Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年4月11日

犯罪者を寄せつけないまちづくり

地域の安全は地域の力で

犯罪の多くは、乗物盗、車上ねらい、ひったくり、侵入盗などの身近な犯罪です。これらは、犯罪の実行に都合のよい状況、つまり機会(チャンス)をとらえて行われるため「機会犯罪」と呼ばれています。

犯罪を取り締まるのは警察です。しかし、このような身近な犯罪を防ぐためには、警察の活動とともに、みんなで犯罪を起こさせにくいまちづくりを進めていくことが重要です。

個人や地域のちょっとした心がけや取組が、犯罪機会をなくし、犯罪を減らすことにつながります。

犯罪者がさける、きれいなまちへ

犯罪者は皆さんの住んでいる地域を観察しています。

ゴミ出しの日が守られていない、落書きが多い、放置自転車がある、そんなまちを犯罪者はねらっています。こうした生活のルールが守られていない地域は、住民同士の連携が弱い、「スキ」のあるまちだと見られるのです。

一人ひとりが小さな暮らしのルールを守ることは、住みよいまちづくりにつながるだけでなく、防犯上の重要なポイントでもあるのです。

箒で掃除をしているコバトン

防犯に配慮したまちづくりのページへ

「あいさつ」は防犯効果バツグン

侵入盗(泥棒)が犯行をあきらめた理由でもっとも多いのは、「近所の人に声をかけられた」、「近所の人からじろじろ見られた」というものです。見知らぬ人に注意を払う、あたり前のようですが、残念ながら他人に無関心な人も増えているようです。

同じまちに住んでいるご縁ということで、行き会った人にあいさつをすることからはじめてみてはいかがでしょうか。近所のおつきあいの輪が広がるとともに、防犯にもつながる一石二鳥の取組です。

また、旅行などで長期間不在にするときは、どうしても空き巣などにねらわれる可能性が高くなります。お隣に注意してもらうようお願いしてみましょう。「おたがい様」の気持ちで、支え合って暮らしたいものです。

地域で犯罪情報を共有しましょう。

県警察では、県内各地の犯罪発生状況をホームページで提供しています。また、地元の警察署や交番で地域の犯罪情報を提供していることもありますので、ご相談してみてください。

自分の住んでいる地域で起きている犯罪について、住民の皆さんが共通の認識をもち、お互いに注意し合うことが必要です。

この際、被害を受けた方のプライバシーには十分配慮しましょう。

埼玉県警察本部ホームページ「犯罪情報官News」のページへ

みんなで防犯パトロール

地域内のパトロールは、住民が連携していることや、防犯意識の高い地域であることをアピールできる効果的な防犯活動です。

ユニフォームや揃いの帽子・腕章などで、防犯パトロール中であることがはっきりわかるような工夫をすると、犯罪を行おうとするものに対し強い警告となるとともに、周囲の住民にも防犯をPRすることができ、さらに効果が高まります。

  • 自主防犯パトロールは、犯罪を行おうとする者に対して大きな抑止力になりますが、法的な権限を有する警察官が行うパトロールとは違います。不審者(車両)などを目撃したときでも、原則として実力行使はせず、警察に通報してください。
  • パトロール中は交通事故などに十分注意してください。
  • パトロール中とはいえ、他人の敷地などに無断で立ち入ることはできません。住民の方のプライバシーには十分配慮してください。

埼玉県警察本部ホームページ「防犯のまちづくり関連マニュアル」のページへ

防犯ベストを着用しているコバトン   

地域安全マップ

自分たちの住むまちを防犯の視点から見直してみましょう。防犯灯が球切れしていたり、樹木が茂って死角になっているところはありませんか?防犯の視点で見ていると思わぬ場所が危険であることに気づくかもしれません。

このような場所をチェックし、日ごろから注意をはらったり、一つ一つなくしていくように努めましょう。

また、これらの危険箇所のほか、子どもが緊急時に逃げ込める場所などを確認し地図に落としてみましょう。住民みずから地域安全マップを作成することは、自分たちの住むまちを知るうえで非常に効果が高いです。

埼玉県警察本部ホームページ「地域安全マップづくり」のページへ

こんな取組も防犯につながります。

「仕事や学校があるので地域の防犯活動に参加するのは時間的に難しい」、「小さな子どもがいて外での活動は無理」、住民の中には、そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、このような方でも取り組みやすい防犯活動があります。

たとえば、地域で共通の防犯ポスターや防犯ステッカーをつくり、ドアや塀に掲げる、これも立派な防犯活動です。

また、庭や玄関先にきれいな花を植えれば、通る人の目が自然と花にむきます。その視線が結果的に、庭や玄関から侵入しようとする犯罪者を防ぐことになります。

是非、皆さんも無理せずできる防犯活動を考え、実行してみてください。

花に水をあげるコバトン

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2940

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?