Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月18日

仕事ファイルNo.6 喫茶店の経営者

仕事ファイルNo.6

喫茶店(きっさてん)の経営者(けいえいしゃ)

藤由ひとみさん

教えてくれた人

Cafeりくり(越谷市(こしがやし))

藤由(ふじよし) ひとみ さん

コバトン

  1. 喫茶店の経営者ってどんな仕事?
  2. 教えて!藤由さん
  3. ある日の藤由さん

1 喫茶店の経営者ってどんな仕事?

コーヒーを入れる藤由さん

みんな、喫茶店って知ってるかな?カフェっていう場合もあるけれど、主にコーヒーや紅茶(こうちゃ)、ケーキなどを出してくれるお店のことをいいます。お客さんたちは友だち同士(どうし)でおしゃべりをしたり、本を読んだり。ちょっとした息抜きの場所になっているんだね。

喫茶店を経営するためには、自分で考えて決めていかなければいけないことがたくさんあります。

どういうお店にしていくのか。メニューはどうするのか。値段(ねだん)をいくらにするのか。大変(たいへん)だけど、自分の才能(さいのう)を発揮(はっき)して、理想(りそう)のお店が作っていけるんだね。

Cafeりくりの店内

お店の前に立つ藤由さん

今回教えてくれた藤由さんのお店は、「小さいこどもを連(つ)れたお母さんたちが気軽に集まれること」を目標(もくひょう)にしているんだって。だから、こども連れのお母さんたちが喜(よろこ)んでくれるようなメニューを工夫(くふう)したり、いろいろなイベントを催(もよお)したりしているよ。

そんな喫茶店の経営者になるためには、どうしたらいいか、藤由さんに聞いてみたよ!

2 教えて!藤由さん

コバトン 小学校の時に好(す)きだった教科(きょうか)は何ですか?その理由(りゆう)は?

コバトン

藤由さん 国語と図工です。

国語は、言葉やことわざの意味を調べるのが好きでした。

図工は、絵を描(えが)くことが好きだったからです。休み時間にも、いつも絵を描いていました。

そのころの藤由さんの将来(しょうらい)の夢(ゆめ)は何でしたか?

コバトン

藤由さん

マンガ家になりたいなと思っていました。とにかく、絵を描くのが好きだったので。

藤由さんが、喫茶店を開こうと思ったきっかけは何ですか?

コバトン

藤由さん

自分がこどもを持ってみて、小さなこどもを連れたお母さんが入りやすい、ごはんを食べられるお店が少ないなあということに気づいたんです。

それと、私(わたし)がコーヒーが好きだったこともあって、自分でやってみようと思いました。

喫茶店を開くためには、どんな学校に行けばいいですか?

コバトン

藤由さん

必(かなら)ず行かなければいけない学校はありませんが、私は、喫茶店を開きたい人のための専門(せんもん)学校に通いました。

あとは、料理(りょうり)とかお菓子(かし)の作り方を教えてくれる専門学校などに行っておくと、オリジナルのメニューが出せるかもしれないですね。

喫茶店を経営するために必要(ひつよう)な資格(しかく)はありますか?

コバトン

藤由さん

喫茶店を営業(えいぎょう)するためには、保健所の営業許可(きょか)が必要です。その許可をもらうには、お店に1人、食品衛生責任者(しょくひんえいせいせきにんしゃ)の資格を持った人がいなければなりません。

その資格は、調理師(ちょうりし)、栄養士(えいようし)、製菓衛生師(せいかえいせいし)などの資格を持っていることか、食品衛生協会が実施する講習(こうしゅう)を受けることで、取得(しゅとく)することができます。

喫茶店を経営していくうえで、大切なことって何ですか?

コバトン

藤由さん

来てくれたお客さんの感想を大事にすることや、お店の中を清潔(せいけつ)に保(たも)つこと。それから、私のお店は小さなこどもたちがたくさん来てくれるので、ケガをしないように気をつけるようにしています。

喫茶店をやっていて良(よ)かったなあと思うことはどんなことですか?

コバトン

藤由さん

何度も来てくれる常連(じょうれん)さんが増えていくのは、うれしいですね。

喫茶店をやっていてつらいなあと思うことはどんなことですか?

コバトン

藤由さん

天気が悪い日は、「今日はお客さんが来てくれるかな」と心配になります。

でも、意外に外で遊べない雨の日にお客さんが多いっていうこともあるんですよ。

今の藤由さんの夢はなんですか?

コバトン

藤由さん

こども服を作ることなど、自分の趣味を生かした講座やイベントを、これからもお店でやっていきたいです。

そして、このお店を、長く続(つづ)けていければいいなと思います。

最後(さいご)に、埼玉県のこどもたちにメッセージをお願(ねが)いします。

コバトン

藤由さん

いつも、夢を持ち続けていてほしいなあと思います。

それから、興味(きょうみ)があることには何でも一生懸命(いっしょうけんめい)やってみた方がいいと思います。私の場合は、小さな頃(ころ)にたくさん絵を描いていたことが、今、お店のチラシやホームページを作る時に役だっているんですよ。

3 ある日の藤由さん

7時00分

起床(きしょう)、朝食(ちょうしょく)、家の掃除(そうじ)

8時30分

お店に出勤(しゅっきん)。

Cafeりくり店内

 

お店の掃除や料理の仕込(しこ)みなど、開店の準備(じゅんび)。

10時00分

早めの昼食(ちゅうしょく)

10時30分

開店(かいてん)

~14時00分

ランチタイム

18時00分

閉店(へいてん)。店に置(お)いてあるおもちゃの消毒(しょうどく)をします。

19時00分

帰宅(きたく)、夕食(ゆうしょく)

20時00分

入浴(にゅうよく)、こどもの寝(ね)かしつけ

21時00分

お店のホームページに載せる絵日記を描く。

22時00分

洋裁(ようさい)など、趣味(しゅみ)の時間。

0時00分

就寝(しゅうしん)

コバトン

ほかのお仕事をみてみよう!

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?