Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 上下水道 > 上下流交流事業 > 平成27年度さいたまの水と森ふれあい体験

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月4日

平成27年度さいたまの水と森ふれあい体験

水の恩恵を受けている下流地域の方々が水源地域を訪ね、ダム施設の見学等を通じ水の大切さについて学習するとともに、水源林を散策することにより、水源地域を取り巻く現状や課題に対する理解を深めていただき、県民参加による水源地域の保全を進める気運を高めていくことを目的として、平成23年度から新たな取り組みとして始めました。

  1. 日程表
  2. 水源林散策(彩の国ふれあいの森)
  3. 彩の国ふれあいの森「紅葉まつり」見学
  4. 滝沢ダム見学

1 日程表

  1. 期日:平成27年11月1日(日曜日)
  2. 場所:秩父市大滝、中津川(彩の国ふれあいの森、大滝こまどり荘、滝沢ダム)
  3. 対象者:埼玉県内の小学生とその保護者など40名
  4. 主催:埼玉県
  5. 協力:独立行政法人水資源機構荒川ダム総合管理所、源流郷おおたき

11月1日(日曜日)の実施行程表

7時40分

熊谷駅南口出発

8時50分

西武秩父駅到着(休憩、途中乗車)

10時20分

大滝こまどり荘到着

10時30分から12時35分

彩の国ふれあいの森、水源林散策

12時40分から13時40分

大滝こまどり荘(昼食、紅葉祭見学)

14時10分から15時00分

滝沢ダム見学

16時15分

西武秩父駅到着(休憩、途中下車)

18時20分

熊谷駅南口到着(解散)

2 水源林散策(彩の国ふれあいの森)

車内の様子

こまどり荘までの間に、「ウォー太郎のアクア大作戦」のDVDで、水道水の勉強をしていただきました。

こまどり荘の駐車場

今年も中型バス2台で、熊谷駅を出発し、西武秩父駅からの参加者と合流し、こまどり荘に到着しました。

本田博士の胸像

彩の国ふれあいの森は、本多静六博士が県に寄贈した森林です。今回は、本多博士を紹介する漫画を掲載した新聞を配布し、どのような人だったか少し学んでもらいました。

水源林散策へ出発

彩の国ふれあいの森の散策へ出発です。今回もバス2台となったので、1号車から出発しました。

散策の様子

森林インストラクターの案内で彩の国ふれあいの森を散策します。目的地(大若沢休憩所)までの間に、3箇所で説明を聞きました。

一箇所目での説明の様子

1箇所目です。先行している1号車の皆様に説明している状況です。今回は、天気がとても良く、散策には適した陽気となりました。

二箇所目(二号車)の様子

1箇所目で後から来た2号車の皆様へ説明している様子です。この後、森林インストラクターには足早に2箇所目へ移動していただきました。(お疲れ様でした。)

二箇所目(一号車)の様子

2箇所目です。先行していた1号車に、森林インストラクタ-が追いつき、説明を受けている様子です。

二号車の散策状況

2号車が間もなく2箇所目に到着です。

二箇所目(二号車)の様子

2箇所目で、2号車の皆様が説明を聞いている間に、1号車は3箇所目へ移動します。

三箇所目(一号車)の様子

1号車の皆様が3箇所目に到着しました。橋からの眺めが最高なので、しばし記念撮影です。

三箇所目の様子

 3箇所目では、1号車と2号車が合流し、森林インストラクターからの説明を聞きました。

 

三箇所目を出発

この後は、合同で最終目的地の大若沢休憩所を目指し、歩き始めました。

散策の様子

途中、歩きながら、時には足を止めて説明を受け、目的地を目指しました。

最終目的地(大若沢休憩所)に到着

本日の目的地である大若沢休憩所に到着しました。この先は登山道が続きますが、今回はここまです。

 大若沢休憩所で休憩中

一休みしてから、紅葉を眺めながら、ゆっくりと来た道を戻りました。

 

3 彩の国ふれあいの森「紅葉まつり」見学

お弁当

水源林散策の後は、こまどり荘で昼食です。今回も天気が良く、お弁当を持って好きな所で食事をしてもらいました。

こまどり荘の様子

丸い建物がこまどり荘です。水源地域整備事業で作られた宿泊施設で、このほかにもコテージがあります。

紅葉祭りの会場

奥に見える建物が森林科学館です。中庭には、丸太切り体験等の会場となっていました。(こまどり荘2階からの眺め)

農産物等の特別販売の様子

今年も、農産物や加工品の特別出店がありました。

丸太切り体験

丸太切り体験では、切った丸太に焼き印を押してもらい、記念品として持ち帰ることができます。(無料)

木材運びの体験会場

昔の木材運びを体験することができます。ちょっと運ぶだけなら面白いですが、これが仕事となると大変です。

おおたきこまどり荘ホームページへ

4 滝沢ダム見学

滝沢ダムに到着

午後は、滝沢ダムに移動し施設の見学です。

滝沢ダムの概要説明の様子

水資源機構の職員の方から、滝沢ダムの概要をいろいろな場所で説明してもらいました。

ダム下流を眺めての概要説明

ダムの堤体上から下流側を眺めながら、概要説明を受けている様子です。

ダム下流の景色

ゲートの上部から下流を眺めた景色です。ここから、下を見下ろすと、高さで足がすくみます。

エレベーターの乗り口

ダム堤体内にあるエレベーターに乗って、下の広場へ行きます。ここも、一般公開されています。エレベータの大きさの関係で、数回に分かれて乗車しました。

堤体内の様子

堤体内の通路を歩きます。通路には、ダムができるまでの写真や秩父地域の動植物などの写真が展示されています。

ダム下広場の様子

堤体下の広場です。ここへは、71段の急な階段を登らないといけませんが、全員無事に到着できました。

ダム下広場での概要説明

この広場でも概要説明をしていただきました。

 集合写真

今回のふれあい体験の参加者は40名でした。みなさんでダムを背に記念撮影です。

 駐車場へ向かっている様子

ループ橋の下を通って、バスが待つ駐車場へ。お疲れ様でした。

滝沢ダムホームページ(水資源機構荒川ダム総合管理所)へ

関係機関の方や参加者の皆様の多大なる御協力をいただき、事故もなく無事終了することができました。この場をおかりして御礼申し上げます。特に参加者の皆様には、早朝からの集合にもかかわらず、御参加いただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

企画財政部 土地水政策課 水源地域対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?