Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症施策 > 若年性認知症に関する取組について > 「平成26年度埼玉県若年性認知症介護研修」を実施しました

ここから本文です。

 

掲載日:2015年2月24日

「平成26年度埼玉県若年性認知症介護研修」を実施しました

「平成26年度埼玉県若年性認知症介護研修」の実施のお知らせ

現在、認知症の人や家族の支援者である「認知症サポーター」の県内の数は18万7千人(平成26年9月末現在)を超え、認知症に対する理解は社会に浸透しつつあります。

しかし、65歳未満で認知症を発症する若年性認知症は、高齢者の認知症の比べ社会的な認知度が低いのが現状です。若年性認知症は、推定発症年齢が51.3歳と若いため、発症した場合の経済的なダメージが非常に大きいことなどから、早期発見・早期治療と、本人や家族への早期支援が重要です。また、本人の社会参加や自立の意欲が高いこともあり、それらに配慮した対応が必要です。

そこで、県では、若年性認知症の方や御家族を支援する関係者の方々に「若年性認知症」や若年性認知症のご本人とご家族の現状や課題、社会的支援の在り方について理解を深めていただくため、若年性認知症に関する研修等を定期的に開催しています。

平成26年度は、県内介護保険事業所の従事者の方を対象として、若年性認知症ケアの向上や家族支援の充実を図る標記研修を実施することとしました。

開催日程

平成27年2月16日(月曜日)13時30分~17時00分まで

開催場所

埼玉会館小ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

内容

講義(1) 若年性認知症に関する医学的理解について

 社会福祉法人 浴風会 浴風会病院

 須貝 佑一 氏

講義(2) 若年性認知症ケアの理解について

 特定非営利活動法人 生活介護ネットワーク 

 理事代表 西村 美智代 氏

講義(3) 若年性認知症介護家族の支援について

 特定非営利活動法人 若年認知症サポートセンター

 理事 干場 功 氏

プログラムは以下のとおりです。

若年性認知症介護研修プログラム(PDF:114KB)

受講者

417人

費用

無料

本研修に関するお問い合わせ

埼玉県福祉部高齢介護課 認知症・虐待防止担当

電話048-830-3251

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3251

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?