Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 知事の部屋 > 知事への提言 > 寄せられた提言の紹介 > 平成29年度に寄せられた提言の紹介(12月)

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月4日

平成29年度に寄せられた提言の紹介(12月)

県道への中央分離帯の設置について

  県道3号線(さいたま栗橋線)の蓮田市、白岡市の区間ですが、中央分離帯の開いている部分が多数あります。
  (さいたま市、久喜市区間は閉鎖されています)
  大型車の交通量が多く右折車や高齢者の横断などが関係する重大事故が発生する危険がありますので、消防署など緊急車両出口付近以外は早急に閉鎖して頂きたいです。
  関係警察署、杉戸土木事務所等への協議、安全対策を早急にお願い致します。
 

知事の返事

  ご提言を拝見しました。
  中央分離帯の設置は、交通事故の抑止のために重要な役割を担うものです。一方で、近隣の道路利用者などの出入りの妨げとなる場合もあることから、地域の住民の方の意見を踏まえて設置の判断をしています。
  お話のことについて、早速、蓮田市から白岡市の区間の状況を確認したところ、中央分離帯が開いている箇所が全部で17か所ありました。
  このうち4か所については、現地を確認した結果、早急に対応が可能な状況でしたので、車両が横断できないようポールなどを設置するようにします。
  他の箇所についても、今後、地域住民の方や警察などの意見を聴いて対応を検討していきます。
  ご提言ありがとうございました。

 

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広聴・知事への提言担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2850

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?