録してQRコードの発行を受け、提示することのご検討をお願いいたします。これにより、陽性者が発生した際に、より的確に通知することができますので、利用者の利便性なども踏まえてご検討ください。

例:商業施設→店舗ごとに登録してQRコードの発行を受け、掲示

 映画館→スクリーンごとに登録してQRコードの発行を受け、掲示

 

●イベントの開催日が複数の場合はどうすればよいか

イベント主催者が同じであれば、同じQRコードの掲示を続けてください。県は、読み取った日時の情報を取得します。利用者の方は、利用日ごとにQRコードを読み取る必要があります。

 

●QRコードをイベントのチラシやポスターに掲示してよいか

印刷物として配布されたQRコードを施設利用者以外の方が読み取ったり、利用していない日に読み取ってしまうと、正しくメッセージが届かなくなる恐れがありますので、配布は避けてください。

 

●施設・店舗・イベント主催者が行う手続きは、どのようなものがあるか

県のホームページにある専用のQRコード発行フォームにアクセスし、必要事項を入力していただくと、QRコードが発行されます。それを印刷していただき、利用者にとって分かりやすい場所に掲示していただきます。

利用者に対しては、QRコードの読み取りを呼び掛けていただくようお願いいたします。

  

●登録に必要な事項は何か(事業者から取得する情報はどのようなものか)

業態、1日あたりの利用想定人数、施設・店舗・イベント名、郵便番号・住所、電話番号、メールアドレスを入力していただきます。

 

●間違えて登録してしまった場合や、登録内容に変更があった場合はどうすればよいか

登録後の変更はできませんので、改めて新規のご登録をお願いします。また、間違えた登録から発行されたQRコードは、破棄してください。

 

●登録に費用が発生するか

登録自体に費用は発生しません。ただし、通信費用とQRコードの印刷費用をご負担していただく必要があります。

 

●プリンターがなく、印刷できない

コンビニ等で印刷をするか、タブレット画面に表示して掲示するなどのご対応をお願いいたします。

 

●印刷はカラーと白黒どちらで行えばよいか

どちらでも構いません。

 

●どのような場所に掲示すればよいか

入口や会計レジの周辺、例えば飲食店ではテーブル上やメニュー表など、多くの利用者に分かりやすく、スマートフォン等でQRコードを読み取りやすい場所に掲示してください。なお、無関係の方が読み取らないよう、施設・店舗・イベント会場の外側への掲示は避けていただくようお願いします。

 

●同じQRコードを複数掲示してもよいか

可能です。その場合、コピーしてご利用してください。複数の入口がある場合、利用者が多い場合など、状況に応じて対応してください。

部屋やフロアが分かれているなど、複数の場所に区分できる場合は、それぞれの場所ごとに登録してQRコードの発行を受け、提示することのご検討をお願いいたします。これにより、陽性者が発生した際に、より的確に通知することができますので、利用者の利便性なども踏まえてご検討ください。

 

●その場所で働いている人がQRコードを読み込んでも良いのか

可能です。利用者と同じように読み取ってください。

 

●陽性者が発生したことは事業者に通知されるのか

事業者には通知は届きません。陽性者のプライバシー保護の観点から、陽性者が立ち寄ったかどうかについては事業者にお知らせできません。

 

●陽性者が施設等を利用していた場合に、施設名や利用日などの情報が伝わるのか

利用者に送信されるメッセージには、訪問日時や場所は記載されません。

ただし、クラスター発生のおそれがあるなど、埼玉県が必要と判断した場合は公表することがあります。

 

お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?