Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月19日

地域ケア会議

 高齢者の方が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域において医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が急務となっています。

 地域包括ケアシステムを構築するためには、高齢者個人に対する充実した支援とそれを支える社会基盤の整備を同時に行うことが重要です。これを実現する手法が地域ケア会議です。

地域ケア会議とは

定義

 地域ケア会議は、多職種の専門職の協働の下で、(1)高齢者個人に対する支援の充実と、(2)それを支える社会基盤の整備を同時に進めていく、地域包括ケアシステムの実現に向けた手法として市町村や地域包括支援センターが開催する会議体です。

内容

  • 高齢者個人が抱える課題を、医療や介護等の専門職や民生委員などの多職種が協働して解決を図ることで、住み慣れた地域で自立した尊厳のある生活を送れるよう支援します。
  • 多職種連携による高齢者の個別課題の解決を積み重ねることで、その地域に共通した課題を明確にし、共有していきます。
  • 共有された地域課題を解決するのに必要な資源開発や地域づくりを行い、さらには政策形成につなげていくことで、その地域全体における高齢者の支援を充実させていきます。

主な構成員

 行政職員、地域包括支援センター職員、ケアマネジャー、介護事業者、医療関係者、民生委員、リハ職等

Q&A

県の取組

埼玉県地域包括ケアシステム支援人材バンク

 地域ケア会議では、高齢者の支援に係る課題解決を図るため、専門的見地からの助言が不可欠です。このため、県では、弁護士や精神保健福祉士などの専門職等を登録する人材バンクを設置しています。専門職等が、市町村や地域包括支援センターが実施する地域ケア会議において、それぞれの専門的見地から助言を行うことで、高齢者が住み慣れた地域で自立した尊厳のある生活を送れるよう支援します。

 事業内容

【人材バンクへの登録】

 登録

 ※ 人材バンクへの登録には、県との事前調整が必要です。

【市町村が開催する地域ケア会議への派遣】

  市町村派遣

 【地域包括支援センターが開催する地域ケア会議への派遣】

手続2

※ このほか、リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)による支援については、地域リハビリテーション支援体制整備事業(概要(PDF:240KB)支援体制図(平成29年3月末日時点)(PDF:367KB)協力医療機関等一覧(エクセル:24KB))をご覧ください。

登録者リスト

 登録者リスト(PDF:96KB)

実施要綱及び様式

模擬地域ケア会議

 先進的な3市町(埼玉県和光市、神奈川県大磯町、奈良県生駒市)の地域ケア会議の録画映像を見ながら解説を聞き、地域ケア会議の仕組みや運営手法を学ぶことを狙いとした研修を実施しました。(平成26年8月26日、埼玉会館小ホール)

《当日資料》

 次第(PDF:132KB)

【基調講演】

 「地域ケア会議の法制化とそのねらい」(PDF:887KB)

【事例発表】

 1-1 神奈川県大磯町資料(PDF:2,349KB)

 1-2 神奈川県大磯町の地域ケア会議での発言要旨(PDF:207KB)

 2-1 奈良県生駒市資料(PDF:1,525KB)

 2-2 奈良県生駒市の地域ケア会議での発言要旨(PDF:225KB)

 3-1 埼玉県和光市資料(PDF:1,562KB)

 3-2 埼玉県和光市の地域ケア会議での発言要旨(PDF:225KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課 地域包括ケア担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3256

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?