Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月3日

ご当地コバトンの旅日記~川越編~

時の鐘コバトン

今回のご当地は、連続テレビ小説「つばさ」の舞台地・川越です。

川越には魅力的な観光スポットやグルメ、おみやげが盛りだくさん。

平成21年4月7日(火曜日)。小江戸川越の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ観光モデルコースに沿って、川越のまちを旅してきました。

おすすめ観光モデルコース

桜とコバトン

県観光情報サイト「魅力あふれる埼玉へようこそ!」では埼玉の魅力を満喫できる10の観光モデルコースをご紹介しています。

今回コバトンたちが旅したのはそのひとつ、「『つばさ』の舞台地・小江戸川越の名所を楽しむコース」。一度は見ておきたい川越の名所・6カ所を巡ります。移動には、川越の観光スポットを結ぶ観光バスを利用すると良いですよ。

「つばさ」の舞台地・小江戸川越の名所を楽しむコース

  1. 喜多院
  2. 川越市立博物館
  3. 菓子屋横丁
  4. 川越まつり会館
  5. 蔵造りの町並み
  6. 時の鐘

「魅力あふれる埼玉へようこそ」のページ

喜多院

境内

最初の目的地は喜多院。

喜多院は平安時代の創建といわれ、江戸時代、徳川家康の右腕といわれた僧・天海の頃に栄えました。

寛永15年(1638)の川越の大火後の再建時に、現在国の重要文化財となっている「家光公誕生の間(客殿)」や家光の乳母・春日局の「化粧の間(書院)」が移築されました。

喜多院本堂の画像

喜多院本堂

境内には、ほかにも多くの国の重要文化財や県の有形指定文化財が。。。ゆっくりと境内を散策し、史跡や文化財に触れてみるのも良いですね。

桜がきれいな喜多院

四季折々の自然の美しさも喜多院の魅力です。

五百羅漢

川越の観光名所の中でも、高い人気を誇る五百羅漢は、天明2年(1782年)から約50年かけて作られました。

羅漢とは、阿羅漢の略称で、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者(修行僧)のこと。敷地内には釈迦如来、菩薩像を含め全部で538体が鎮座。その表情やしぐさは千差万別で、ひとつとして同じものはありません。

五百羅漢1 五百羅漢2

TVCMで使われた羅漢像。ひそひそ、ひそひそ。ミドコバも仲間入り。

・・・ひととおり眺めて帰ろうとしたところ、清掃員の方から「ご自分に似たものはありましたか?」と声をかけられました。

「CMで話題になったものや干支を抱いた羅漢さまもあるから、お客さんから『どこにあるんですか?』って聞かれることが多いんですよ」とのお話に、がぜん興味がわいてきて。。。羅漢さまの間を行きつ戻りつ、丹念に見ること数十分。ついつい長居をしてしまいました。

こちらには、「羅漢さまの頭をなでていくと、一つだけ温かいものがある」という言い伝えもあるそう。みなさんもぜひ、ご自分の干支を探したり、縁あるただひとつの羅漢さまを探したりして楽しんでくださいね。

五百羅漢

干支探しはゲームのよう。楽しいですよ!(左からそれぞれ辰、猿、子、丑を抱く羅漢像)

川越市立博物館

川越博物館

川越市立博物館では、原始・古代から近・現代にいたるまで、資料や映像、模型を通じて川越の生活・文化の変遷を紹介しています。

また、隣接する川越市立美術館には、川越ゆかりの作家の作品や美術に触れて鑑賞する「タッチアートコーナー」などの展示もあります。

菓子屋横丁

川越屈指の人気スポット「菓子屋横丁」。レトロな雰囲気が漂い、店先には懐かしい駄菓子が並びます。

70軒余りが軒を連ねた昭和初期に比べて数は減りましたが、今も20数軒が工夫を凝らした駄菓子類を製造・販売しています。おいしい香りに誘われるまま、お菓子やお団子を食べながらひと巡りするのがおすすめですよ。

菓子屋横丁

平日でも大賑わいの菓子屋横丁。「あと○円使える!」とおこずかいを持って買い物を楽しむこどもたちも

川越まつり会館

入館の時からおまつり気分が味わえます。

川越まつり会館は、川越まつりの興奮・感動を、展示やビデオを通じて体感できる施設。こちらでは、川越まつりで実際に曳かれる山車も見ることができます。

山車展示ホールに向かう「まつりに向かう路地」は、ゆるい坂になっていて異世界に入っていくような感覚に・・・。路地を抜けた後、ぱっと目に入る山車のインパクトはなかなかのものです

ぜひ本物の川越まつりにもお出かけください。

川越まつり会館のページ(川越市)

川越まつり会館 山車

華麗な幕や精巧な彫刻は本物ならでは!

蔵造りの町並み

「蔵造り」として知られる川越の土蔵造りは、類焼を防ぐための巧妙な耐火建築として、江戸時代に町家の形式として発達しました。

この蔵造りの建物が並ぶ「一番街」は、魅力的なお店揃い。ぜひ1店1店のぞいてみてくださいね。

蔵造りの町並み

こんな建物に注目

黒塗りの壁が目を引く器の老舗「陶舗やまわ」さん。こちらは、「つばさ」の主人公の実家、老舗和菓子店「甘玉堂」として番組に登場しています。食事処「陶路子」も併設され、さつまいもミニ懐石などをいただくことができますよ

蔵造りの町並み

一番街では、郵便局も蔵造り。レトロな雰囲気が素敵です。

また、ところどころに見られる洋風建築も、町並みの良いアクセントに。

さまざまな建物に注目してまち歩きを楽しむのも面白そうです。

元町郵便局と埼玉りそな銀行

左は川越元町郵便局、右は埼玉りそな銀行川越支店。

時の鐘

「つばさ」のオープニングにも登場する川越のシンボル「時の鐘」。1日4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)鳴らされる鐘の音は、環境省の「残したい“日本の音風景100選”」に認定されています。訪れる時間を合わせて、間近で鐘の音を聴いてみてはいかがですか。

時の鐘

高さは奈良の大仏と同じ、約16メートルです。

川越グルメ

川越のご当地グルメといえば、芋料理にお芋のお菓子、ウナギに焼き団子・・・と盛りだくさん。

そんな中からコバトンたちが選んだのは・・・。

お昼ごはんは「いもうどん」

時の鐘のすぐそばにある「鐘つきうどん きんちょう」さん。午後2時過ぎだというのにお客さんが外まで並んでいました。行列と貼紙の「いもうどん」に誘われて、今回のお昼はこちらでいただくことに。

きんちょう

運ばれて来たのは、うっすら黄色い細めのうどん。

見た目にもきれいで食欲をそそります。天ぷらつきならボリュームたっぷり!ぺこぺこなお腹には最適ですよ。

いもうどん

おみやげにぴったりな「いも恋」

同じく時の鐘のそばにある「菓匠右門」さん。おみやげを探しがてら、ふらふらと店内へ・・・。

そこで出合ったのが「いも恋」。

もっちりとした生地に、厚みのあるホクッとしたお芋、しっとり優しい甘さの小豆。。。口に入れるなり思わず「美味しい!!」と声をあげてしまいました。

ご家族やお友達へのおみやげにぴったり。自信を持っておすすめしたい逸品です

いも恋

横丁のおすすめグルメ「たこせん」

菓子屋横丁でみつけたおすすめグルメが「たこせん」

お店のお姉さんの「ここでしか食べられませんよ~!」の声につられて買ってみました。

「たこせん」は、薄いおせんべいにサンドされたたこ焼にソースとマヨネーズはかけて食べるもの。軽い歯ざわりのおせんべいにもっちりしたたこ焼きが絶妙。コバトン・ミドコバ、大満足のおやつでした!

たこせん

中のたこやきをぎゅっとつぶしていただきます

そのほか、途中で立ち寄るならこんなとこ・・・

観光・物産情報発信拠点「鏡山酒造跡地」

鏡山酒造跡地・明治蔵

平成21年5月2日、造り酒屋・鏡山酒造跡地にオープンした、観光・物産情報発信拠点。

明治蔵や大正蔵など、既存の蔵を利用して、地場産野菜やお菓子、お土産、川越名物の太麺焼きそばなどを販売。イベントも随時行っています。

観光案内所も併設しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

鏡山酒造跡地のページ(川越市)

縁結びの神様「川越氷川神社」

氷川神社

境内の入口に大きくそびえたつ大鳥居が印象的な氷川神社。

縁結びと深い関係のある神様をお祭りしているため、縁結びに関わるお札やお守りなどが充実しています。

木製の鳥居としては日本一の大きさ。社号は勝海舟によるものです。

境内に入ると本堂のすぐ脇に3種類のおみくじが。

他では見ない「えんみくじ」や「幸福(しあわせ)おみくじ」が気になり、引いてみることに。

おみくじ

おみくじにはまが玉や縁起物が入っていて、何が出るかワクワクします

また、お守りは見た目にも可愛らしいものがたくさん!

おみくじで恋の行方を占って、願いを込めてお守りを買って。。。恋する皆さんにおすすめの神社といえそうです。

おみくじ 氷川神社のお守り

のんびりたたずめる「新河岸川のほとり」

氷川神社から歩くこと1,2分で新河岸川のほとりに。桜の時期に特におすすめしたいスポットですが、新緑の美しい季節のお散歩にも良さそうですよ。

新河岸川

ぜひ、みなさんも川越へ

楽しかったよ

菓子屋横丁では焼き団子もどうぞ

ご当地巡りの第5弾、いかがでしたでしょうか。皆さんもぜひ、見どころ・味どころ満載のホットスポット・川越を満喫する旅に出かけてみてください!

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 魅力発信担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3192

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?