Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 福祉 > 指導監査 > 社会福祉法人・社会福祉施設事例集

ここから本文です。

 

掲載日:2010年4月1日

社会福祉法人・社会福祉施設事例集

社会福祉施設の実地監査を行った施設の中から、施設運営や利用者の処遇面など、他の施設の参考となるような取組を紹介することとしました。施設職員の努力や工夫で利用者のサービスが向上する取組や、施設運営面での独自の取組を順次紹介します。

1 昼食に週一回の郷土料理 <知的障害児・者施設>

山形の芋煮 延岡のチキンの南蛮漬け みそカツ

施設の直営の給食センターで提供する昼食に週1回郷土料理を取り入れることで、メニューを工夫しています。メニューは「ゴーヤチャンプル」、「阿波ならえ」、「醤油赤飯」、「山形の芋煮」、「延岡のチキン南蛮漬け」、「けんさん焼き」、「みそカツ」など郷土色豊かです。また、郷土料理をわかりやすく解説したチラシを掲示することで、食欲がわき、利用者さんの楽しみの一つになっています。

2 道具を工夫しボーリング大会を開催 <身体障害者療護施設>

ボーリングの補助器具 ボーリング大会の様子その1 ボーリング大会の様子その2

施設の利用者さんの一番の楽しみで、人気ナンバーワンは、ボーリング大会。しかも、利用者さん全員参加できます。秘密兵器は施設の職員手作りの補助器具(滑り台のような器具でボールを滑らせて使用)。写真をご覧になれば納得されると思います。職員の工夫と利用者さんへの思いで出来上がりました。ボーリング大会の利用者さんの輝いている顔がとても印象的でした。

3 水害対策の土のうと訓練 <重症心身障害児施設>

訓練の様子その1 訓練の様子その2 水害の様子

始まりは12年前の床上浸水。施設の立地が河川に近く低地であるという条件もあり、台風、大雨などの対策に土のうを常備。失敗や、訓練を重ね今では、万全の体制です。もちろん職員の水害に対するマニュアルも作成、非常時に備えています。土のうの積み方にも工夫や訓練が必要です。安全、安心のため施設の状況に合わせた対策を実施している事例です。

4 保育園での特徴ある教育的取組み <保育園>

平成21年度10月末までに実地検査を行った保育園での教育的取組を紹介します。これは、検査を実施した保育園での取組例です。各保育園の状況に合わせさまざまな取組が行われていました。

  • 英語、国語、数字遊び、絵画、書道、茶道、体操教室
  • 園児観察園遊び
  • 野菜の栽培
  • けん玉遊び
  • 人形劇観劇会
  • 和太鼓指導・マーチングバンド
  • リトミック
  • 早朝マラソン
  • クッキング保育
  • お年寄りとの交流会

5 ホームヘルパー2級奨学金制度の導入(人材確保に奨学金) <特別養護老人ホーム>

介護職員の人材育成と人材確保を目的にホームヘルパー2級資格取得を支援する制度を法人独自で設立。この制度は、当法人の施設に勤務している者及び勤務する意思があり、採用が決定している者に対し奨学金を貸与します。また、奨学金は資格取得後、当法人内の施設に1年間勤務継続すれば返済が全額免除になります。この制度は平成21年4月から実施されています。

6 施設利用者の個別処遇の充実(誕生日に希望に応じた個別のお祝い) <特別養護老人ホーム>

利用者さんの誕生日に本人の希望を基に、御祝い品の贈呈やお墓参り、外食、自宅訪問、野球観戦、買い物など日帰りの外出などを、職員が計画して、費用を1人2,000円まで施設が負担して行っています。外出時には施設の車両を使用し、利用者1人に職員1名が同行しています。外出は利用者さんに大変よろこばれ、御家族が同行することもあります。介護職員が食事などを共にする場合は施設が費用の一部を負担し、差額は職員負担にしています。

7 職員募集の取組 <特別養護老人ホームの直接処遇職員確保のための工夫>

施設長さんのお話を聞くと直接処遇職員の確保に苦労されているところが少なくありません。そのような中で、直接処遇職員を確保するための手法として、施設の職員が施設に対し職員を紹介し採用された場合に手当を支給する制度を設けているところがあります。紹介された職員は「一定の資質が備わっている。」「短期間でやめることがない。」とのことです。ただし、このような制度を導入する際は、手当支給の根拠の整備や予算計上が必要です。また、反復継続の意思を持って職員を紹介すると、職業紹介事業に該当するかもしれませんので注意してください(照会先:埼玉労働局需給調整事業室048-600-6211)。

お問い合わせ

福祉部 福祉監査課 総務・障害施設・事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館3階

電話:048-830-3554

ファックス:048-830-4788

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?