Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 上下水道 > 上下流交流事業 > 平成27年度「水のふるさと応援団」

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月29日

平成27年度「水のふるさと応援団」

下流地域のNPO法人や水道関係者等を対象に、水源地域を訪ね、清掃活動等を通じて水の大切さを再認識するとともに、ダム施設を見学し、水源地域を取り巻く現状・問題を理解していただくことを目的に、平成16年度から実施しています。
ここでは、平成27年5月31日に開催した事業の概要を紹介いたします。

1 概要

2 神流湖清掃活動

3 交流会

4 下久保ダム見学

5 三波石峡見学

1 概要

  1. 日時:平成27年5月31日(日曜日)8時10分から16時35分
  2. 場所:神川町(下久保ダム)
  3. 対象者:川の国応援団(NPO法人等)、水道事業関係者等
  4. 主催:埼玉県・神流川ビジョン推進協議会

2 神流湖清掃活動

開会式の様子

参加者全員が集まって開会式と清掃活動の説明が行われました。

清掃活動の開始場所

今年の水のふるさと応援団は、貯水位が高いため、神流湖左岸のみで清掃活動を行いました。

湖面付近の清掃状況

貯水位が高く、清掃する箇所が限定されてしまいました。

湖面ゴミの回収状況

当応援団は陸地を清掃しましたが、高校生達はカヌーを使って湖面を清掃していました。

清掃状況

ペットボトル、たばこの吸い殻、弁当の容器などが落ちていました。

 ゴミの集積状況

思った以上の成果で、トラック1.5台程度のゴミを回収しました。

3 交流会

おっきりこみの配給状況

今年も、地元の皆さんが作ってくれた「おっきりこみ」」をいただきました。とっちゃなげ汁もおいしいですが、こちらもおいしかったです。

昼食の状況

清掃活動は大変でしたが、お腹一杯御馳走になり、疲れも取れました。

ミニコンサート

今回は、アンサンブルグループTutti(トウッティー)の演奏を聞かせてもらいました。「おっきりこみ」が更においしくいただけました。

交流会の会場

交流会会場の全景です。炎天下の中、日差しを遮る物がない中で、Tutti(トウッティー)の皆様に演奏してもらいました。ありがとうざいました。今後のご活躍を期待しています。

全員の集合写真

神流湖ゴミゼロ活動に参加された皆さんの集合写真です。今年は195名の方に御参加いただきました。

ふるさと応援団の集合写真

続いて、水のふるさと応援団に参加された方で写真を撮りました。今年は、事務局員を含めて57名で神流湖を訪れました。

下久保ダムホームページへ

4 下久保ダム見学

下久保ダムの概要説明

下久保ダム管理所で、ダムの概要について説明を受けました。

ダム堤体上の様子

エレベーターで下へ降りるため、堤体上でバスを降りました。

ダムの中の様子

ダムの堤体内を見学しながら外へ出ます。中はとても涼しく、気持ちよかったです。

ダム堤体下からの眺め

ダム堤体を直下流から見学しました。下からの眺めはダムの大きさを実感できます。

5 三波石峡見学

三波石峡への移動状況

特別に、普段立ち入り禁止の場所を通って、三波石峡へ移動しました。

おうけつの写真

三波石峡の見所スポットの1つである甌穴(おうけつ)です。人がすっぽり入るくらいの深さがあるそうですが、今は想像するしかありません。少し残念。

そうせき橋(上流側)からの眺め

続いては、叢石(そうせき)橋からの眺めです。ここから三波石峡の48石が始まります。特徴ある48個の石には、様々な名前がついています。

そうせき橋(下流側)からの眺め

こちらは、叢石橋の下流側の眺めです。三波石峡のV字渓谷が感じられます。

三波石峡の散策路

三波石峡の河川敷へ向かいます。後ろに見える吊り橋が叢石(そうせき)橋です。

河川敷へ降りる散策路

三波石をもっと身近に眺めるため、急な階段をおります。

三波石峡から下久保ダムを望む

後に見えるのが、下久保ダムの堤体です。下久保ダムの堤体はL型で、こちらは普段あまり見ない側です。

三波石峡の見学

三波石は少し緑がかかったきれいな石です。写真ではわかりにくいのがとても残念です。

 

 

捨てられたゴミは、私たちの大切な飲み水等を汚す原因になります。
ハイキング等でダム湖周辺を訪問する皆様には、近くにゴミ箱等がなければ、ゴミは持ち帰るようお願いします。また喫煙者の方には、携帯灰皿を持ち歩く習慣を付けるなど、「たばこ」のポイ捨てを是非やめてもらいたいと思います。今年は、特にダムの貯水位が高く、清掃活動する場所も限られてしまいましたが、予想以上にゴミを回収することができました。数日前には、雨が予想され、中止を検討しましたが、皆様の日頃の行いにより、夏日を記録するほどの天候に恵まれました。「水のふるさと応援団」の皆様には、暑い中、熱心にゴミの回収に御協力いただきありがとうございました。

 

お問い合わせ

企画財政部 土地水政策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?