Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月14日

仕事ファイルNo.47 薬剤師

仕事ファイルNo.47

薬剤師(やくざいし)

薬剤師 新井さん

教えてくれた人

あい薬局(やっきょく)高砂店(たかさごてん)

新井 華子(あらい はなこ)さん

コバトン

  1. 「薬剤師」ってどんなお仕事?
  2. 教えて!新井さん
  3. ある日の新井さん

1 「薬剤師」ってどんなお仕事?

世の中には多くの種類(しゅるい)の病気や障害(しょうがい)があって、それに対して、たくさんの種類の「薬」があること、知っているよね?

「薬」は人間の体に入ると良(よ)い影響(えいきょう)が出るものだけど、逆(ぎゃく)に悪い影響が出ると「毒(どく)」になってしまう。だから「薬」を扱(あつか)うには、とっても知識(ちしき)がいるし、慎重(しんちょう)に、慎重にやらなければならないんだ。

その「薬」について深い知識と技術(ぎじゅつ)を持った専門家(せんもんか)、それが薬剤師なんだ。病気や障害を持った人に対して、その専門知識で、その人がその人らしく生活できるよう手助けをする仕事だよ。

調剤室のようす

薬剤師は、薬局や病院で調剤する人や、ドラッグストアで医薬品などを販売(はんばい)する人、製薬(せいやく)会社や大学で研究する人、公務員(こうむいん)など様々(さまざま)。いろいろな持ち場で、人々の健康(けんこう)な生活を支(ささ)える一翼(いちよく)を担(にな)っているんだ。さて、今回、お話を聞いたのは、調剤を行う薬局に勤(つと)める新井さん。お医者さんが出す「処方(しょほう)せん」に基(もと)づいて薬を調剤しているよ。

新井さん、薬剤師のお仕事、教えて!クシュン!あれっ?

調剤のようす

「処方せん」をもとに調剤します。

2 教えて!新井さん

コバトン 子どもの頃(ころ)に好(す)きだった教科(きょうか)は何ですか?その理由(りゆう)は?

新井さん 図工です。とにかくコツコツと絵を描(か)くとか、版画(はんが)を作るとか、そんなことが大好きでした。

新井さん

コバトン そのころに憧(あこが)れていた職業(しょくぎょう)は何ですか?

新井さん そうですねー、洋服のデザイナーに憧れていましたね。モノを創造(そうぞう)する仕事だし、華(はな)やかなイメージがあって・・・。

新井さん

この仕事を選(えら)んだきっかけは何ですか?

新井さん 母の実家が近所で医者を開業していて、よく出入りしていました。だから、消毒剤(しょうどくざい)のにおいのする医療(いりょう)の現場(げんば)って、別(べつ)に苦手じゃないんですよね(笑)。高校になって進路を決めるとき、なぜか「薬剤師」になろうと思って、選択(せんたく)科目で理数系(りすうけい)を選びました。でも、思えば子どもの頃の私(わたし)にとって「薬」は「いやなもの」でしかなかったんです。特(とく)に大きい粒(つぶ)の薬を飲むのは苦手で・・・。もしかすると、そのときの強烈(きょうれつ)な「苦手意識」が、逆(ぎゃく)方向に作用していたのかも(笑)。

新井さん

コバトン 「薬剤師」になるためには、どんな学校に行けばよいですか?

新井さん 薬学部のある6年制(せい)の大学を卒業(そつぎょう)して、国家試験(こっかしけん)に合格(ごうかく)しなければ、「薬剤師」の資格を取ることはできません。あと、薬局で健康保険を扱う場合には「保険薬剤師」の登録(とうろく)申請(しんせい)をすることが必要です。

新井さん

コバトン 大学では、どんな勉強をするのですか?

新井さん 私の時は4年制でしたが、とにかく実験(じっけん)・実習が多かったですよ。大学1年の後期から3年生までは、午後は毎日、白衣(はくい)を着て薬品を取り扱ったり、機械(きかい)を操作(そうさ)したりしていました。

もともと数学や物理があまり得意(とくい)ではなかったので、思い返すと、専門科目の勉強は本当に難(むずか)しかった。「薬品分析(ぶんせき)学」とか「放射線(ほうしゃせん)化学」の科目は、なかなか試験に合格しなくて・・・(ため息)。

今は6年制になり、病院や薬局の現場での実習が充実(じゅうじつ)したようです。実は、大学では薬の成分(せいぶん)は学びますが、実際(じっさい)に売っている薬の名前は教えないんです。現場での実習は、そういう意味でも有益(ゆうえき)だと思いますね。

新井さん

コバトン 新井さんの仕事は、どんなことをするのですか?

新井さん 私は今、この薬局で働(はたら)いていますが、患者(かんじゃ)さんからお医者さんの出した「処方せん」を受け取り、その薬を調剤するのが主な仕事です。「今までどんな薬を飲んだことがありますか」「アレルギーや副作用(ふくさよう)が出たことがありますか」など、処方された薬が患者さんに合っているかどうか確認(かくにん)をし、薬の効用(こうよう)や副作用をしっかり説明(せつめい)するようにしています。

もう一つ、この薬局の薬局長として、勤務(きんむ)のシフトを決めたり、在庫(ざいこ)の管理をしたり、薬品の注文をしたりしています。

新井さん

コバトン どうして、薬局を選んだのですか?

新井さん 実は、最初(さいしょ)はドラッグストア勤務でした。接客(せっきゃく)に興味(きょうみ)があったし、病気の人だけでなく、健康な人の病気予防(よぼう)の手助けもできると思って希望(きぼう)したんです。

でも、ある時、お客様から病院で処方された薬と一般(いっぱん)薬品の飲み合わせを質問(しつもん)されたことがあって、その時、うまく答えることができませんでした。調剤についても学ばなくてはと考え、薬局勤務を希望したところ運良く配属(はいぞく)していただけました。

新井さん

あい薬局高砂店

明るく清潔(せいけつ)感のある待合室。

後ろには、調剤室(ちょうざいしつ)の薬品棚(やくひんだな)が見えるよ。たくさんの薬が並んでいるね。

あい薬局高砂店

「処方せん」は、「処方せん受付」「保険薬局」と表示された薬局で調剤してもらえます。ドラッグストアでも表示しているところもあるよ。

 

コバトン この仕事をやっていてよかった、と思うのはどんな時ですか?

新井さん 「ありがとう。」と声をかけていただいた時ですね。例(たと)えば、朝は5種類、昼は3種類、夜は4種類と飲む時間によって薬の種類が違(ちが)う患者さんがいます。薬を出す手間を省(はぶ)き、飲み間違いがないように、朝、昼、夜ごとに包装(ほうそう)してお渡(わた)しします。薬をお出しするまでに少し時間もかかりますが、こうした患者さんからよく感謝(かんしゃ)の言葉をいただきますね。

新井さん

コバトン この仕事で、つらいなあと思うのはどんなことですか?

新井さん 患者さんをお待たせするときですね。みなさん、体調が悪い中来ているので、できるだけ早くと思っているのですが、冬や花粉症(かふんしょう)の季節(きせつ)は、相当多くの方がいらっしゃいます。安全に最大限(さいだいげん)の配慮(はいりょ)を図りながら、できる限り急いでも、どうしても時間がかかってしまいます。本当に申し訳(わけ)ないです。

新井さん

コバトン この仕事をするうえで、大切なことは何ですか?

新井さん 3つあります。まずは「命にかかわる仕事をしているという意識」です。私たちは、患者さんの治療(ちりょう)の一端(いったん)を担っています。間違いを起こさないよう、「石橋を叩いて渡る」くらいの慎重さが大切です。

2つめは、「患者さんの求(もと)めていることなどを読み取る力」です。早く帰りたい患者さんにはポイントを絞(しぼ)って、じっくり説明を聞きたい患者さんには懇切(こんせつ)丁寧(ていねい)に。患者さんとコミュニケーションをとることで、お出しする薬の内容(ないよう)が変更(へんこう)になることもあります。症状(しょうじょう)と処方(しょほう)が違っているとか、別の病院で処方された薬があることをお医者さんに伝(つた)え忘(わす)れたとか。そんなときは、処方せんを出したお医者さんにすぐ問い合わせます。

3つめは「勉強」です。この会社に入るとき「薬剤師になった以上(いじょう)は、一生勉強を続(つづ)けるように」と言われました。この世界は、日々情報(じょうほう)が新しく更新されていきます。新しい薬もどんどん出ます。血圧(けつあつ)や高脂血症(こうしけつしょう)のガイドラインなど医療分野の情報も新しく変わっていきます。勉強していかないとついていけないのです。会社の研修(けんしゅう)も受けますし、自分で勉強することも欠(か)かせませんね。新薬が出た時には、製薬メーカーさんを呼(よ)んで昼休みに勉強会を行ったりもするんですよ。

新井さん

コバトン うわーっ、大変なんですね。そんな新井さんの元気のミナモトはなんですか?

新井さん 家族や友人と過(す)ごす時間かな。あと、たまには温泉旅行に行ったり、沖縄(おきなわ)に行ったり、何もしないでホテルでの~んびりしたり、そんな時間も元気のミナモトです(笑)。

新井さん

コバトン 新井さんの今の夢(ゆめ)や目標(もくひょう)はなんですか?

新井さん 「自分らしい薬局」をつくりたいです!化粧品(けしょうひん)を綺麗(きれい)に並(なら)べて置(お)いたり、調剤もあり、一般薬品も置いてあって、お客さんが来ると楽しくなるような、そんなお店にしたいですね。

新井さん

コバトン 最後(さいご)に、埼玉県のこどもたちにメッセージをお願(ねが)いします。

新井さん 薬剤師になって思うことは、「算数」で養(やしな)った計算力も、「国語」で習った表現力も、勉強と直接関係(かんけい)のないことも、いろいろなことが将来(しょうらい)の仕事につながっているということです。何をやっても無駄(むだ)になることはありません。気になることは積極的(せっきょくてき)に何でもチャレンジしてみてください!

あと、コバトンにもメッセージがあるの・・・。

新井さん

コバトン えっ!なに、何?

新井さん さっき、くしゃみしてたでしょう。お薬飲んで、早く寝(ね)たほうがいいわよ。

新井さん

コバトン はい・・・・。クシュン!

3 ある日の新井さん

6時30分

起床(きしょう)

7時00分

朝食(ちょうしょく)

8時00分

家を出る

9時00分

出勤(しゅっきん)、店内を掃除(そうじ)

朝礼(ちょうれい)、前日発注した薬が届(とど)くので、品物や量(りょう)を確認する。

9時30分

開店(かいてん)

午前中は調剤を担当。処方せんを確認しながら、調剤します。

調剤室

13時00分

休憩(きゅうけい)

14時00分

19時00分

翌日(よくじつ)分の薬を発注した後、午後は投薬(とうやく)(窓口(まどぐち)業務)を担当。

調剤された薬が処方せんどおりか、他の薬との飲み合わせはどうか、などをダブルチェック。

薬の効果(こうか)や飲み方、副作用など、患者さんに説明しながらわたします。

(18時から19時が一番混(こ)む時間帯(たい)です。)

閉店(へいてん)、かたづけ

20時00分

お店を出る

21時00分

帰宅(きたく)、夕食

22時00分

テレビを見る、入浴(にゅうよく)

0時00分

就寝(しゅうしん)

コバトン

ほかのお仕事をみてみよう!

関連する情報

トップページにもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?