Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月1日

日本を誇ろう。埼玉を誇ろう。

埼玉県には、ユネスコ無形文化遺産への登録で話題となった川越まつりや秩父夜祭をはじめ、地域に根付いた「まつり」がたくさんあります。ぜひ足を運んで体感してください!

【問合せ】県広聴広報課
(電話:048-830-3192 ファックス:048-824-7345)

 

10月14日(土曜日)・15日(日曜日)

国指定重要無形民俗文化財
川越まつり
【ユネスコ無形文化遺産登録 川越氷川祭の山車行事】

川越まつり

 江戸時代から360年以上続く、川越の総鎮守、氷川神社の例大祭。川越街道の陸路と、新河岸(しんがし)川の舟運とを通じて江戸の文化がもたらされた川越ならではの祭り。迫力の30基近い山車(だし)の競演は圧巻。当時の花のお江戸の風流や粋な文化を今に伝える。

 

11月3日(金曜日・祝日)

県指定無形民俗文化財
出雲伊波比(いわい)神社の流鏑馬(やぶさめ)まつり(毛呂山町)

流鏑馬まつり

 臥龍山(がりゅうざん)にある出雲伊波比神社の祭り。毎年流鏑馬を行うのは県内唯一で、950年以上の歴史を刻む。
 15歳前後の若い乗り子(射手)が「禾(か)穀豊穣(穀類が実り豊かであるように)」の願いを込めて、馬上から矢を放つ勇壮な祭り。
※出雲伊波比神社
 昭和13年 国宝に指定
 同25年 国指定重要文化財に指定

 

12月2日(土曜日)・3日(日曜日)

国指定重要有形・無形民俗文化財
秩父夜祭(よまつり)
【ユネスコ無形文化遺産登録 秩父祭の屋台行事と神楽】

秩父夜祭

 京都祇園、飛騨高山と並ぶ日本三大曳(ひき)山祭りの一つ。江戸時代に始まった秩父神社の例大祭の付け祭り。
 ぼんぼりの灯りに揺れる笠鉾(かさほこ)と極彩色の屋台はまさに荘厳。急な団子坂を一気に曳き上げれば、祭りは最高潮に。

 

さいたまつり

さいたまつり 公式サイト

行ってみたくなる祭りがいっぱい!
埼玉の「まつり」紹介 公式サイト

見どころ
フォトギャラリー
インタビュー
エリア観光情報

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2857

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?