Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月10日

公務フォトアルバム

6月30日(日曜日)埼玉県なぎなた連盟県スポーツ協会加盟40周年記念大会NEW

なぎなた大会の様子

6月30日(日曜日)、サイデン化学アリーナ(さいたま市)のサブアリーナで埼玉県なぎなた連盟の公益財団法人埼玉県スポーツ協会加盟40周年を記念したなぎなた大会が開催されました。
この大会では、「公開演技」として、田村 洋美(たむら ひろみ)錬士(埼玉県なぎなた連盟理事長)を元立ちに33名による団体基本、全日本なぎなたの形が披露されました。また、リズムなぎなた、剣道対なぎなたの「異種試合」等通常の大会では見られない競技も多数行われました。

知事は開会式で、「なぎなたは、凛とした美しさ、柔らかさの中にも強さという二面性を併せ持った歴史のある武道です。これからもなぎなた連盟の発展を期待します。」とお祝いの言葉を述べました。

6月28日(金曜日)東洋大学ラグビー部ドイツ・ブランデンブルグ州サンスーシカップ・フレンドリーマッチ2019出場報告会NEW

東洋大学ラグビー部表敬訪問の様子

6月28日(金曜日)、本県の姉妹州であるドイツ・ブランブルグ州で行われたラグビーのフレンドリーマッチに出場した東洋大学ラグビー部が知事を表敬訪問しました。
このフレンドリーマッチは、本県でのラグビーワールドカップの開催と、同州との姉妹提携20周年を記念し、特別に実施されました。東洋大学ラグビー部は、フレンドリーマッチに出場するだけでなく、ブランデンブルグ州政府を訪問したほか、ジュニア向けラグビー教室を開き、日本のラグビー技術を教えました。

葛見(くずみ)キャプテンは、「言語が違う中でも、ラグビーという共通のスポーツを通して交流することができ、とても勉強になりました。」と報告しました。知事はチームの活動を労い、「埼玉親善大使として、良い交流をしていただき、心から感謝しています。」と述べました。

6月17日(月曜日)平成30年度緑化功労者受賞者表敬訪問

表敬訪問の様子

6月17日(月曜日)、緑化功労者として「国土緑化推進機構会長賞」を受賞した小鹿野町の新井 清(あらい きよし)氏が知事を表敬訪問しました。
緑化功労者とは、国土緑化運動に永年にわたって貢献し、その功績が顕著であったため、表彰された方です。新井氏は、昭和29年から素材生産業を営むとともに、約50ヘクタールの山林に植林を実施するなど、埼玉県の認定を受けた指導林家として森林整備の技術指導や後継者育成に当たってきました。また、自宅裏山のお寺(光西寺)周辺において、30年にわたって、檀家や地域の人々と200本のシダレザクラを植樹し育てました。

知事は、「今後とも林業の発展のため御支援、御指導を賜りますようお願いいたします。」と述べました。

6月16日(日曜日)ラグビーワールドカップ2019™開催100日前イベント

100日前イベントの様子

6月16日(日曜日)、大宮ソニックシティ前の鐘塚公園(さいたま市)で、ラグビーワールドカップ2019™開催100日前イベントが開催されました。
イベントでは、知事と、開催都市特別サポーターの春日 俊彰(かすが としあき)さん(オードリー)、夏焼 雅(なつやき みやび)さん(PINK CRES.)によるトークショーや、はなわさんの応援ライブが行われました。また、ラグビーボールを触ったことない方も楽しめるラグビー体験エリアも設置され、会場は大いに盛り上がりました。

知事は、「大会開幕まであと100日となりました。9月6日には、熊谷で日本代表が強豪南アフリカと対戦する壮行試合があります。改修された熊谷ラグビー場でその迫力を体感してください。」と述べました。

6月13日(木曜日)「シラコバト基金」「埼玉県文化振興基金」「埼玉グローバル人材活躍基金」への寄附に対する感謝状贈呈式

感謝状贈呈式の様子

6月13日(木曜日)、公益財団法人遠山記念館(とおやまきねんかん)から、「シラコバト基金」「埼玉県文化振興基金」「埼玉グローバル人材活躍基金」に対してそれぞれ多額の寄附を頂いたことを受けて、埼玉県庁で感謝状贈呈式が行われました。
公益財団法人遠山記念館は、川島町出身で日興證券(現SMBC日興証券)の創立者・遠山元一氏の遺志に基づき、国の重要文化財である建造物の保存・公開、及び重要文化財6点を含む美術・工芸に関する資料の公開を行い、文化及び芸術の振興等を行っています。

知事は、「多額のご寄附に感謝いたします。記念館のある川島町は、川越市とも近く、周辺のスポットと組み合わせればもっともっと人を呼び込めると思うので、今後ますますの発展を祈念しています。」と述べました。

6月12日(水曜日)八ッ場ダム打設完了式

やんばダムの打設完了式の様子

6月12日(水曜日)、八ッ場ダム(群馬県長野原町)で、国や関係自治体の関係者200人以上の出席のもと、本体部分のコンクリートの打設作業の完了を祝う式典が行われました。
八ッ場ダムは、高さ116メートル、総貯水量は約1億750万立方メートルで、治水、本県を含む1都4県の利水、発電の多目的ダムとして2020年3月に完成予定となっています。

式典では、国や関係都県知事などが最後のコンクリートの打設を行う機械のボタンを押して作業の完了を祝しました。上田知事は、「上流の皆さんが大変なご苦労をされたことをこれからもしっかりと伝えていきます。また今回これだけ大きな治水、利水の安心を受けることになり、心から感謝を申し上げます。」と述べました。

6月10日(月曜日)ジェトロ埼玉貿易情報センター設置決定通知書交付式

交付式の様子

6月10日(月曜日)、日本貿易振興機構(ジェトロ)の赤星 康(あかほし やすし)副理事長が埼玉県庁を訪問し、埼玉貿易情報センターの設置決定に係る通知書を知事に手渡しました。
県では、県内企業の中国やアセアンへの海外展開支援を重点的に行っています。一方で近年は企業の展開先が北米やヨーロッパなどの国々に広がっており、埼玉貿易情報センターが設置されることで、ジェトロの海外ネットワークを活用でき、食品や農産物などさらに幅広い分野での海外展開支援が可能になります。

知事は、「ジェトロの持つ様々なネットワークを最大限活用させていただきたいと思います。」と今回の設置に感謝を述べました。

6月7日(金曜日)「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」記者発表

スキップシティ国際Dシネマ映画祭2019記者発表の様子

6月7日(金曜日)、都道府県会館(東京都)で、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」の開催発表が行われました。
同映画祭は、7月13日(土曜日)から21日(日曜日)までの9日間、SKIPシティ(川口市)の映像ホール等で開催されます。期間中は、92の国と地域から応募された861作品の中から、厳選された24本の作品が4Kデジタルシネマプロジェクターなどの最高クラスの環境で上映されます。

知事は、「Dシネマ映画祭では、素晴らしい若手の監督が多く誕生しています。例えば、今年のオープニングで上映する『イソップの思うツボ』の共同監督は、昨年大ヒットした『カメラを止めるな!』を監督した上田 慎一郎(うえだ しんいちろう)さん、助監督の中泉 裕矢(なかいずみ ゆうや)さん、スチールの浅沼直也(あさぬま なおや)さんの三人です。これからも素晴らしい監督がSKIPシティを通じてどんどん世界へ出ていくことを期待しています。」と述べました。

6月5日(水曜日)北本トマトカレーの「全国ご当地カレーグランプリ決定戦」優勝に伴う表敬訪問

表敬訪問の様子

5月18日(土曜日)と19日(日曜日)に横須賀市内で行われた「全国ご当地カレーグランプリ決定戦」で、北本トマトカレーが史上初となる2度目の優勝を飾りました。
その優勝報告のため、6月5日(水曜日)、北本トマトカレーの会のメンバーが知事を表敬訪問しました。
北本トマトカレーは、北本市特産の「トマト」をルー、ライス、トッピングに使用したトマトづくしのカレーライスです。

知事は、ドライトマトのパウダーを混ぜ込んだライスに、トマトを豚バラ肉で巻いたトマトカツをトッピングした北本トマトカレーを試食し、「とてもおいしいです。週5日くらい食べられますね。」と絶賛しながら完食しました。

5月30日(木曜日)「さいたま緑のトラスト基金」及び「彩の国みどりの基金」への寄附に対する感謝状贈呈式

感謝状贈呈式の様子

5月30日(木曜日)、知事公館(さいたま市)で、「さいたま緑のトラスト基金」及び「彩の国みどりの基金」に多額の寄附をいただいた4個人、23団体に知事から感謝状が贈呈されました。
「さいたま緑のトラスト基金」は、ふるさと埼玉の優れた自然及び貴重な歴史的環境を、県民共有の財産として後世に残すための資金とすることを目的として、昭和60年に創設したものです。
「彩の国みどりの基金」は、森林の保全整備や身近な緑の保全・創出等を県民参加により積極的に進めるため、平成20年に自動車税の一部と寄附金を財源として創設したものです。

感謝状の贈呈に当たり、知事は「多額の御寄附をいただき感謝を申し上げます。今後も、埼玉県の緑の保全・整備に御支援、御協力をお願いいたします。」と述べました。

平成27年度以前の情報は国立国会図書館サイトからご覧ください(開いたページの左側の年度から選んでください)。

公務フォトアルバム(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)へリンク)

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 企画調整・ウェブ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?