Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 福祉 > 介護 > 人材の養成・支援 > 「コバトン ハートフルメッセージ」の優良事例の表彰を行いました

ここから本文です。

 

掲載日:2017年5月11日

「コバトン・ハートフルメッセージ」の優良事例の表彰を行いました

介護スタッフ等への感謝や応援の言葉をつづった「コバトン・ハートフルメッセージ」

日頃お世話になっている介護スタッフや介護事業所に感謝の気持ちや提案などを伝えます。

お寄せいただいたメッセージに基づき、模範となる取組を行った介護職員・介護事業所を選び表彰を行いました。

※平成28年度は、平成29年4月28日に開催された「埼玉県介護職員合同入職式・表彰式」において、介護職員2名及び6事業所に対し、知事から表彰状を贈呈しました。

28表彰式

コバトン・ハートフルメッセージ表彰事例

平成28年度(2名、6事業所)

特別養護老人ホーム 薫藤園(羽生市)

祖母が入所して2年。食事、睡眠、お風呂、トイレといった日々の一つ一つに、職員の優しさがある。生活面だけでなく、菜園で育てた野菜も食事で提供し、生け花や習字、藍染め、茶道教室なども開催されている。優しい心づかいに感謝を示したメッセージ。

特別養護老人ホーム 志木瑞穂の森(志木市) 田中 薫さん

母親は98歳で、膝はガクガクして歩行は困難。職員は夜勤明けなのに朝も笑顔で接触してくれ、モーニングケアも行き届いている。おむつへの配慮など職員の心配りと手厚い介護に感謝の気持ちを示したメッセージ。

特別養護老人ホーム ふじみ苑(富士見市)

眉間にしわを寄せていた認知症の義母が「笑顔がすてき」と言われるようになった。食事も一品ずつ説明してくれて、スプーンではなくお箸で食べる。介護をされる方の個性や特性を見つけてくれて、その良さを伸ばしてくれる。人を大切にするスタッフに感謝するメッセージ。

介護老人保健施設 はなみずき(深谷市)

92歳の母親は「先生方が優しい」「ご飯がおいしい」「行事が楽しい」が口癖。何よりも職員の温かい言葉や笑顔、そして行くたびに創意工夫された展示物や取組など、入所者への愛情を感じる。家族から施設に向けたお礼の言葉が綴られているメッセージ。

健康サービスステーション 蓮田店(蓮田市) 大沼美可子さん

「運動機能訓練」で困っていると耳を傾けていただき、「生活機能訓練」も対応してくださる。短時間の利用なのに「おむつ」の交換まで快くしてもらい有り難い。車の送迎も安全に配慮してくださる。全てのスタッフへの感謝を綴ったメッセージ。

越谷西ケアセンターそよ風(越谷市)

要介護「1」で週3回施設に通う96歳の女性。自宅の迎えから施設での生活を振り返り、特に入浴での目配りに感謝。食事前にはテーブルをアルコールで消毒するなどいつも衛生面に気を使う。ゲームやカラオケなど楽しませてくれる職員への感謝の言葉を綴ったメッセージ。

でいとれセンターひばり 南与野(さいたま市)

「脚力急落」を器具トレーニングで食い止めるため、内臓の病変を心配しながら通う。介護福祉士と看護師の体調を把握した上での訓練指導で安全優先のトレーニングが受けられ、脚力低下傾向に歯止めがかかり、プロの介護に頼る安心感を覚えた。スタッフへのお礼の気持ちを綴ったメッセージ。 

花みずき デイサービスセンター(加須市)

介護員が利用者と同じ目線で介助や会話をしており、日頃から基本動作ができていると思い安心感が持てる。全ての職員が着用しているユニフォームも「きちんとしていて感じがいい」と受け止めた。誇りを持って頑張ってほしいというエールが込められたメッセージ。

平成27年度(2名、5事業所)

特別養護老人ホーム 杏子苑(秩父市)

母を施設に入所させたことに不安と迷いを感じていた家族が、施設職員の笑顔と「私たちはプロですから大丈夫ですよ。心配しないでください。」という力強い言葉によって「このホームにいられることが一番幸せなのだ」と思えるようになった気持ちを伝える感謝のメッセージ。

特別養護老人ホーム ひかわ(さいたま市)

入院中に胃ろうの処置をした認知症の夫が、施設に戻ってから3か月後にはきざみ食を食べられるようになり、その後、車いすから立ち上がることができるまで回復した喜びと、きめ細やかに対応してくれた看護師、管理栄養士、相談員、介護職員等への感謝を綴ったメッセージ。

特別養護老人ホーム 吾亦紅(蓮田市)

ボランティアとして施設の行事に参加した家族に、2年前に亡くなった母について「おだやかな方でしたね」と職員が声を掛けたことに驚くとともに、その心配りに対して改めてこの施設にお世話になってよかったという思いを綴った感謝のメッセージ。

介護老人保健施設 うらわの里(さいたま市)

障害者となり、つらい思いをしていた利用者が、自分の左足を両手で包んで爪を切ってくれた職員の温かさに触れ不安の気持ちが和らいだ想いや、その後の職員のケアによって障害者としての自分を穏やかに受け止められるようになったことを伝える感謝のメッセージ。

はなまるデイサービス 武蔵浦和(さいたま市) 田中 裕市さん

母の介護を考える上で多くの不安を抱えていた家族が、デイサービスの職員の対応とアドバイスによって不安が和らいだことを綴った感謝のメッセージ。

訪問介護 匠(加須市)

思うように体が動かないストレスからヘルパーにきつく当たってしまうこともあった祖母の想いを、プロとして受け止めてくれたことへの感謝と、大好きだった祖母をヘルパーの力を借りて家で看取ることができたことへの感謝を綴ったメッセージ。

グループホーム ふくしのまち鶴ケ岡(ふじみ野市) 岩田 拓樹さん

大病を患った直後の母を受け入れ、家族が信頼を寄せる主治医の往診の受け入れにも柔軟に対応してくれたことや、状態が重くなっていく中でもできるだけ本人らしく過ごさせてくれた様々な配慮に対する感謝を綴ったメッセージ。

 

平成26年度(1名、5事業所)

特別養護老人ホーム みょうばなの杜(さいたま市)

どうしてこんな状態になってしまったのかとつぶやく父の体調や気分のムラに困惑するばかりの家族の心の支えにもなり、父に親身に話しかけ、様々な介護に対応してくれるスタッフに対し日頃伝えられない感謝の言葉を綴ったメッセージ。

特別養護老人ホーム 彩華園(熊谷市)

若年性認知症と診断された妻を二十数年間支えてきた夫が、介護を担ってくれる人たちとの出会いにより介護で不安だった日々を振り返り、人と人との繋がりや担当者の笑顔に支えられてきたことへの感謝の言葉を綴ったメッセージ。

介護老人保健施設 川口ケアセンター(川口市)

寝たきりにならないよう車いすの母と一緒に体操や歌、小物づくりを一緒にしてくれるスタッフの姿や、状況や性格、行動が異なる利用者1人1人に丁寧に声を掛け対応する姿に対する感謝の言葉を綴ったメッセージ。

デイサービスセンター かぐや姫(深谷市)

自宅では嫌な顔をしてお風呂を拒んでいた認知症の父が、デイサービスでの初めての入浴から帰ってきた時のさっぱりとした表情を捉え、スタッフへの感謝と入浴サービスを利用してよかったという家族の思いが伝わるメッセージ。

デイサービスセンター チューリップ(美里町) 武井 雅彦さん

スタッフの何気ない毎日の行為を素朴に、飾らない言葉で綴った感謝のメッセージ。多くの利用者から1人のスタッフにメッセージが寄せられており、スタッフが信頼され慕われていることが感じられる。

小規模多機能型居宅介護事業所 舞姫(深谷市)

姉が入所する施設で行われる様々な行事でのスタッフの細やかな心遣いを絵と文章で綴り感謝の気持ちを寄せるとともに、介護スタッフの一層の処遇改善や介護事業の進展に期待を寄せるメッセージ。

 

平成25年度(2名、5事業所)

特別養護老人ホーム 大井苑(ふじみ野市)

夫を施設に入所させたことに悩んでいた妻が、夫が施設できめ細かなケアを受ける姿を見て、お世話になってよかったと思えるようになった気持ちを綴った感謝のメッセージ。

特別養護老人ホーム さくら苑(北本市)

一時は高齢の母の「看取り」の覚悟を決めた家族が、職員の手厚い介護と看護で危機を脱した母の笑顔を見ることができたことへの感謝のメッセージ。

介護老人福祉施設 良宝園(杉戸町)

介護職員が現場でいつも忙しく働く姿に心をとめ、そうした中でも、利用者によく気を配り、公平に接していることへの感謝のメッセージ。

介護老人保健施設 いぶき(川越市) 阿部 陽子さん

毎月、利用者のために大型カレンダーを作ってくれる職員への感謝のメッセージ。廊下には過去の作品も飾られていて、明るい雰囲気にしてくれている。

愛の家グループホーム上尾原市(上尾市)

妻が無理な発言をしても反論せず納得するまで丁寧な言葉で説得する職員の姿勢に対する驚きと感謝を綴ったメッセージ。

フラワーヴィラグループホーム(深谷市)

いつ行っても変わらない顔ぶれのスタッフが祖母に優しく接してくれていることへの感謝のメッセージ。お孫さんの素直な感想がスタッフの最高の褒め言葉になっている。

居宅介護支援事業所 たんぽぽ(鶴ヶ島市) 藤野 和江さん

ともすれば家庭崩壊になっていたかもしれないところを、温かく的確に家族を支えてくれたケアマネジャーへの感謝のメッセージ。

 

お問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課 介護人材担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3232

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?