Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 土壌・地下水・地盤沈下 > モニタリングポスト周辺の土壌中の放射性物質測定結果について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月19日

モニタリングポスト周辺の土壌中の放射性物質測定結果について

県内6か所に設置されたモニタリングポスト周辺の土壌中の放射性物質について測定しましたので、結果をお知らせします。

測定方法

1 試料採取期間

平成25年5月23日~平成25年7月1日

2 調査地点

県内6か所のモニタリングポストの周辺

  • (1)衛生研究所(さいたま市)
  • (2)熊谷地方庁舎(熊谷市)
  • (3)秩父地方庁舎(秩父市)
  • (4)環境科学国際センター(加須市)
  • (5)狭山保健所(狭山市)
  • (6)三郷高校(三郷市)

3 採取方法

採土器により上下二層より採取(上層は表土から0-5cm、下層は5-20cmの層)

4 測定項目

放射性セシウム134
放射性セシウム137

5 測定機器

Ge半導体検出器 GC2520(キャンベラジャパン社製)

6 測定機関

県環境科学国際センター 

測定結果

土壌中の放射性物質測定結果

採取場所

 

採取日

放射性セシウム
134(乾土換算)
Bq/kg

放射性セシウム
137(乾土換算)
Bq/kg

放射性セシウム
134+137[注1]
Bq/kg

モニタリングポスト
空間放射線量[注2]
μSv/h

衛生研究所

上層

H25年5月27日

101

220

321

0.045※

下層

H25年5月27日

9.64

15.2

24.8

熊谷地方庁舎

上層

H25年5月23日

47.2

95.5

143

0.066

下層

H25年5月23日

7.50

15.2

22.7

秩父地方庁舎

上層

H25年5月23日

70.4

130

200

0.053

下層

H25年5月23日

12.4

28.6

41.0

環境科学国際センター

上層

H25年7月1日

63.3

122

185

0.053

下層

H25年7月1日

12.5

26.9

39.4

狭山保健所

上層

H25年5月27日

57.8

128

186

0.046

下層

H25年5月27日

17.4

40.6

58.0

三郷高校

上層

H25年5月30日

596

1200

1800

0.137

下層

H25年5月30日

36.5

76.0

113

※衛生研究所のモニタリングポストによる空間放射線量は1m高の推計値です。

[注1]土壌中の放射性セシウム濃度については、特に基準値が定められていません。参考となる値としては、稲の作付に関する以下のような基準があります。
稲の作付に関する考え方における土壌中の放射性セシウム濃度の上限値:5000Bq/kg(原子力災害対策本部)

[注2]環境省令における除染実施が必要な空間放射線量:0.23μSv/h

測定結果について

今回調査した6地点の土壌中の放射性セシウム濃度は143ベクレル/kg(熊谷地方庁舎)から1800ベクレル/kg(三郷高校)で、また、空間放射線量は0.045マイクロシーベルト/h(衛生研究所)から0.137マイクロシーベルト/h(三郷高校)でした。
これらの結果は環境省令で定める除染実施の要件である0.23マイクロシーベルト/時を十分に下回っており、人への健康影響について特に問題のない状況です。

お問い合わせ

環境部 環境政策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?