Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年12月1日

人生に「定年」をつくらない活躍の仕方


▲表紙の人:「人生一度きり」と起業に踏み切った中鶴さん(伊奈町)。その思いをインタビューで紹介しています。

定年後の過ごし方は人それぞれです。
まだ働きたい、何か新しいことを始めたい。
あなたの「したいこと」に定年はありません。
いつまでも活躍できる自分でいるために。セカンドライフのヒントを見つけませんか。

なぜ今、シニアが注目されるのか

 少子高齢化に伴う働き手の減少により、社会の活力の低下が懸念されています。
 一方で今のシニアは、一昔前のイメージとは全く違い、気力・体力ともに充実した元気な人が増えています。
 県では、シニアが自らの希望や意欲に合わせて就労や地域活動など、さまざまな分野で活躍できるように、取り組みを進めています。

県が進めるシニア活躍応援

三つの取り組み

【1】仕事
「働くシニア応援プロジェクト」

【2】地域活動
「地域デビュー楽しみ隊」
「シニアの地域デビューを応援します」

【3】健康長寿
「健康長寿埼玉プロジェクト」

みんなはどう思っている?

高齢者の就労希望年齢

働く意欲のあるシニアがたくさんいます。


出典:平成26年度内閣府「高齢者の日常生活に関する意識調査」

地域活動をしてよかったこと

新しい友人を得たり、地域のつながりができたりしています。


出典:平成28年内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」

で活躍

 自らの経験を生かし、チャレンジしてみませんか。シニアの新たなライフスタイルとして、現役時代の知識や経験を生かし、少ない投資で身の丈に合った起業が注目されています。

(株)伊奈京(いなきょう)
中鶴 日南(なかづる ひなみ)さん(61歳)

乾物販売業

【起業の軌跡】
 1980年、のり製造販売企業に就職。のり・日本茶などの営業に従事後、55歳で早期退職。創業・ベンチャー支援センター埼玉の支援を受け2012年10月に会社設立。

起業者の声

「一代でいけるところまで」

 のり、日本茶、梅干しやお菓子を扱う会社を立ち上げ、職域販売をしています。会社勤めをしていた時に扱っていたものなので商品知識があり、営業先についてもめどが付けやすかったのが強みです。
 現役の時には、社内ベンチャーを立ち上げる機会に恵まれ、創業のノウハウを学ぶことができました。
 50歳を過ぎ、今後の人生を考えていたところ、震災を経験し「人生一度きり。それならやってみよう」と、起業に踏み切りました。
 息子が2人いますが、違う仕事に就き、後継ぎにはならないですね(笑)。今は一人でやっています。自分で考えたことを実行し完結できる。それがいいところです。一代でいけるところまで、やってみようと思っています。
※企業の従業員向けの社内販売


▲自宅を増築し、事務所を構えた

起業についての相談は
【問合せ】創業・ベンチャー支援センター埼玉((公財)埼玉県産業振興公社)
(電話:048-711-2222)

起業に興味を持ったら

 県では定年後に起業を考えているおおむね50歳以上の人を対象にセミナーを開催しています。

シニア起業入門セミナー in 川越

 世界的に有名な80代プログラマーの若宮正子(わかみや まさこ)さんの講演やライフプランセミナーを開催します。
【日時】31年1月26日(土曜日)
    午前10時から午後1時
【会場】ウェスタ川越
【申込】1月22日(火曜日)までに電話かホームページから。★申込順

アプリ「hinadan(ヒナダン)」開発者
若宮 正子さん

埼玉シニア起業塾(第3回)

起業に必要な知識(事業計画・財務など)を学べます。

【日時】31年2月9日、23日、3月16日の(土曜日)
    午後1時30分から4時
【会場】ウェスタ川越
【申込】2月5日(火曜日)までに電話かホームページから。★申込順

詳細は【問合せ】埼玉新聞社クロスメディア局
(電話:048-795-9932(月曜日から金曜日))

知っ得情報

 同セミナー・塾への参加を含め、創業・ベンチャー支援センター埼玉の窓口相談などを1カ月以上かつ4回以上利用したときは、会社設立時に登録免許税の軽減措置などが受けられます。
★対象市町あり。詳細はホームページ

で活躍

 地域社会の発展・活性化に携わってみませんか。お住まいの市町村にあるシルバー人材センターは、あなたの生きがいと地域のニーズを結ぶお手伝いをしています。

(公社)加須市シルバー
人材センター理事

五十嵐 信子さん(66歳)

健康づくりサポーター・筆耕

【登録の軌跡】
 都の職員を退職後、子育ての合間に始めた卓球をきっかけに、市の体育指導員研修を受講、指導員となる。63歳で知人の勧めでシルバー人材センターに会員登録。

登録者の声

「特技を地域に役立て、自分も楽しむ」

 センターから紹介される仕事は自身の資格や特技が生かせて、地域の人々に喜んでもらえる。充実感も得られ、生活のメリハリにもつながっています。
 「フレイル予防教室」は、体育指導員の経験を生かし始めました。教室は週に一回。マンネリ化を避けるため、運動メニューをバージョンアップしています。受講者の皆さんもシニアなので指導中は「間違った時こそ、脳が働くとき!」と声を掛けています(笑)。
 運動だけなら、ジムでもいい。ここでしかできないことは「社会とのつながり」です。体を動かして、みんなとお茶をして、一週間の出来事を話す。すると気持ちも元気になるんです。私もみんなに相談に乗ってもらうし、ここは私にとって「仲間づくりの場」でもあります。
※フレイルとは健常と要介護の間にある状態


▲指導中の五十嵐さん

活動についての相談は
【問合せ】県シルバー人材センター連合((公財)いきいき埼玉内)
(電話:048-728-7841)

登録に興味を持ったら

 多くのシルバー人材センターでは公共施設の管理や清掃、スーパーや保育所での勤務、経理などの事務の他、地域ニーズの高い福祉・家事サービス、空き家管理など多種多様な活躍の場を紹介しています。興味があることを探してみませんか。

【問合せ】同センター連合
(電話:048-728-7841)

県内のシルバー人材センターの愛称が 「シニアパワーステーション」 に決定!

 県内のシルバー人材センターの愛称が決まりました!元気なシニアの力強さや、意欲にあふれ、社会で活躍するイメージを表した愛称です。ぜひ覚えてください。

あなたの活躍を応援!相談窓口

きたい

 県セカンドキャリアセンターでは、就職したい人を対象に、就職相談や職業紹介、セミナーを開催しています。
【場所】所沢市・草加市・川越市・加須市・春日部市・深谷市・秩父市・さいたま市

【問合せ】県セカンドキャリアセンター
(電話:048-780-2034 県セカンドキャリアセンターのホームページ

※さいたま市については
【問合せ】ハローワーク浦和・就業支援サテライトシニアコーナー
(電話:048-826-5611 ハローワーク浦和・就業支援サテライトシニアコーナーのホームページ

域に関わりたい

 自分の興味や関心、ライフスタイルに合わせて活動に参加しませんか。県ボランティア・市民活動センターのホームページでは、環境・教育・国際交流・地域社会などの分野から、ボランティア募集情報が検索できます。

【問合せ】県ボランティア・市民活動センター
(電話:048-822-1435 県ボランティア・市民活動センターのホームページ

びたい

 人生の第二ステージの新たなスタートに向け、彩の国いきがい大学で学び、活躍の場を広げてみませんか。伊奈・熊谷・川越・春日部など、県内12学園で受講できます。

【問合せ】彩の国いきがい大学
(電話:048-728-7951 彩の国いきがい大学のホームページ

 年齢、経験を重ねたシニアだからこそ楽しめる活躍の仕方があります。間もなく迎える新しい年は、活躍を通じて新たな自分を再発見してみませんか。

【問合せ】県シニア活躍推進課
(電話:048-830-4540 ファックス:048-830-4854 県シニア活躍推進課のホームページ


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?