Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2015年2月19日

消防団の歴史

消防団の成り立ち

消防団は、江戸時代中期に創設された町火消が始まりです。

1870年(明治3年)

東京府に消防局が設置されるとともに町火消が廃止され、消防組が新設された。火消は消防夫として半官半民の身分で採用されることとなりました。

1875年(明治8年)

警視庁に常設の消防隊ができると、消防組は消防隊とともに、東京府内の消防業務を担いました。ただし、300諸藩の統治の名残を残す地方では、地方独特の消防制度が形成され、消防組はあくまで東京府内の機構に留まっていました。

1894年(明治27年)

消防組規則が交付され、消防組が全国で設置され、府県知事に管理が任されることとなりました。

1939年(昭和14年)

第二次世界大戦において空襲の危機から国民を救うため、勅令によって警防団令が発布され、消防組は勅令団体としての警防団に改編されました。
戦後、戦争協力機関とみなされ警防団は廃止されましたが、戦後の防災体制強化のため、1947年(昭和22年)勅令として消防団令が発布され、戦前の警防団は消防団として復活することとなりました。

1948年(昭和23年)

消防組織法が公布され勅令団体としての消防団は地方公共団体に附属する消防機関として規定され、今日における自治体消防のもとでの消防団の仕組みが整いました。

平成25年11月25日、日本消防協会と全国消防長会が主催して、消防関係者など約3万7千人が集まり、東京ドームで「消防団120年(1894年から)・自治体消防65周年(1948年から)記念式典」が盛大に挙行されました。

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8150

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?