Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 道路交通法等に関すること > 道路交通法の一部改正(平成25年12月施行分)の概要

ここから本文です。

 

掲載日:2015年2月13日

道路交通法の一部改正(平成25年12月施行分)の概要

このページは平成25年12月1日施行の道路交通法一部改正について、交通安全に役立てていただくためにその概要を説明したものです。法律の解釈をしたものではありません。

警察庁のWebページも御覧ください。

1 自転車利用者対策

道路右側の路側帯通行ができなくなりました

【改正前】

自転車などの軽車両が路側帯を通行する場合、進行方向の規定がなかったため、双方向の進行が可能でした。

【改正後】

自転車などの軽車両が通行できる路側帯が、道路の左側部分に設けられた路側帯に限定されました。

※道路右側の路側帯は逆走となるため通行は禁止です。

路側帯通行禁止の解説画像

もちろん、路側帯に歩行者がいる場合は歩行者優先であることに変わりはありません。

また、歩行者の通行を妨げてはいけません。

ブレーキに不備のある自転車の取締りについて新たに規定

【新設】

ブレーキに不備があり、交通の危険となるおそれのある自転車が運転されているとき、

  • 警察官は自転車を停止させ、ブレーキを検査することができます。
  • 警察官は運転者に対して安全のため必要な応急措置を命じることができます。
    また、応急措置では対応できない場合には運転を継続しないよう命じることができます。

警察官の指示に従わない場合については、罰則(5万円以下の罰金)が設けられています。

ブレーキのない自転車(ノーブレーキピストなど。ピスト、ピストバイクとも呼ばれる。)で道路を走ることは禁止されています。

安全に停止することができず、大変危険です。

2 悪質・危険運転者対策

無免許運転などの罰則を引き上げ

  • 無免許運転
  • 無免許運転の下命・容認(業務に関し、無免許運転を命じたり容認したりする行為)
  • 免許証の不正取得

の罰則が厳しくなりました。

【改正前】

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

【改正後】

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

無免許運転の幇助行為を新たに禁止(幇助:ほうじょ…手助けをすること)

【新設】

無免許運転を助長する行為が禁止されました。

  • 無免許運転となるおそれのある者に対し、自動車等を提供すること
    (罰則:3年以下の懲役または50万円以下の罰金)
  • 無免許運転であることを知りながら自動車等の運転を要求または依頼して同乗すること
    (罰則:2年以下の懲役または30万円以下の罰金)

無免許運転者の周辺者も重い責任を問われます。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2955

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?