Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 放射線対策 > 北朝鮮の核実験に伴う大気中の放射性物質調査結果(28年9月)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年9月16日

北朝鮮の核実験に伴う大気中の放射性物質調査結果(28年9月)

北朝鮮は9日午後、核実験を実施したと発表しました。
原子力規制庁の指示を受けて、埼玉県では核実験に由来する放射性物質の影響がないかを確認するため、放射性物質の監視体制を強化することとしました。

その結果、安全が確認できたため、原子力規制庁の指示により、16日をもって通常の測定体制に戻しました。

なお、原子力規制庁の公表資料によると、全国でも異常は確認されませんでした。 

  

モニタリングポストによる空間放射線量調査(今後も継続)

県庁、熊谷地方庁舎、秩父地方庁舎、環境科学国際センター(加須市)、狭山保健所、県立三郷高校に設置されている、6か所のモニタリングポストで常時監視を実施しました。

測定の結果は、原子力規制庁のホームページ「放射線モニタリング情報」をご覧ください。 

 

ゲルマニウム半導体検出器を用いた核種分析

今回の核実験を受け、衛生研究所(吉見町)及び環境科学国際センター(加須市)において、降下物や大気浮遊じんを採取し、ゲルマニウム半導体検出器を用いて核種分析を行いました。今後は通常の測定頻度(年4回)とします。

埼玉県における測定の結果は、以下のとおりでした。

 

採取年月日 測定対象 測定地点 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137

平成28年9月9~10日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター

不検出

不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出

不検出

不検出

平成28年9月10~11日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター

不検出

不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出

不検出

不検出

平成28年9月11~12日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター

不検出

不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出

不検出

不検出

平成28年9月12~13日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター

不検出

不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出

不検出

不検出

平成28年9月13~14日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター

不検出

不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出

不検出

不検出

平成28年9月14日~15日

【異常なし】

大気浮遊じん

環境科学国際センター 不検出 不検出

不検出

降下物

衛生研究所

不検出 不検出 不検出

ゲルマニウム半導体検出器を用いた核種分析調査結果

(降下物の単位:MBq/k平方メートル、大気浮遊じんの単位:mBq/立方メートル)

    

お問い合わせ

環境部 大気環境課 企画・監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

電話:048-830-3057

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?