Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月23日

八都県市首脳会議での取組

上田知事の提案により八都県市首脳会議に設置された「深夜化するライフスタイル・ビジネススタイルの見直しに関する検討会」による検討結果が、第56回の首脳会議(平成21年11月18日開催)で報告されました。

この検討会の調査報告によると、八都県市全体で早めの退社、早めの就寝、駅前地区での深夜営業時間の短縮という3つの取組を同時におこなった場合の二酸化炭素排出削減量は約200万t-CO2と試算されました。これは、埼玉県の面積に相当する約40万haのブナ林が1年間に吸収し蓄積する二酸化炭素の量に相当するものです。

八都県市首脳会議報告書

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 実行計画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777