Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2014年9月30日17時

県政ニュース

「セアカゴケグモ」にご注意ください

部局名:環境部
課所名:みどり自然課
担当名:野生生物担当
担当者名:野澤、益岡

内線電話番号:3143
直通電話番号:048-830-3143
Email:a3140-09@pref.saitama.lg.jp

平成26年9月29日、三郷市北部浄水場で特定外来生物の「セアカゴケグモ」が多数確認されました。セアカゴケグモは国内ですでに35都府県で確認されており、9月に入ってから東京都、群馬県、千葉県など近隣の都県でも確認されていることから、県内各地に分布している可能性がありますので、充分にご注意ください。
セアカゴケグモは攻撃性のないおとなしいクモです。素手で触らない限り咬まれることはありません。

セアカゴケグモを見つけたら

  • 似ているクモを見つけても、素手で触らないでください。
  • 見つけた場合は、最寄りの環境管理事務所に御連絡ください。
  • 万が一咬まれてしまったときは、すみやかに医療機関を受診してください。
    (保健所では健康相談に応じます。)
  • セアカゴケグモは外来生物法に基づく特定外来生物に指定されており、生きたまま運んだり、飼育することは禁止されています。

形態

  • 成熟したメスの体長は、約0.7~1cmで腹部の背面に赤い鮮やかな斑紋、腹面に砂時計様の斑紋があります。体色は暗褐色又は黒色です。
  • 卵のうは乳白色又は黄褐色で、形は球形です。
  • オスは5mm程度、茶褐色で毒は持っていません。

生態

  • 日本では平成7年に大阪で初めて発見され、全国に広がっています。埼玉県内では平成26年7月に川越市で初めて発見されました。強い毒を持っていますが、攻撃性のないおとなしいクモです。
  • 日当たりの良い暖かい場所で、地面や人工物のくぼみや穴、隙間等に営巣します。
    例)プランターの底、室外機の裏、外に置いた靴の中など
    ※プランターを室内に持ち込む場合や外に置いた靴を履く際にはクモがいないことを確認してください。

咬まれた場合の症状

  • 素手でさわらない限り咬まれることは有りませんが、咬まれると刺咬により、局所の痛みや、熱感、かゆみ、硬結がおこり、リンパ節が腫張することがあります。
  • 通常は、数時間から数日で症状は軽減し、咬まれて重症化することはほとんどありませんが、まれに脱力、頭痛、筋肉痛、不眠などの全身症状が数週間継続することがあります。
  • 重症例では進行性の筋肉麻痺がおこることがありますが、抗毒素血清がありますので、咬まれた場合にはまず医療機関に相談してください。

咬まれた時の対応

余分の毒を流水や石けん水で洗い、できるだけ早く病院に行って治療を受けることが重要です。できれば病院には咬まれたクモを殺して持参してください。
(適切な治療に役立ちます。)

駆除

市販の家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)をクモに直接噴霧すれば駆除できます。

今後の情報提供について

今後県内でセアカゴケグモが見つかった際には、みどり自然課のホームページで公表します。

問合せ先

  • セアカゴケグモ全般について
    環境部みどり自然課 野生生物担当 担当:野澤、益岡
    電話048-830-3143
  • セアカゴケグモに関する健康相談
    保健医療部生活衛生課 環境衛生・ビル環視担当 担当:新井・峯川
    電話048-830-3606

県政ニュースのトップに戻る