Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > キッズ > 彩の国わくわくこどもページ > 教えて お仕事 > 番外編 跡見(あとみ)学園中学校の生徒さんが取材に来ました

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月12日

番外編 跡見(あとみ)学園中学校の生徒さんが取材に来ました

今回の「教えて!お仕事」は番外編(ばんがいへん)。

学校のキャリア教育授業(じゅぎょう)の一つとして、東京都文京区にある跡見(あとみ)学園中学校の生徒(せいと)さんが、埼玉県の広報紙(こうほうし)「彩(さい)の国だより」を作成(さくせい)している県広聴(こうちょう)広報課広報紙担当(たんとう)の仕事を調べるために、埼玉県庁(けんちょう)へ来てくれました!

インタビューコバトン

様子

話を聞くために来てくれたのは、3年生の石山(いしやま)さんと工藤(くどう)さん。

自分たちの将来(しょうらい)の職業(しょくぎょう)を選(えら)ぶ勉強として、自分の関心(かんしん)のある企業(きぎょう)(仕事)を決めて、実際(じっさい)の仕事について話を聞き、その内容(ないよう)を学校で発表するそうです。

「埼玉県の広報」をテーマに、『県の広報紙(彩の国だより)の作成』を選んでくれました。

はじめての県庁訪問(ほうもん)で、さいしょのうちは緊張(きんちょう)していた二人でしたが、しっかりした質問(しつもん)で、彩の国だよりをつくっている職員の話を真剣(しんけん)に聞いていました。

二人の様子

最後に、実際に仕事の話を聞いてみて、どんな感想を持ったかお聞きしました。

石山 舞(いしやま まい)さん

実際に職員の方の話を聞いて、仕事に対する考え方について勉強になりました。仕事が「楽しい」とか「つらい」と感じることは、仕事への対し方で変(か)わっていくということ。「この仕事は嫌(いや)」と一概(いちがい)に決めつけるのではなく、良(よ)くするにはどうしたらいいかを考えることが大切だと思いました。

工藤 ゆい子(くどう ゆいこ)さん

「彩の国だより」は今回のインタビューで調べるまで知らなかったのですが、今日の話を聞いてとても興味(きょうみ)を持ちました。広報紙の記事を書くことは様々な人たちの協力(きょうりょく)が必要(ひつよう)で、紙面が限(かぎ)られている中で多くの記事の中から絞(しぼ)りこんで、より良い記事をつくることがすごいと思いました。ますます埼玉県に興味を持ったし、今回のお話を参考(さんこう)にしながら、将来の職業を選びたいです。

彩の国だよりは、毎月1日に埼玉県内の各家庭に新聞折(お)り込みでお届(とど)けしている、埼玉県の広報紙です。

インターネットでも見ることができます。みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!最新号はこちらをクリック!

どんなお仕事があるかみてみよう!

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?