Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の自立 > 心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター作品募集(募集期間:9月7日(金曜日)まで)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月1日

心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター作品募集(募集期間:9月7日(金曜日)まで)

埼玉県では、障害及び障害者に対する県民の理解を深めるため、障害のある人とない人の心のふれあいをテーマとした体験に基づく作文と、障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現をテーマとした障害者週間のポスター原画を広く募集し、優秀作品を表彰します。

入賞者の表彰式は、平成30年11月18日(日曜日)に行田市内で行う予定です。また、各部門の最優秀作品を内閣府に推薦します。

心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター作品募集について

1 趣旨

障害者に対する県民理解の促進を図るため、障害のある人とない人の心のふれあいをテーマとした体験作文と、障害者週間のポスターを募集し、優秀作品を表彰します。

2 主催

内閣府、埼玉県、埼玉県教育委員会 

3「心の輪を広げる体験作文」

  • 作文の題及び内容
    作文の題は自由とし、障害のある人とない人との心のふれあいの体験をつづったものとします。
    なお、応募作品は未発表のもの、ひとり1編に限ります。
  • 募集区分
    (1)小学生部門、(2)中学生部門、(3)高校生・一般県民部門の3部門とします。
    小学生、中学生及び高校生には、特別支援学校の小学部、中学部、高等部の児童生徒を含みます。
  • 字数及び用紙等
    1編当たりの字数は、小学生、中学生については400字詰め原稿用紙2~4枚程度とし、高校生・一般県民については、400字詰め原稿用紙4~6枚程度とします。
    なお、用紙は、原則として400字詰め原稿用紙(B4判縦書)を使用してください。

4「障害者週間のポスター」

  • 内容
    障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現をテーマにしたものとします。
    応募作品は、未発表のもの、ひとり1点に限ります。
    なお、作品については、造形的表現で訴えるものとし、標語その他の文字は入れないようお願いします。
  • 募集区分
    (1)小学生部門 、(2)中学生部門の2部門とします。
    小学生、中学生には、特別支援学校の小学部、中学部の児童生徒を含みます。
  • 規格、画材等
    規格は、画用紙B3判(横364mm×縦515mm)又はいわゆる四つ切り(横382mm×542mm)を使用し、これに満たない作品は、B3判又は四つ切りの大きさの台紙に貼付してください。彩色、画材は自由です。
    なお、最優秀作品については埼玉県の優秀作品として内閣府に推薦するため、内閣府が指定する規格である縦位置(縦長)の作品から選出します。

5 応募方法

  • 記載事項
    作文応募用紙(別紙様式1(ワード:36KB))、ポスター応募用紙(別紙様式2(ワード:35KB))に、題名、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、性別、職業又は学校・学年、住所、電話番号その他参考となる事項を記入し、作品とともに下記へお送りください。
  • 応募先
    〒330-9301 福祉部障害者福祉推進課(左の郵便番号で県庁に届きます)

         ※さいたま市にお住いの方、またはさいた市内に通学されている方は、さいたま市の募集事業に応募してください。

  • 募集期間
    平成30年7月2日(月曜日)から9月7日(金曜日)まで【必着】

6 入賞者

 応募作品の中から、優秀作品を各部門(体験作文:小学生、中学生、高校生・一般県民の3部門、ポスター原画:小学生、中学生の2部門)ごとにそれぞれ最優秀作品1作品、優秀賞2作品、佳作5作品の計40作品以内を選考し、入選とします。
入賞者には平成30年10月中旬頃通知します。
また、入選作品のうち各部門から1作品を、内閣府が実施する「心の輪を広げる障害者理解促進事業」に埼玉県の優秀作品として推薦します。

7 表彰及び発表

(1)入賞者には、賞状及び記念品をお贈りします。
(2)入賞者を県で行う「障害者週間」記念事業に御招待し、当日表彰させていただきます。また、作品集に掲載します。

8 その他

(1)応募された作品の著作権は主催者に帰属し、原則として作品は返却しません。
ただし、返却を希望する旨の申し出があるときは、送料を応募者負担として返却いたします。
(2)応募された作品は募集期間の末日から1年間保管後、処分させていただきます。
(3)個人情報については入賞等の連絡の必要がある場合及び内閣府への推薦にのみ使用させていただきます。
ただし、入賞作品の応募者の氏名、学校名、学年等については、作品集等に掲載させていただきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 障害福祉・団体担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3294

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?