Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月1日

レトロモダンに春めぐり

 春の日差しに誘われて、どこかにお出掛けしたい気分ー。そんな日は「温故知新」。県内のレトロなスポットを訪ねてみませんか。
★詳細は各問い合わせ先にご確認ください。

 

浦和

 かつて中山道の宿場町として発達した浦和。商業施設がにぎわう街角に残るレトロな空間を探してみませんか。

おススメスポット 4月1日(土曜日)リニューアルオープン

埼玉会館(さいたま市浦和区)

埼玉会館

 大正15年にオープンした、90年の歴史を持つ埼玉会館。昭和41年に建て替えられた現在の建物はモダニズム建築の旗手として戦前・戦後の日本建築界をリードした前川國男(くにお)の設計。
【交通】浦和駅下車徒歩6分


見どころ

 煉瓦(れんが)を独特な工法で敷き詰めた屋上庭園や前川建築の特徴である打ち込みタイル工法による黄褐色の陶磁器のような外壁。

★リニューアルオープンイベント

○埼玉会館内覧会&コンサート ほか(無料)
3月26日(日曜日)午後0時30分から4時

埼玉会館大ホール

大ホール:浦和児童合唱団と県立浦和高校(吹奏楽部など)の合唱・演奏および改修ポイントの解説
小ホール:ビデオ上映「埼玉会館の歴史と建築」など

 

○「大谷(おおたに)康子(バイオリン)&東京交響楽団室内合奏団アフタヌーン・コンサート」

【日時】4月1日(土曜日)午後2時開演
【料金】S席3,000円 A席2,000円(A席25歳以下は1,000円)
★チケット販売については同館かホームページでご確認ください。

【問合せ】同会館
(電話:048-829-2471)

プレゼント 「大谷康子(バイオリン)&東京交響楽団室内合奏団アフタヌーン・コンサート」のチケットを3組6人にプレゼント。詳細は「クイズ&プレゼント」をご覧ください。

徒歩5分で

玉蔵院(ぎょくぞういん)

玉蔵院の桜

 平安時代頃に弘法大師により創建されたと伝わる真言宗の古刹(こさつ)。桜の名所としても名高く、本堂横の樹齢100年以上のしだれ桜は、多くの見物客を集めます。

【問合せ】(公社)さいたま観光国際協会
(公社)さいたま観光国際協会のホームページ

 

川越

 蔵造りの町並みや大正ロマン漂う洋風建築。時を刻む川越で「時代」の面影を楽しみませんか。

おススメスポット

大正浪漫(ろまん)夢通り(川越市)

大正浪漫夢通り

 古き良き大正時代を思わせる情緒あふれる通り。川越の中心地の通りにはハイカラな洋館が立ち並びます。石畳の通りを歩けば、そこかしこに大正ロマンの風情を感じることができます。
【交通】本川越駅下車徒歩15分


見どころ

 その雰囲気からテレビドラマや映画の撮影にもよく使われる商店街。映像作品の余韻を楽しめるのも見どころの一つ。

シマノコーヒー大正館/ドラマ「相棒」(テレビ朝日21年1月放送)岸恵子さん、国広富之さん出演シーンが撮影された

シマノコーヒー大正館

徒歩15分で

蓮馨寺(れんけいじ)

蓮馨寺

 毎月8日は、呑龍(どんりゅう)上人の縁日。朝からフリーマーケットをはじめ、芸能や講釈などのイベントが行われます。

小江戸川越春まつり開催

3月25日(土曜日)から5月5日(金曜日・祝日)


【問合せ】(公社)小江戸川越観光協会
(電話:049-227-8233 (公社)小江戸川越観光協会のホームページ

 

 

秩父

 昭和初期、絹織物が盛んだった秩父。その名残がある建物を今に生かした町並みは「レトロ散歩」にぴったりです。

おススメスポット

ちちぶ銘仙(めいせん)館(秩父市)

ちちぶ銘仙館

 昭和初期、県の繊維工業試験場として建築。建物の特徴である大谷石(おおやいし)の石積みは、帝国ホテルを建てたフランク・ロイド・ライト氏考案の技法を活用。華やかな正面のベランダや玄関のデザインが印象的です。
【交通】西武秩父駅下車徒歩5分


見どころ

 現在同館は秩父銘仙の資料館に。銘仙が紡いできた織物文化を学べる他、染色などが体験できます。

秩父銘仙の特徴「ほぐし織り」。たて糸に染色をしてからよこ糸を織ることで光沢ある織物に

【問合せ】同館
(電話:0494-21-2112 同館のホームページ

秩父銘仙の織物

徒歩5分で

羊山公園

羊山公園

 秩父の春、羊山公園の広大な敷地を埋めつくす芝桜。その「花のじゅうたん」には秩父夜祭(よまつり)の屋台や笠鉾(かさほこ)のはやし手のじゅばん模様などがデザインされています。
【時間】午前8時から午後5時
【入園料】一般300円、中学生以下無料(花の見頃期間中の料金)

【問合せ】秩父市都市計画課
(電話:0494-26-6867 秩父市都市計画課のホームページ

 

春を楽しむ「SAITAMAプラチナルート」

 県では江戸の面影を残す蔵造りの町並みが人気の川越から周遊し、川下りや自然を満喫できる秩父・長瀞に宿泊する観光ルートを「SAITAMAプラチナルート」と名付け、その魅力を国内外にPR中!この機会にぜひ、お出掛けください。

【問合せ】県観光課
(電話:048-830-3955 県観光課のホームページ

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2857

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?