Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月12日

仕事ファイルNo.29 美術館の学芸員

仕事ファイルNo.29

美術館(びじゅつかん)の学芸員(がくげいいん)

渋谷拓さんの写真

教えてくれた人

埼玉県立近代美術館(きんだいびじゅつかん)(さいたま市(し))

渋谷(しぶや) 拓(たく) さん

  1. 美術館の学芸員ってどんな仕事?
  2. 教えて!渋谷さん
  3. ある日の渋谷さん

1 美術館の学芸員ってどんな仕事?

学芸員の仕事1

美術館は、たくさんの絵や彫刻(ちょうこく)などの展示(てんじ)や、いろいろなイベントの開催(かいさい)など、みなさんに「芸術(げいじゅつ)」を身近に感じてもらう活動をしています。

美術の専門的(せんもんてき)な知識(ちしき)を持っていて、その活動に大きく関(かか)わっているのが美術館の学芸員。その仕事を具体的に言うと、大きく分けて4つあります。

1つ目は、美術作品を集めて展示すること。それぞれの美術館には特徴(とくちょう)があります。例(たと)えば、埼玉県立近代美術館は「近代」の作品をテーマにし、扱(あつか)っています。そうした特徴に沿(そ)って作品を集め、展示するのです。

2つ目は、集めた美術作品を大事に管理(かんり)して、保存(ほぞん)すること。作品が壊(こわ)れたり破(やぶ)れたりしないように管理して、何十年先の人たちも楽しめるように保存することはとても重要()です。

学芸員の仕事2

学芸員の仕事3

3つ目として、美術作品について調査(ちょうさ)したり研究したりすること。作品について、いつ、どこで、だれが、なぜ、描(か)いたのか・創(つく)ったのか等を調べて、研究することにより、作品をより深く理解(りかい)することができます。

そして4つ目が、みなさんが芸術にふれあう機会(きかい)をたくさん提供(ていきょう)することです。作品についての説明(せつめい)や、コンサートや講演会(こうえんかい)、講座(こうざ)の開催など、より多くの人たちが芸術に親(した)しめる機会を作っています。

芸術作品は、私たちの心を豊(ゆた)かにしてくれるもの。そうした作品と私たちをつないでくれる案内役(やく)が、美術館の学芸員なんです。

2 教えて!渋谷さん

コバトン 小学生の時に好(す)きだった教科(きょうか)は何ですか?その理由(りゆう)は?

渋谷さん 社会です。地図を見て、いろいろな国の名前や、国の首都を覚えるのが好きでした。

コバトン

そのころ、渋谷さんが憧(あこが)れていた仕事は何でしたか?

2つあるんですが、1つはパイロットです。飛行機(ひこうき)が好きで、「かっこいいな」「空を飛(と)びたいな」と思っていました。

もう1つは将棋(しょうぎ)の棋士(きし)で、これは将棋を指すのが好きだったからです。

渋谷さん

コバトン

渋谷さんが美術館の学芸員になろうと思ったきっかけは何ですか?

高校生の時に、家にあった画集を見て、絵に興味()を持ったのがきっかけです。

それから、いろいろな展覧会(てんらんかい)に足を運んでいるうちに、美術館の学芸員になりたいなと思いました。

渋谷さん

コバトン

美術館の学芸員になるためには、どんな学校に行ったらいいですか?

美術のことが勉強できて、学芸員の資格(しかく)が取れる大学に行くのが、一般的(いっぱんてき)ですね。

渋谷さん

コバトン

美術館の学芸員になるために、必要(ひつよう)な資格(しかく)や、受けなければいけない試験()しけんはありますか?

「学芸員」の資格が必要です。これは、大学で学芸員の資格を取るための授業(じゅぎょう)を受ければ、取ることができます。

試験は、美術館の職員(しょくいん)になるときに、受けなければいけない場合があります。

渋谷さん

コバトン

美術館の学芸員として、大切なことはなんですか?

美術館に来た人たちに、気持ちよく美術作品を見ていただけるように努力(どりょく)することです。

美術館は、美術作品とみなさんをつなぐ場所なので、いい出会いを提供(ていきょう)することができればいいなと思っています。

渋谷さん

コバトン

美術館の学芸員になって、よかったなと思うのはどんな時ですか?

自分の関わった展覧会や、関わった仕事で、来てくれた方が「楽しかった」って満足(まんぞく)してくれたら、とてもうれしいですね。

渋谷さん

コバトン

美術館の学芸員として、つらいなあと思うのはどんなことですか?

「展示が面白くない」「わかりにくい」といった感想をいただいたときですね。

つらいですけど、もっと努力しなくちゃ、と思います。

渋谷さん

コバトン

今の渋谷さんの夢(ゆめ)はなんですか?

より多くの人たちに喜(よろこ)んでもらえるような、展覧会の企画(きかく)を作りたいです。

渋谷さん

コバトン

最後(さいご)に、埼玉県のこどもたちにメッセージをお願(ねが)いします。

絵や音楽など、芸術作品は、私たちの心を豊かにしてくれます。みなさんも、いろいろなものに興味を持って、見たり聴(き)いたりして、楽しんでほしいと思います。

それから、埼玉県立近代美術館には、すばらしい芸術作品がたくさんあります。コンサートなど、いろいろな楽しいイベントも開催していますので、気軽に遊びに来てくれたら、うれしいです!

渋谷さん

3 ある日の渋谷さん

7時00分

起床(きしょう)

8時30分

自宅(じたく)を出る。

9時30分

仕事開始。

10時00分

展示替(が)えの最終日。照明(しょうめい)や映像(えいぞう)機器(きき)の動作チェックなどをする。

12時30分

休憩(きゅうけい)、昼食。

13時15分

休憩終了(しゅうりょう)。来年度の展覧会の準備(じゅんび)や調査、研究。

17時30分

展示室をチェックして、カギを閉()める。

18時30分

仕事終了。

19時00分

本屋による。

20時30分

帰宅(きたく)。夕食をつくるなど、家事をする。

22時00分

読書や音楽鑑賞(かんしょう)、インターネットで美術の情報(じょうほう)収集(しゅうしゅう)をする。

0時00分

就寝(しゅうしん)

【クリックしてみてね!】

埼玉県立近代美術館のページ

コバトン

ほかのお仕事をみてみよう!

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?