Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成21年度青少年夢のかけはし事業 > 青少年夢のかけはし事業/ブロンコススタッフ体験

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月9日

青少年夢のかけはし事業/ブロンコススタッフ体験

埼玉ブロンコスの試合運営スタッフ体験

日時:平成21年11月15日(日曜日)、11月22日(日曜日)

10:時~14時

会場:所沢市民体育館、春日部市総合体育館

この教室では、プロバスケットボールリーグのbjリーグ(15日は埼玉ブロンコスVS東京アパッチ戦、21日は埼玉ブロンコスVS仙台(せんだい)89ERS(エイティナイナーズ)戦)の試合運営(しあいうんえい)を支えるスタッフを体験しました。

岐津さんから説明を受ける参加者

まず、試合を主催(しゅさい)する埼玉ブロンコスの運営スタッフ岐津知平(きづともひろ)さんから、bjリーグの試合や今回のスタッフ体験の内容と注意事項について説明を受けました。

チラシサンプリングの準備1 

そのあと、運営(うんえい)ボランティアの方々から指導(しどう)を受けながら、チラシサンプリングの準備を行いました。

「チラシサンプリング」とは、試合開始前(しあいかいしまえ)、入場するお客様に資料やチラシなどを配るもので、試合に欠かせない大切な仕事です。

 

会場案内 

昼食後は、チラシのサンプリング、チケットチェック、会場案内の3つの係りに分かれてスタッフ体験をしました。最初は緊張気味(きんちょうぎみ)だった参加者の皆さんも、運営ボランティアの方々に助けていただきながら、徐々(じょじょ)に声も大きくなり、しっかりと仕事をこなせるようになりました。

参加された皆さんの主な感想

  • 普段できない体験ができてよかったと思います。
  • お客さんにチラシを取ってもらって「ありがとう」と言われたのがうれしかった。
  • 普通では見られない仕事がみられた。
  • スタッフの大変さがよくわかり、良い勉強になりました。
  • 簡単そうで、実は緊張して難しいことに気づけました。

講師紹介

埼玉ブロンコス

2005年11月に開幕した日本初のプロバスケットボールリーグ、bjリーグに所属。埼玉県所沢市を本拠地とし、埼玉県全域をホームタウンとするバスケットボールのプロチームです。チームカラーはグリーン。チーム名のブロンコス(BRONCOS)は暴れ馬の意味です。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?