Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > キッズ > 彩の国わくわくこどもページ > わくわくキッズクッキング > 5月のレシピ(豆腐ステーキきのこソースかけ)

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月12日

5月のレシピ(豆腐ステーキきのこソースかけ)

県ホームページに、こどもたちが楽しく「食」について学べるコーナーができました。第1回目は、こどもでも簡単に作れる「豆腐ステーキきのこソースかけ」のレシピを公開しています。レシピを参考にぜひご家庭で作ってください。

わくわくキッズクッキング

「わくわくキッズクッキング」スタート!

今月より『食べること』に関する様々なテーマを取り上げる『わくわくキッズクッキング』が始まります。

ここでは楽しみながら「食事の大切さ」や「食事と健康(けんこう)の関係」などの食育が学べるようなページを公開して行くよ!

記念(きねん)すべき第1回目と2回目は、『女子栄養(えいよう)大学 生涯(しょうがい)学習センター主催、こども料理(りょうり)教室』のレシピを大公開!ご家庭でぜひ作って見てくださいね。

『豆腐(とうふ)ステーキ きのこソースかけ』のレシピ

豆腐のステーキ完成

  • 季節:通年(つうねん)
  • お料理区分:主菜(しゅさい)
  • アレルゲン※:乳・小麦

※アレルゲン

アレルギーの原因(げんいん)となる物質(食品)のこと

お料理するこども

豆腐ステーキ きのこソースかけ

いつものお豆腐がステーキに変身(へんしん)!

きのこソースがとってもおいしいよ。

材料(ざいりょう) 4人分

【豆腐ステーキ】

  • 焼(や)き豆腐 2丁
  • 塩(しお) 小さじ1/2
  • 油(あぶら) 大さじ1
  • 【きのこソース】
  • えのきだけ 100g
  • しめじ 100g
  • パプリカ 1/2個
  • バター 20g
  • しょうゆ 大1
  • こしょう 少々
  • 青しそ 2~3枚

花リスト女子栄養大学調理学第一研究室 監修(かんしゅう)

材料

拡大アイコン拡大する

1.材料(ざいりょう)をそろえる。

豆腐ステーキ写真1

拡大アイコン拡大する

2.豆腐は半分に切る。

豆腐ステーキ写真2

拡大アイコン拡大する

3.塩(しお)をふる。両面にまんべんなくふりましょう。

豆腐ステーキ写真3

拡大アイコン拡大する

4.焼(や)く

強火で30秒、それから中火で2分くらい焼く。片面(かためん)も同じく焼く。

フライパンの油を拭く

拡大アイコン拡大する

5.フライパンに残った油汚(よご)れは拭きとります。洗わずにきのこをいためる時に使えます。

きのこを切る

拡大アイコン拡大する

【きのこソース】

6.きのこは石づきを取る。
えのきだけは半分に切り、しめじは小分けにする。

きのこをほぐす

拡大アイコン拡大する

7.きのこは、手で食べやすい大きさにほぐす。

パプリカと青しそ

拡大アイコン拡大する

8.パプリカは細切りにする(5ミリ幅(はば)程度)
青じそは半分に切って重ね、3ミリ幅に切る。

豆腐ステーキ写真6

拡大アイコン拡大する

9.バターを溶かしてきのこを炒める。バターが半分とけたぐらいのタイミングできのこを入れると、バターがこげません。

豆腐ステーキ写真7

拡大アイコン拡大する

10.しんなりするまで、いためる。

豆腐ステーキ写真8

拡大アイコン拡大する

11.パプリカを加えてさっといため、しょうゆ、こしょうで調味(ちょうみ)する。

豆腐ステーキ完成

拡大アイコン拡大する

12.豆腐の上にきのこソースをのせる。青じそをちらしてできあがり。

コバトン他のレシピを見る

レシピのワンポイント

お料理後のフライパンは、油汚れをキッチンペーパーなどで、よくふき取ってから洗いましょう。

洗剤(せんざい)も少なくてすみますし、流しも汚れません。地球にやさしい“エコクッキング”を心がけましょうね!

スプーニー

第1回「こども料理教室」、全レシピ(他2品)のプリントを公開中!

おいしくて栄養バランスのとれた献立です。

今日のお夕食にいかがですか?

女子栄養大学 キャラクター

こども料理教室のレシピを表示する(PDF:59KB)

お料理にまつわる豆知識(まめちしき)

「こども料理ニュース」

女子栄養大学キャラクター
こども料理教室ニュースを表示する(PDF:210KB)

『女子栄養大学 生涯学習センター こども料理教室』について

「子どものときから料理を身につけさせることが大切」という女子栄養(えいよう)大学創立者(そうりつしゃ)香川綾(かがわあや)の食教育に対する強い信念(しんねん)のもと1955年に開設(かいせつ)され、すでに50年の歴史(れきし)をもつ、子どものための料理教室です。

女子栄養大学の講師(こうし)が包丁(ほうちょう)の持ち方、食材(しょくざい)の扱(あつか)い方など料理の基本(きほん)やバランスよく食べることの重要性(じゅうようせい)をわかりやすく丁寧(ていねい)に指導(しどう)します。

女子栄養大学学習センターのページ

  • 参加(さんか)してみよう!埼玉県のお友達も習っているよ! こども料理教室
  • 48年の実績(じっせき)があり、文部科学省が後援(こうえん)している信頼性(しんらいせい)の高いお料理検定(けんてい)です。(こどもも応募できるよ) 家庭料理技能検定
  • 栄養・料理・健康(けんこう)についての公開講座(こうざ)のご案内 参加者募集中(ぼしゅうちゅう)!(大人向け) 24年度公開講座のご案内

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?