Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 住宅 > 法律 > すべての住宅に住宅用火災警報器を!!

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月8日

すべての住宅に住宅用火災警報器を!!

取り付けましたか?住宅用火災警報器

予期せぬ火事。火災警報器で助かる命があります。

火災は決して他人事ではなく、どこの家庭でも起こりうることです。万が一の時でも、火災警報器があれば、いち早く火災を知らせてくれます。

火災の発生を即座に知らせる住宅用火災警報器は、住宅火災から生命を守るための切り札です。

まだ設置していないお宅は、火災から大切な生命を守るために、住宅用火災警報器を設置しましょう!

住宅用火災警報器の設置が義務化されました。

「あなたの住宅にも、火災警報器の設置が義務付けられています。」

平成16年に消防法が改正され、戸建てを含むすべての住宅を対象に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

  • 新築住宅:平成18年6月1日から
  • 既存住宅:平成20年6月1日から
    (さいたま市の既存住宅は平成21年6月1日から、行田市の既存住宅は平成23年6月1日から)

また、これに便乗した悪質な訪問販売も報告されています。

住宅用火災警報器の悪質訪問販売には、くれぐれも御注意ください。 

なぜ住宅用火災警報器を設置する必要があるのでしょうか?

住宅用火災警報器は、「火災の見張り番」です。

火災からの速やかな避難と初期消火が可能になります。

火災による死者の約9割は住宅火災で発生!

平成28年中の建物火災による死者1,114人のうち住宅(一般住宅、共同住宅及び併用住宅)火災による死者は、987人です。住宅火災による死者数は、建物火災による死者数全体の約9割を占めています。

 

jyuutakukasai

 

住宅火災で亡くなった方のうち、5割は逃げ遅れ、7割以上は高齢者!

平成28年中の住宅火災による死者987人のうち、放火自殺者等102人を除く死者は885人です。そのうち、約5割は「逃げ遅れ」が原因で命を落としています。もっと早く火災の発生に気づいて逃げることができれば、助かった方も多かったのではないかと推測されます。

また、平成28年中の住宅火災による死者(放火自殺者等を除く)885人のうち、619人が65歳以上の高齢者です。

nigeokurekoureisya

住宅用火災警報器の種類、設置場所、設置例

住宅用火災警報器の種類

技術上の基準に適合したものを購入してください。

規格に適合することを確認した住宅用火災警報器には、合格表示が付されています。

代表的な住宅用火災警報器

住宅用火災警報器(天井) 住宅用火災警報器(壁)

天井に固定するものと、壁に取り付けるもの、または壁もしくは天井のどちらにも取り付けられるものがあります。

また、電池を使うタイプと家庭用電源(AC100V)を使うタイプがあります。

ホームセンターや家電取扱店または防災設備の取扱い店で御購入いただけます。

住宅用火災警報器の設置場所

  • (1)寝室(寝室が複数あれば、それぞれに必要)
  • (2)寝室のある階の階段

※「台所」への設置は任意となっています(県外市町村では設置を義務づけている場合があります)。

※天井に取り付ける場合、住宅用火災警報器の中心が壁面から60cm以上離れるように設置してください。

※壁に取り付ける場合は、天井の下方15~50cmに住宅用火災警報器の中心がくるように設置してください。

住宅用火災警報器の設置場所

住宅用火災警報器の設置例

電池を使うタイプの住宅用火災警報器の設置例です。

作業の目安として紹介するもので、特定の製品をお薦めするものではありません。

また、実際の設置にあたっては、購入された住宅用火災警報器の取扱説明書を必ず参照してください。

(1)設置場所を決める。

天井に取り付ける場合は、壁面から住宅用火災警報器の中心が60cm以上離れるように取り付けます。

※壁面に取り付ける場合は、天井から15~50cmに住宅用火災警報器の中心がくるように取り付けます。

設置場所を決める

(2)警報器本体に電池を取り付ける。

コネクタを接続し、電池を専用スペースに収めます。

※警報器本体の側面に油性ペンで「設置年月」を記入しましょう。

電池を取り付ける

(3)ベースを取り付ける。

天井に取り付ける場合は梁など、壁面に取り付ける場合は柱などが通っている場所に、ネジで固定します。

ベースを取り付ける

(4)警報器本体をベースに取り付ける。

警報器本体の底面部をベースに合わせて、警報器本体が止まるまで右に回します。

※警報器の機種によって異なります。

本体をベースに取り付ける

(5)取り付け完了です。

警報器の機種によっては「テストボタン」が付いています。正常に作動するか、テストしてください。

取り付け完了

住宅用火災警報器を適切に維持しましょう。

住宅用火災警報器交換の目安について

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、
とても危険です。
設置してから10年を目安に交換することをお奨めします。

一般社団法人日本火災報知機工業会のホームページ

住宅用火災警報器は定期的に作動確認しましょう。

ボタンを押す、またはひもを引くことで、住宅用火災警報器が正常に機能しているかを確認できます。
機能が正常である場合、「正常です」というメッセージか、火災警報音がなります。
音が鳴らない場合は、電池がきちんとセットされているかをご確認ください。それでも、鳴らない場合は「電池切れ」か「機器本体の故障」が疑われます。取扱説明書を確認のうえ、交換等の対応をしてください。。

また、春の全国火災予防運動(3月1日から7日まで)と秋の全国火災予防運動(11月9日から15日まで)などの機会に、住宅用火災警報器が正常に機能しているかを確認してみてください。

 ijikanri1

ijikanri2

住宅用火災警報器の奏功事例

住宅用火災警報器の奏功事例

住宅用火災警報器は、火災による煙をいち早く感知し、火災の発生を警報音や音声で知らせてくれるものです。

住宅用火災警報器の設置により、万が一火災が発生した場合でも、素早く避難、通報ができるようになります。

埼玉県内で発生した住宅用火災警報器の奏功事例(住宅用火災警報器が作動したことにより、大きな火災に至らずに済んだ事例)は、平成26年4月から平成27年3月末までの間に58件報告されています。

以下の奏功事例は、実際に埼玉県内で住宅用火災警報器が活躍した例です。

皆さんの生命と財産を守るためにも、必ず設置しましょう。

奏功事例1(感知場所:台所)

専用住宅1階台所のグリルで魚を焼いていたことを忘れて外出し、台所の住宅用火災警報器が作動した。近隣住民が警報音に気付いて、屋外のガスの元栓を閉めて119番通報した。

奏功事例2(感知場所:寝室)

共同住宅の台所のガスコンロに鍋をのせて火をつけたまま寝てしまい、鍋が空焚き状態となり、寝室の住宅用火災警報器が作動した。居住者が警報音に気付いてコンロの火を消し、近隣住民が119番通報した。

奏功事例3(感知場所:階段)

専用住宅1階台所のガスコンロに鍋をのせて火をつけたままその場を離れて、階段の住宅用火災警報器が作動した。通行人が警報音に気付いて隣人に知らせて、隣人が119番通報した。

奏功事例4(感知場所:台所)

専用住宅1階台所のガスコンロに片手鍋をのせて火を付けたままその場を離れて、台所の住宅用火災警報器が作動した。居住者が警報音に気付いてガスコンロの器具栓及び元栓を閉めたが警報音が鳴り止まないため、自ら110番通報し、警察から消防に転送された。

悪質販売に御注意!

住宅用火災警報器の悪質販売には、くれぐれも御注意ください!
消防法の改正により、一般住宅にも火災警報器の設置が義務付けられました。これに便乗した悪質な訪問販売の被害が報告されています。

消防職員や市町村職員等を装う

「消防署(市役所)のほうから来ました」などといって消防職員(市役所職員)を装います。

消防職員(市役所職員)が住宅用火災警報器の訪問販売を行うことはありません。

消防職員(市役所職員)かどうか、身分を証明するものを見せてもらいましょう。

恐怖心をあおる

「火災が起きたとき罰則が適用される」、「住宅用火災警報器を設置していないと火災保険がおりない」、「近所で設置していないのはお宅だけ」などといって恐怖心をあおります。

住宅用火災警報器の未設置に対する罰金などの罰則の適用はありません。
業者と同伴で訪問し「法律で決まったからすぐに設置しないとだめ」などと購入をあおります。

特別価格を強調する

「今なら○個で○○○○円です」とお得さを強調してきます。

住宅用火災警報器自体が安くても、取付費用として法外な値段を要求してくる場合があります。

メーカーや種類により価格は異なりますが、1個約3,000円~10,000円程度の価格で販売されています。

住宅用火災警報器は、合格表示が付されているものを購入の目安にしてください。
業者等に取り付けてもらう場合は、事前に取付費用を確認しましょう。
住宅用火災警報器は、御自身で取り付けることも可能です。

考える時間を与えない

住宅用火災警報器の設置状況の調査などといい、販売や設置と直接関係のない口実で住宅内に入り込み、勝手に住宅用火災警報器を設置しはじめます。業者は即金を求め、すぐに行方をくらまします。

お金を払わせ、「領収書を持ってきます」といったまま戻ってきません。

住宅用火災警報器についての相談窓口

有償取付けについて

住宅用火災警報器は、ホームセンターや家電取扱店または防災設備等の取扱い店で御購入いただけます。

また、一般社団法人埼玉県消防設備協会では、有償取付けについての御相談(お住まいの地域の会員事業所の紹介等)を受け付けています。

一般社団法人埼玉県消防設備協会のホームページ
住宅用火災警報器取扱い会員名簿(PDF)を御覧いただけます。
電話048-864-8381(平日のみ、午前9時~正午、午後1時~午後5時)

一般的な相談について(販売、取付・取扱・点検方法等)

一般財団法人日本消防設備安全センターでは、個人からの一般的な相談(販売、取付・取扱・点検方法、機能等に関すること)に関する相談窓口を開設しています。

一般財団法人日本消防設備安全センターのホームページ

電話0120-565-911(午前9時~正午、午後1時~午後5時)

消防法令(設置場所等)のお問合せ

消防法令(設置場所等)のお問合せは、お住まいの市町村を所管する各消防本部で受け付けています。

県内の消防本部

販売に関するトラブルについて

販売に関するトラブルについての御相談は、埼玉県消費生活支援センターで受け付けています。

埼玉県消費生活支援センターのホームページ

電話048-261-0999(午前9時~午後4時、日曜日・祝日、12月29日~1月3日を除く)

関係団体へのリンク

お問い合わせ

危機管理防災部 消防防災課 予防担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8161

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?