Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月1日

みんなで減らそう!食品ロス

コバトン

 食品ロスとは、まだ食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品のこと。国内では年間約621万トン発生しています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量約320万トンの約2倍に匹敵する量です。
 一人一人が「もったいない」の気持ちを持って食品ロスを減らしましょう。

【問合せ】県資源循環推進課
(電話:048-830-3108 ファックス:048-830-4791 県資源循環推進課のホームページ

 

今日から実践!家庭でできるひと工夫

 食品ロスのうち、約半分は一般家庭から発生しています。主な原因は、買い過ぎによる「消費期限切れ」、作り過ぎによる「食べ残し」、野菜の皮のむき過ぎなどによる「過剰除去」。
 暮らしの中のちょっとした心掛けから始めませんか。


POINT 1
買い物前に冷蔵庫内などの在庫をチェック

冷蔵庫をチェック
▲メモ書きや携帯・スマホで撮影して持参

POINT 2
残っている食材から使う
 

使いかけの野菜
▲「いつか食べる食品」は食品ロス予備軍

POINT 3
野菜や果物の皮は厚むきしない
 

りんごの皮むき
▲生ごみは減り、栄養は増える

【大募集】彩の国エコぐるめ協力店

 小盛メニューを導入するなど、食品ロスを減らす取り組みを実施する飲食店、食料品小売店を募集しています。協力店の取り組みや登録方法など詳細は県のホームページで紹介しています。(29年8月現在159店舗)

彩の国エコグルメステッカー
▲協力店の「証」ステッカー

フードバンク活動にご協力を!

 フードバンクでは、包装の破損や印字ミス、賞味期限に近づいたなどの理由から、品質には問題がないにもかかわらず廃棄されてしまう食品を企業や個人から引き取り、必要としている福祉施設などへ無償で提供しています。
 県は、県内の食品製造企業などへのフードバンク活動の周知・マッチング支援により、フードバンク活動を応援しています。この活動を通じて資源の有効活用や食品廃棄物の発生抑制につなげます。


みんなで食べ残しをゼロにする約束
九都県市 もっと!食べきりげんまんプロジェクト

スマイルフォトコンテスト

 参加協力店で残さず食べた後の「空の食器と笑顔」が写った写真を応募してください。入賞作品にはすてきなプレゼントも。
★応募方法など詳細は「九都県市廃棄物問題検討委員会ホームページ」をご覧ください。

※埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2857

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?