Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年5月1日

豊かなみどりを次世代へ

みどり豊かな森林の写真 少年二人が苗を植えている写真

 豊かなみどりは私たちの暮らしに潤いや安らぎをもたらしてくれます。
 埼玉の未来のために、身近なみどりの保全・創出に取り組みませんか。

 みどりは、私たちの暮らしに潤いや安らぎをもたらすだけでなく、二酸化炭素を吸収し地球温暖化を防止する役割も果たしています。
 ふるさと埼玉のみどりを守り育てるためには、皆さん一人一人の協力が必要です。

【問合せ】県みどり自然課
(電話:048-830-3140 ファックス:048-830-4775)

今日から始めよう!

未来のみどりを支える暮らし

彩の国みどりのサポーターズクラブ

 県は、県民、企業、団体などが行う自主的なみどりの保全・創出活動を支援しています。みどりを守る活動に興味がある、活動仲間を増やしたいとお考えの皆さん、ぜひクラブに登録しませんか。
 会員になると、苗木の提供、研修会への講師派遣(団体会員のみ対象)などの支援を受けられます。また、各種研修会や会員主体のイベントなどの情報をメールマガジンで入手できます。

★クラブには、個人(家族)、企業、団体単位で登録できます。
★登録料は掛かりません。

○坂戸市立若宮中学校

学校応援団緑化ボランティア/開校50周年記念植樹(坂戸市)

活動体験者からのコメント

 私は50年目の若宮中在学生の一人として、開校50周年記念のキンカン植樹に立ち会いました。
 今回植樹したキンカンがこれからの若宮中を見守ってくれるシンボルツリーの一本となることを願っています。

 

○皆谷(かいや)元気倶楽部

龍宝(りゅうほう)公園整備(東秩父村)

活動体験者からのコメント

 申請時に100cm程度の大きめの苗木を提供してもらったため、作業を容易に進めることができました。ハイキングの時などの目印となるよう適切に管理し、維持に努めていきます。

 

「里山を楽しもう!」を開催!

 「みどりのサポーターズクラブ植栽地の草刈りと緑の森ガイドウォーク」を開催!
 同クラブで植栽した広葉樹の雑木林で、下草刈りを体験します。ひと汗かいた後には、さいたま緑の森博物館の職員が、森のガイドウオーキングで里山に関する「知りたい」に答えます。

【日時】5月19日(土曜日)午前9時から11時40分
【場所】さいたま緑の森博物館(入間市)
【定員】15人(申込順)
★申し込み方法など詳細は、ホームページをご覧ください。

子供たちへ豊かなみどりを

みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業

 県は、次世代を担う子供たちがみどりと触れ合う環境を整えるため、幼稚園や保育所の園庭、小・中学校などの校庭の芝生化を進めています。


▲蕨市立東(ひがし)小学校

子供へのメリット

・転倒時の衝撃が和らぐので思い切り遊ぶことができる
・みどりや自然への興味・関心が高まる

環境へのメリット

・地温の上昇や砂ぼこり対策に役立つ
・広い緑地を創ることができる

 

小学生へのアンケート

Q 校庭の芝生をどう思いますか。


★出典:県内三つの小学校に在籍する児童1,288人を
 対象にしたアンケート

代表的なコメント

・転んでも痛くない
・感触が良い
・みどりが増えてうれしい

 

 県は、園庭や校庭などを芝生化する際に必要な工事費用と芝生の維持管理に必要な費用を補助しています。また、専門家の派遣や補植用芝生苗の提供による継続的な支援を行っています。子供たちの通う園庭や校庭を、みどりでいっぱいにしませんか。

みどりをもっと日常に

都市緑化


▲駐車場の緑化(幸手市)

 駐車スペースを芝生などで緑化し、夏の暑さ対策や、みどりによる憩いと潤いの空間づくりをしませんか。
 県は、駐車場をはじめ、施設緑化に取り組む民間事業者や市町村に対し、補助金を交付しています。

 

育てる意識を

埼玉県のみどりは今

 埼玉県は首都圏に位置しながら、県の面積の3分の1に当たる12万1260ヘクタールを森林が占めています(27年度末現在)。
 都市化を背景として、17年までの30年間で、東松山市とほぼ同じ6500ヘクタールもの森林が失われました。そこで県は「彩の国みどりの基金」の活用により、20から29年度の10年間で1万206ヘクタールの森林を整備しました。

下草が減り、土壌流出の恐れがあった森林の写真
▲下草が減り、土壌流出の恐れがあった森林(寄居町)
整備され、広葉樹が育ちつつある森林の写真
▲整備され、広葉樹が育ちつつある森林(寄居町)

※同基金は、みどりの再生のために20年に創設され、自動車税収入額の1.5%相当額と寄付金を財源としています。29年度は、約16億円を活用しました。

基金にご協力をお願いします!

 彩の国みどりの基金では、寄付金による植樹に取り組んでいます。希望者には寄付の金額に応じ、植樹した木に記念プレートもしくは、芳名板を設置します。

★30年度から、クレジットカード払いによる寄付(ふるさと納税)ができるようになりました。
★税法上の優遇措置があります。詳細はホームページをご覧ください。


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2854

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?