Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月26日

3.統計って何に使うの?

使われている所を知りたいな

コバトンのセリフ1

統計という道具には、良い所がたくさんあることがわかったかな?

女の子、あやののセリフ1

ええ。統計を使うと、見えなかったものごとのようすが見えてきたり、正しくくらべたりできるようになるのね。
今度は、じっさいに統計がどんなふうに使われているのか知りたいわ。

男の子、はかるのセリフ1

そうだね。便利な道具も、使われなければ意味がないからね。

人口統計

コバトンのセリフ2

それじゃあ、統計が使われている場面を見てみようか。

まずは人口統計だね。統計にはいろいろな種類があるけど、人口を調べる人口統計はとても重要なんだ。
人間の活動の多くは人間を相手にするものだから、どんな人がどこに何人いるかを知らないとダメなことが多いんだ。たとえば、「子どもが少ないと聞いて小さめの学校を建てたら、教室に入りきらなかった」とか、「子どもが多いと聞いて子ども服の店をオープンしたら、お客がほとんど来なかった」とかになったら大失敗だよね。だから、人口を正しく知る人口統計が必要なんだ。

女の子、あやののセリフ2

多い、少ないは人によってちがうんだから、「多いと聞いて」なんかで計画したらダメよね。

男の子、はかるのセリフ2

そうかあ、人口を正しく知ることって、そんなに大切だったんだ。

国勢調査

コバトンのセリフ2

学校やお店のほかにも、道路や駅、マンションや住宅地(じゅうたくち)など、どこに、どれくらいの大きさのものが必要なのか計画する時に、人口統計はなくてはならないものなんだよ。
「国勢調査(こくせいちょうさ)」って聞いたことあるかな。5年に一度、日本に住んでいる人全員を調べる、日本で一番重要な人口統計なんだよ。
2015年の国勢調査では、全国で約70万人の国勢調査員(こくせいちょうさいん)が調査に当たったんだ。この調査で、どこに何人住んでいるかや、どんな仕事の人が何人いるかなどがわかるんだ。

男の子、はかるのセリフ2

日本に住んでいる人全員ってすごいね。さっきぼくは「だれかが数えて調べた」なんて言ったけど、70万人もの人が調べたんだね。

女の子06ちょっとおどろく女の子、あやののセリフ2

その国勢調査はどこに使われるの?

コバトンのセリフ3

国が調べる一番重要な調査だから、いろいろなことに使われているよ。一つあげると、国会の衆議院(しゅうぎいん)の選挙区を決めるときに使うことが法律で決められているんだ。いいかげんな人口をもとに国民の代表を選ぶわけにはいかないからね。

女の子、あやののセリフ3

法律で決められているなんて、本当に大切なのね。

男の子、はかるのセリフ3

人口統計のほかにはどんな統計があるの?

産業のようすを知る

コバトンのセリフ4

人口統計のほかに「どんな農産物がどれだけ作られているか」「工場でどんな製品(せいひん)がどれだけつくられているか」「お店でどんな商品がどれだけ売れているか」のような、産業のようすを調べる統計も重要な統計だね。

男の子、はかるのセリフ4

埼玉県は「さといも」や「こまつな」の生産が日本一だって聞いたことがあるよ。「りんご」は青森県、「じゃがいも」は北海道とか…。

女の子、あやののセリフ4

「自動車」は愛知県がたしか一番よね。埼玉県は食べ物がいくつか日本一になっていたと思うわ。

コバトンのセリフ5

一番がわかるのも統計のおかげだね。一番があるとうれしいけど、良いことだけでなく、悪いこともふくめて産業のようすを知ることが大事なんだよ。
たとえば、国は不調な産業を助ける仕事もしているんだけど、産業のようすがわからなければうまく助けることはできないよね。「われわれの産業は大ピンチです!」と言われて助けたら、それほどピンチじゃなかった、なんてことになってもいけないしね。

男の子、はかるのセリフ5

そんな大げさに言っちゃダメだよね。

女の子09ほほう女の子、あやののセリフ5

でも、助けてほしいときに少し大げさに言うのは、しかたないんじゃない。本当かどうか、よくたしかめないと。

コバトンのセリフ6

だから国は、いろいろな統計で産業のようすを調べているんだ。統計を使えば、どの産業が不調なのか数字で見ることができるから、うまく助けることができるし、むだも少なくできる。
そう、産業のようすを調べることは病気の検査(けんさ)に似ているね。お医者さんは悪い所がないか調べて、病気が見つかればちりょうするよね。もし、その検査が正しくなかったらどうだろう?病気が見つからなかったり、まちがったちりょうをしたりしたら、大変なことになってしまうよね。

男の子、はかるのセリフ6

そうか、だから産業のようすを調べる時は、統計が使われるんだね。

女の子、あやののセリフ6

統計なら、数字で正しく表されるものね。

健康を守る

コバトンのセリフ7

お医者さんのたとえ話をしたけど、実はみんなの健康を守ることにも統計は使われているんだ。たとえば、冬になると心配なのがインフルエンザ。かかってしまう人が出るのはしかたないけど、大流行にはならないようにしたい。だから、ワクチンや薬をあらかじめ用意するんだけど、どのくらい必要になるのかきちんと予想しておかないと、むだになったり、足りなくなったりしてしまう。そこでかつやくするのが統計なんだ。かんじゃ数などを毎年調べて統計を作り、予想に役立てているよ。

男の子、はかるのセリフ7

必要な数を決めるのに、数字で表される統計はぴったりだね。 

女の子、あやののセリフ7

統計のおかげで健康が守られているなんて知らなかったわ。統計ってすごいのね。

スポーツと統計

コバトンのセリフ8

むずかしい話が続いたから、今度はスポーツの話をしよう。二人はスポーツの試合をよく見るかな?

男の子、はかるのセリフ8

ぼくはサッカー!野球やテニスも話題の試合は必ずテレビで見ているよ。

女の子、あやののセリフ8

わたしも見るのはきらいじゃないから、家族といっしょによく見るわ。プロ野球が多いかな。

コバトンのセリフ9

それじゃあ、プロスポーツの世界で統計が大かつやくしているという話もしやすいね。

 

男の子、はかるのセリフ9

えっ?サッカーの試合中に統計なんか使ってたかな。ボールの動きが速くてそんなヒマないと思うけど。

女の子、あやののセリフ9

わたしはなんとなくわかっちゃった。数字の話でしょ。

コバトンのセリフ10

プロ野球をよく見るあやのくんは気付いたみたいだね。プロ野球の放送を見ていると、統計データがたくさん出てくるんだよ。バッターの打率(だりつ)、ピッチャーの防御率(ぼうぎょりつ)、どの変化球を多く投げるかなどなど、あらゆる成績(せいせき)が数字で出てくる。もちろん、その数字を作るのに統計が使われているんだ。

女の子、あやののセリフ10

データを使って相手の弱点を調べて、作戦を立てるのよね。左ピッチャーがにがてな相手なら、左ピッチャーを使うとか。

男の子、はかるのセリフ10

そう言われればサッカーも、ボール支配率(しはいりつ)とか、失点の多い時間帯とか、セットプレーからの得点とか、いろいろなデータを使ってアナウンサーが説明していたっけ

コバトンのセリフ11

当たり前のように使われているから気が付かないよね。一流スポーツの世界で、勝つために統計データを使うのは、もはや常識なんだ。プロチームでは統計データ分析(ぶんせき)のためのスタッフがいるくらいなんだよ。統計データを練習や作戦に役立てているんだね。

最後にもう一つ、コンビニの例をしょうかいするね。コンビニのお店はあまり広くないよね。売り場がせまいから、スーパーのようにたくさんの種類の商品を置くことはできない。だからよく売れる商品を中心にならべるんだけど、そのならべる商品を決めるのに統計が使われるんだ。
実はコンビニのレジは本部のコンピューターとつながっていて、いつどこで何が売れたのかというデータが全国から集まるんだ。おにぎりといっしょに売れる飲み物は何か、おでんはどんな時に売れるのか、などが数字でわかる。その統計データをもとに、何をいくつ仕入れるか決めているんだよ。統計のおかげで、売れない商品が大量にあまったり、売り切ればかりになったりしないんだ。

統計って何に使うの?のまとめ

コバトンのまとめのセリフ

じっさいに統計が使われている場面を見てきたけど、どの場合も、ものごとのようすを正しく知りたいから統計を使っているんだね。
ほかにも、こんなことに使われているよ。

  • 医学、天文学など科学の研究
  • 鉄道などの交通機関の運行計画
  • 入学試験によく出る問題の分析(ぶんせき)や偏差値(へんさち)の計算
  • アンケート調査(ちょうさ)
  • テレビ番組の視聴率(しちょうりつ)
  • 音楽、映画などの人気ランキング

最先端(さいせんたん)の科学から、身近な話題まで、いろいろな所で統計は使われているんだ。現代の便利な社会に、統計はなくてはならないものなんだよ。

2.統計ってどうして必要なの?にもどる

 

前のページに戻る

4.統計ってどのように作るの?「ステップ1.とらえる、ステップ2.計画する」にすすむ

次のページに進む

お問い合わせ

総務部 統計課 企画指導・統計資料担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

電話:048-830-2312

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?