Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 税金 > 申請・手続き > 審査の申出について

ここから本文です。

 

掲載日:2017年1月20日

審査の申出について

審査の申出について・・・
(価格に不服のある場合)

固定資産課税台帳に登録されている価格について不服がある場合は、固定資産の所在する市町村の固定資産評価審査委員会に対して審査の申出をすることができます。

この審査の結果、固定資産課税台帳に登録された価格が固定資産評価基準に照らして不適当なものであることが認められると、固定資産課税台帳に登録された価額が修正され、税額が修正されることとなります。
(ただし、土地の場合は税負担の調整措置を講じているため、価格が修正されても税額に影響がない場合もあります。)

1.審査の申出をすることができる人

固定資産税の納税者に限られます。

2.審査の申出事項

当該年度の固定資産税に係る固定資産について固定資産課税台帳に登録された価格です。

※評価替年度以外の据置年度では、原則として審査申出をすることができません。

ただし、下記に該当する場合には、審査申出をすることができます。

  • ア.賦課期日において、地目の変換及び家屋の改築又は損壊その他これらに類する特別の事情があるため価格の見直しを求める場合
  • イ.据置年度において、下落修正を受けた場合(下落修正に関する部分に限定して審査申出をすることができます。)
  • ウ.据置年度において、下落修正を受けていない固定資産について、下落修正を適用すべきとの見直しを求める場合

※固定資産税の賦課に関する不服については、審査の申出事項に当たりません。
その場合には、納税通知書の送付を受けた日の翌日から起算して3月以内に、市町村長に不服申立てをすることができます。

3.審査の申出期間

固定資産課税台帳に登録すべき固定資産の価格等のすべてを登録した旨を公示した日(通常4月1日)から納税通知書の交付を受けた日後3月までの間に審査の申出をすることができます。

なお、上記公示の日の後に価格の決定又は修正があった場合は、その通知を受けた日から3月以内に審査の申出をすることができます。

4.審査の申出方法

審査の申出は、審査申出書を固定資産の所在する市町村の固定資産評価審査委員会に提出して行ないます。

なお、審査申出人は、審査決定がなされるまでの間は、その申出の全部または一部について、いつでも取り下げることができます。

※詳しくは、固定資産の所在する市町村にお問い合わせください。

関連リンク

お問い合わせ

企画財政部 市町村課 税政担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

電話:048-830-2692

ファックス:048-830-4739

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?