Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月1日

7月のレシピ(いんげんと豚肉の炒めもの)

わくわくキッズクッキング

『いんげんと豚肉の炒めもの』のレシピ

いんげんと豚肉のいためもの

  • 季節:通年(つうねん)
  • お料理区分:主菜(しゅさい)
  • アレルゲン:小麦

料理中

中華(ちゅうか)料理に初挑戦!

上手にできるかな。

いんげんと豚肉の炒めもの

炒めものは、出来立てが一番おいしいです。

手早く炒めて、出来たてのあつあつをいただきましょう!

  • モロッコいんげん 150g
  • 豚(ぶた)もも薄(うす)切り肉 150g
  • 酒 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • かたくり粉(こ) 小さじ1
  • 新ごぼう 1本
  • 黄パプリカ 1/2個
  • サラダ油 大さじ1

(A)

  • オイスターソース 大1
  • 酒 大1と1/2
  • さとう 小さじ1/2
  • 中華(ちゅうか)スープ
    (鶏(とり)がら) 150ml

(B)

  • かたくり粉 小さじ2
  • 水 小さじ4

花リスト女子栄養大学調理学第一研究室 監修(かんしゅう)

レシピ写真1

1.材料(ざいりょう)をそろえる。

レシピ写真2

拡大アイコンくわしく見る

【具の準備】

2.いんげんを切る。はじめに両端(りょうはじ)を切り、ななめ2センチ幅(はば)に切る。

レシピ写真3

拡大アイコンくわしく見る

3.パプリカは種(たね)とわたを取りのぞく。4等分にしてから乱(らん)切りにする。いんげんと同じくらいの大きさがめやすです。

レシピ写真4

拡大アイコンくわしく見る

4.ごぼうはたわしでよく洗う。(包丁の峰(みね)(歯の反対側)でこそげおとしてもよい)両端(はし)を切り落とし斜(なな)めに薄(うす)切りにする。

ごぼうは丸くて不安定(ふあんてい)なので、左手でしっかりと押(お)さえる。包丁(ほうちょう)を前に押(お)し出すようにしてゆっくり切ると安全です。

切ったごぼうは水にさらしておく。

レシピ写真5

拡大アイコンくわしく見る

5.豚肉は一口大に切る。ボールに入れ、酒としょうゆを入れよくもみ、下味をつける。さらに片栗粉(かたくりこ)をまぶし、軽くまぜる。

レシピの写真6

拡大アイコンくわしく見る

6.調味料(ちょうみりょう)は、(A)と(B)をそれぞれ合わせておく。

レシピ写真7

【炒める】

7.フライパンに油を入れ、ごぼうを炒める。
火の通りにくいものから順番に炒めよう。

レシピ写真8

8.ごぼうに油が回り、つやが出てきたら、いんげんとパプリカを入れて炒める。

レシピの写真9

9.野菜をフライパンの端に寄せ、真ん中に肉を入れて広げる。そのまま数秒置(お)き、肉のまわりが白っぽくなってきたらまぜ合わせる。

レシピの写真10

10.調味料Aを入れて煮立てる。

具が炒め足りない場合も、ここで煮(に)て沸騰(ふっとう)させることにより具にしっかり火が通ります。

レシピ写真11

11.水とき片栗粉(かたくりこ)を入れる。片栗粉が下に沈(しず)んでしまっている時は、よく混ぜる。

火を強火にしてから入れる。しばらく具を混(ま)ぜていると、とろみがついてきます。

レシピの写真12

12.皿に盛りつけて完成(かんせい)。

コバトン他のレシピを見る

レシピのワンポイント

いんげんや新ごぼうなどは、今の季節の“旬(しゅん)”の野菜です。旬の野菜を積極的(せっきょくてき)に料理に使いましょう。料理がさらにおいしくなります。

炒めものは、手早く作るのがおいしく作るコツ。忘れ物がないように、炒め始める前に、調味料や食材を全てそろえておきましょう!

試食中の様子

お楽しみの試食中。

ごはんが進みます!

女子栄養大学キャラクター
女子栄養大学 キャラクター「スプーニィ」

「こども料理教室」のレシピ紹介

第3回「こども料理教室」、全レシピのプリントが印刷できます。

副菜のスープとデザートも作ってみてくださいね!

女子栄養大学キャラクター

女子栄養大学 キャラクター「レシピィ」

こども料理教室のレシピを表示する(PDF:88KB)

お料理にまつわる豆知識(まめちしき)

「こども料理ニュース」

~かみごたえのある食品で虫歯予防~

女子栄養大学キャラクター

女子栄養大学 キャラクター「カッピィ」

こども料理教室ニュースを表示する(PDF:146KB)

『女子栄養大学 生涯学習センター こども料理教室』について

「子どものときから料理を身につけさせることが大切」という女子栄養(えいよう)大学創立者(そうりつしゃ)香川綾(かがわあや)の食教育に対する強い信念(しんねん)のもと1955年に開設(かいせつ)され、すでに50年の歴史(れきし)をもつ、子どものための料理教室です。

女子栄養大学の講師(こうし)が包丁(ほうちょう)の持ち方、食材(しょくざい)の扱(あつか)い方など料理の基本(きほん)やバランスよく食べることの重要性(じゅうようせい)をわかりやすく丁寧(ていねい)に指導(しどう)します。

女子栄養大学学習センターのページ

  • 参加(さんか)してみよう!埼玉県のお友達も習っているよ! こども料理教室
  • 48年の実績(じっせき)があり、文部科学省が後援(こうえん)している信頼性(しんらいせい)の高いお料理検定(けんてい)です。(こどもも応募できるよ) 家庭料理技能検定
  • 栄養・料理・健康(けんこう)についての公開講座(こうざ)のご案内 参加者募集中(ぼしゅうちゅう)!(大人向け) 24年度公開講座のご案内

こども料理教室の様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?