Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防災・消防 > 防災対策 > 震災対策 > 平成27年度埼玉県地震対策セミナー

ここから本文です。

 

掲載日:2016年1月14日

平成27年度埼玉県地震対策セミナー

埼玉の住みやすさに、防災も加えよう

1 日時と会場

日時:平成28年2月2日(火曜日)13時30分~16時00分(開場 12時30分)

会場:さいたま市文化センター大ホール(JR南浦和駅西口徒歩7分)≪会場へのアクセスはこちらから

2 対象者

どなたでもご参加いただけます

入場無料/事前申込不要(定員1、558人先着順)

来場者の先着1、000名様に防災グッズ(携帯トイレ、防災拭い)をプレゼント。

3 プログラム

 講演

12時30分 開場・受付開始
13時30分~13時35分 開会・主催者あいさつ
13時35分~13時45分 自主防災組織の表彰式
13時50分~14時35分

講演1「今日からできる防災食備蓄」
~災害時にもいつもの食事を~

講師:管理栄養士/日本災害食学会災害食専門員

今泉マユ子(いまいずみまゆこ)

14時35分~14時55分 休憩
14時55分~15時55分

講演2「いま求められる地域防災」
~災害にも強い地域の在り方を考える ~

講師:群馬大学大学院理工学府教授
/広域首都圏防災研究センター

片田敏孝(かただとしたか)

16時00分 閉会

 

展示・説明

 12時30分~16時まで

 大ホール前のホワイエ(ロビー)で実施します。

4 自主防災組織表彰式

88自主防災活動に関し、特に優れていると認められる自主防災組織等に対して、知事表彰を行います。

 

 

 

 

 

平成26年度知事表彰の様子(宮代台自主防災会)

5 講演

 講演1「今日からできる防災食備蓄~災害時でもいつもの食事を~」

 今泉マユ子氏(イマイズミマユコ)

11

所属:JDA-DAT(日本栄養士会災害支援チーム)・日本災害食学会
略歴
 平成 2年 関東学院女子短期大学家政科食物栄養専攻卒業
 平成 4年 管理栄養士取得
      大手企業管理栄養士、病院管理栄養士を経て、3年間中国
      南京に駐在。
     帰国後横浜市の保育園に管理栄養士として8年勤務。
 平成26年 株式会社オフィスRM代表取締役
 著書
 「『もしも』に備える食 災害時でも、いつもの食事を」(清流出版)
 テレビ出演
  NHKあさイチ、NHKおはよう日本、首都圏ネットワーク等多数

 

  講演2 「いま求められる地域防災~災害に強い地域の在り方を考える~」

片田敏孝氏(カタダトシタカ)

2

所属: 群馬大学大学院理工学府教授広域首都圏防災研究センター長
略歴
 平成 2年豊橋技術科学大学大学院博士課程修了
 平成 2年東海総合研究所研究員
 平成 3年岐阜大学工学部土木工学科助手
 平成 5年名古屋商科大学商学部専任講師
 平成 7年群馬大学工学部建設工学科講師
 平成 9年群馬大学工学部建設工学科助教授
 平成17年群馬大学工学部建設工学科教授
 平成19年群馬大学大学院工学研究科 社会環境デザイン工学専攻 教授
 平成22年広域首都圏防災研究センターセンター長
 平成25年群馬大学理工学研究院環境創生部門教授(現職:所属名称変更)
 平成26年群馬大学大学院理工学府教授(現職:所属名称変更)

著書
人が死なない防災、集英社新書
命を守る教育3.11釜石からの教訓、PHP研究所
3.11が教えてくれた防災の本第2巻「津波編」、かもがわ出版
子どもたちに「生き抜く力」を、フレーベル館
みんなを守る命の授業/大つなみと釜石の子どもたち、NHK出版

6 展示・説明

 東日本大震災復興支援の活動報告(僕らの夏休みProject

3僕らの夏休みProjectが岩手県での復興支援活動について報告します。

僕らの夏休みProjectは、大学生主体の東日本大震災復興支援プロジェクトで、約200名の大学生がボランティアで参加しています。

夏休み等の長期休暇を利用して岩手県内の被災地の小学校を訪問し、子供たちとのふれあい活動を行なっています。また地元のお祭りに参加するなど地域との交流も深めています。



僕らの夏祭り2015年8月8日
岩手県宮古市 赤前消防コミュニティーセンター 55

 

 地震発生の仕組みに関する資料の展示

 熊谷気象台のブースでは、計測震度計を用いた震度の観測方法について展示します。
また地震、津波、液状化発生の仕組みを分かりやすく説明します。

地震対策の展示

12実行委員会参加企業・団体のブースでは、地震対策を説明したパネルなどを展示します。
また、県職員による木造住宅の無料簡易耐震診断を実施します。建築確認書又は各階の間取りがわかる平面図をお持ちください。

 

 

 




H26年度埼玉県地震対策セミナー展示の様子

7 主催 等

主催   埼玉県地震対策セミナー実行委員会

埼玉県、東京ガス株式会社埼玉支社、東日本電信電話株式会社埼玉事業部、株式会社NTTドコモ埼玉支店
一般社団法人埼玉県消防設備協会、埼玉県高圧ガス団体連合会、公益社団法人埼玉県危険物安全協会連合会

共催

熊谷地方気象台、僕らの夏休みProject

協賛

一般財団法人埼玉県建築安全協会、彩の国既存建築物地震対策協議会

協力

埼玉大学放送研究会

 8 チラシ(ダウンロード)(PDF:3,874KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理防災部 危機管理課 震災予防・復興支援担当 西谷

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8141

ファックス:048-830-8129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?