Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年4月1日

平成31年度埼玉県一般会計当初予算
新時代へのチャレンジ

輝け100年人生 スマート社会の実現 魅力的で持続可能な埼玉

 今年度は新たな元号の下で日本がスタートを切る「節目」の年。
 県の当初予算は「輝け100年人生」、「スマート社会の実現」、「魅力的で持続可能な埼玉」を柱にした「新時代へのチャレンジ予算」です。
 県は、限りある財源をよりよい県づくりのために生かしていきます。

平成31年度
埼玉県一般会計当初予算

一般会計(当初)
1兆8,884億6,000万円
(前年度比1.2%増)

主な用語解説

・一般会計
 県の会計の中心となる会計で、行政運営の基本的な経費全般を計上
・地方消費税清算金
 国から払い込まれた地方消費税を、消費地と課税地を一致させるため、一定の基準により都道府県間で清算したもの
・県債
 県の長期借入金
・地方交付税
 所得税、法人税、消費税など国税の一定割合を人口、面積などに応じて国が地方公共団体に交付する税。地方公共団体固有の財源
・国庫支出金
 特定の事業を行うために国から交付される負担金、補助金および委託金
・公債費
 過去に借り入れた県債の元金の返済や利子の支払いなどの経費

県債残高の状況

 31年度末の県債残高は約3兆8122億円。前年度末に比べ約168億円減少する見込みです。また、臨時財政対策債※1・減収補塡債を除いた、県が発行をコントロールできる県債の残高は約437億円減少する見込みです。

※1 県債の一つ。国から地方交付税として交付されるべき額の不足分を県が代わりに借り入れるもの。元利償還金相当額は後年度の地方交付税で全額措置される。

一般会計県債残高の推移

輝け100年人生

子供の居場所づくりとジュニア支援

 「子ども食堂」など子供の居場所づくりを広げるため、担い手の発掘やアドバイザーによる立ち上げ支援を行います。


▲多様な形で広がる「子ども食堂」

県少子政策課

 貧困の連鎖の解消に向け、小学生の学習・生活支援などを行う「ジュニア・アスポート事業」を全県展開するため、コーディネーターを設置し、教室の立ち上げ支援などを行います。

県社会福祉課

あらゆる人のチャンス拡大

 ひとり親を対象に、就職や生活支援などの役立つ情報を発信するとともに、ひとり親の低所得世帯向けに県営住宅を供給します。

県少子政策課

県住宅課

 シニアを対象に初めて地域活動に参加する「地域デビュー」の支援、セカンドキャリアセンターによる就職支援を行い、セカンドライフの充実を促進します。

県共助社会づくり課

県シニア活躍推進課

安心・安全・健康

 振り込め詐欺の被害防止を図るため、通話録音装置などの振り込め詐欺対策機器に実際に触れてもらうワークショップ型の啓発活動※2を実施します。
※2 体験型講習会

県防犯・交通安全課

 県たばこ税の一定割合を財源とした基金を創設し、受動喫煙防止対策の強化やがん検診受診率の向上など健康関連施策を推進します。

県保健医療政策課

県健康長寿課

県疾病対策課

スマート社会の実現

第4次産業革命の促進

 AI(エーアイ)※3やIoT(アイオーティー)※4など、新たな技術を活用した中小企業の生産性向上への取り組みや新製品の開発、人材育成などを支援します。
※3 人工知能
※4 さまざまなモノがインターネットに接続すること

県先端産業課

 AIなどを活用したお茶の生産管理システムの構築に向け、茶園の環境データなどの収集・解析を行います。


▲データなどを収集するための装置

県生産振興課

みんなで実感スマート社会

 本県独自の学力・学習状況調査で得たビッグデータなどをAIで分析し、個々の児童・生徒の状況に応じたきめ細かな学習支援の実現を目指します。

県義務教育指導課

県高校教育指導課

 生徒の深い学びを支援するため、県立高校にタブレット端末などのICT(アイシーティー)環境※5を整備するとともに、私立学校のICT環境を整備の支援を強化します。
※5 情報通信技術

県高校教育指導課

県学事課

更なる県庁のスマート化

 AIを搭載したOCR(オーシーアール)※6の導入や、RPA(アールピーエー)※7の活用による業務自動化により、職員が政策立案に集中する時間を創出します。
※6 手書きの文字などを、文字データに変換する技術
※7 パソコンで行う定型的な事務処理を自動化する技術

県改革推進課

 犯人を早期に検挙し、県民の安全安心を守るため、AIを活用した犯罪捜査の効率化を図ります。

県警察本部刑事総務課

魅力的で持続可能な埼玉

ラグビーワールドカップやオリンピック・パラリンピックなどによる魅力創出

 カウントダウンイベントの実施などにより気運醸成を図るとともに、大会の成功に向けた開催準備を着実に進めます。


▲授業にも導入される「タグラグビー」(写真提供:熊谷市)

県ラグビーワールドカップ2019大会課

県オリンピック・パラリンピック課

 外国人旅行者が何度も訪れたくなるような埼玉ならではの体験型旅行商品を提案し、外国人旅行者の誘致を強化します。

県観光課

災害に強く環境にやさしい埼玉

 橋りょうの耐震性向上や県と市が連携した浸水対策を推進します。

県道路環境課

県河川砂防課

 世界中で海洋汚染問題となっているマイクロプラスチックの削減に向け、川の国埼玉から取り組みを開始します。

県水環境課

県産業廃棄物指導課

県資源循環推進課

県産業支援課

稼ぐ力の向上で経済活性化

 今後の成長が見込まれる医療産業や、航空・宇宙産業などの研究開発・事業化を支援します。

県先端産業課

各取り組みについては
【問合せ】県各担当課
(電話:048-824-2111(代表番号))

★県警察本部の取り組みについては
(電話:048-832-0110(代表番号))

その他については
【問合せ】県財政課
(電話:048-830-2174 ファックス:048-830-4713)


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?