Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年11月27日

身近な犯罪対策

犯罪のほとんどは、わたしたちの日常生活の場で発生しています。
その多くは、自転車盗・車上ねらい・ひったくりなどの街頭犯罪や空き巣などです。
このページでは、身近な犯罪を防ぐために気をつけたいポイントをまとめています。

自転車盗・オートバイ盗対策

主な手口や特徴

  • 自転車盗の発生場所の4割以上が駐輪場です。
  • 盗まれた自転車の5割以上が無施錠です。
  • 盗まれたオートバイの4台に1台は無施錠です。 

被害を防ぐためには

  • コンビニでの買い物など、わずかな時間でも必ず施錠しましょう。
  • 敷地内でもワイヤー錠なども取りつけ、ツーロックにしましょう。
  • 路上放置・違法駐車など管理が不適切な車両は、狙われやすくなります。 

H29自転車チラシ表自転車盗チラシ表(PDF:858KB)

 

H29自転車チラシ裏自転車盗チラシ裏(JPG:148KB)

  • 管理人がいる、明るく見通しが良い、防犯カメラ・センサーライト等の防犯機器が整備されているなど、管理の行き届いた駐輪場を選びましょう。
  • オートバイは、車体カバーも効果的です。
  • 自転車やオートバイを購入した時は、必ず防犯登録(自転車は自転車防犯登録、オートバイはグッドライダー防犯登録)をしましょう。
  • 「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」により、防犯登録や盗難防止のための施錠に努めることになっています。

くわしくは自転車盗対策のページへ

ツーロックを推奨するコバトン

自動車盗・車上ねらい・部品ねらい対策

主な手口や特徴

  • 車上ねらいの約5割がドアロックされていたのに被害にあっています。
  • バイクや自転車のかごから財布等が盗まれる被害も多発しています。
  • ナンバープレート、タイヤなどの部品を盗まれる被害も多発しています。
  • 窓ガラスを破壊する手口や、合鍵によりドアを開ける手口などがあります。
  • 座席に背広・上着・カバンなどが外から見える位置にあると、金目のものがあると思われ、被害にあいやすくなります。 

被害を防ぐためには

  • 車から離れる時は必ずエンジンキーを抜き、窓は完全に閉め、ドアロックしましょう。
  • 車内に物を置かないようにしましょう。 
  • イモビライザー、GPS追跡装置、防犯アラーム、ハンドルロックなどの防犯機器の装備を検討しましょう。
  • 管理人がいる、明るく周囲からの見通しが良い、防犯カメラ・センサーライト等の防犯機器が整備されているなど、管理の行き届いた駐車場を選びましょう。
  • 自宅の駐車場でも気を抜かず、しっかり管理しましょう。 
  • 違法駐車など、管理が不適切な車両は狙われやすくなります。
  • 短い時間でも車から離れる時は、上着やカバンなどを置いたままにしないようにしましょう。
  • 貴重品は、必ず身につけて行動するようにしましょう。

怒っているコバトンのイラスト

ひったくり・路上強盗対策

主な手口や特徴

  • ひったくり被害の約8割以上が女性です。
  • オートバイや自転車に乗った犯人が、追い抜きながらバックをひったくって逃走する手口が多いです。
  • 金融機関から出てきた人の後をつけて狙う例もあります。

被害を防ぐためには

  • 自転車のかごには防犯カバーなどを正しく取り付けましょう。
  • 徒歩の場合は、常に車道と反対側にバッグを持つ習慣をつけましょう。
  • 自転車のハンドルにバッグの持ち手をかけると、ひったくられた時に転倒してケガをすることにもなりかねませんので、やめましょう。
  • 常に車道と反対側にバッグを持つ習慣をつけましょう。
  • 人通りの多い明るい道を歩きましょう。
  • 金融機関やATMの帰り道は注意しましょう。また、多額の現金を持ち歩く必要がある場合は、複数で行動したり、自動車を利用しましょう。
  • 音楽を聴きながらやスマートフォンを操作しながらの歩行はやめましょう。

カバンをひったくられているコバトンのイラスト

住宅侵入盗(空き巣・忍込みなど)対策

主な手口や特徴

  • 侵入口は窓からの侵入が約7割以上を占めています。
  • 侵入手段はガラス破りが約4割以上でもっとも多くなっています。
  • 無施錠の箇所からの侵入も4割以上と目立ちます。

被害を防ぐためには

1 侵入を防ぐために

  • 在宅時・不在時を問わず、ドアや窓の鍵をきちんとかけましょう。
  • ゴミ出しなどのわずかな時間でも鍵をかけましょう。
  • ひとつのドアや窓に鍵を2つ以上取り付けましょう(ワンドア・ツーロック)。
  • 窓は、防犯ガラスにするか、防犯フィルムを貼ったり、頑丈な面格子を取り付けたりしましょう。
  • サムターンカバーやピッキング対応錠を取り付けましょう。  
  • 防犯カメラ、防犯アラーム、センサーライトなどを利用しましょう。
  • エアコンの室外機など、侵入の足がかりになる部分には、フラワーポットを置くなどの工夫をしましょう。
  • 家の周囲の整理整頓に努め、侵入の足がかりとなるようなもの(空き箱など)を放置しないようにしましょう。
  • 庭に防犯砂利を敷くと、歩くたびに音が出るので防犯に効果的です。

2 留守と分からないようにするために

  • 外出時は、明かりをつけておくか、電源タイマーを利用しましょう。
  • 旅行などの時は、新聞や郵便物を止めてもらいましょう。

3 見通しのきく構造に

  • 堀や植栽などを見通しがきくように工夫しましょう。

4 被害を最小限にするために

  • 多額の現金を家に置かないようにしましょう。
  • 通帳や貴金属などだけでなく、マイナンバー、パスポートや健康保険証なども保管場所を工夫しましょう。

5 近隣との連携を

  • ご近所同士、あいさつをしましょう。
  • 旅行などの時は、ご近所に声をかけて出かけましょう。

防犯に強いカギを推奨するコバトン

→ 身近な犯罪対策については、埼玉県警察本部ホームページ(トップページ>暮らしの安全)も併せてご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2940

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?