Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2013年度 > 2014年3月 > 県立歴史と民俗の博物館 特別展「渋沢敬三没後50周年記念事業 屋根裏部屋の博物館-Attic Museum-」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2014年3月6日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館 特別展「渋沢敬三没後50周年記念事業 屋根裏部屋の博物館-Attic Museum-」を開催

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:大明・佐藤

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

渋沢敬三(しぶさわけいぞう 1896~1963)は、祖父である渋沢栄一の後継者として経済界で活躍し、第二次世界大戦終了前後には日本銀行総裁や大蔵大臣をつとめ、転換期の日本経済の舵取り役として重要な役割を果たしました。その一方で敬三には学術団体や研究活動の支援者、そして優れたリーダーシップを発揮する民俗学者という別の顔もあり、邸内に開設したアチックミューゼアム(屋根裏部屋の博物館)を拠点に多くの学者を育成し、学問の発達に貢献しました。

本展は、渋沢敬三の没後50周年記念事業の一つとして国立民族学博物館との共催により、同館が収蔵するアチックミューゼアムの旧蔵資料を収集テーマに沿って展示し、学問の支援者としての敬三の功績を紹介するものです。また、併せて渋沢敬三の父祖の地である深谷市の血洗島(ちあらいじま)や渋沢家に関する資料、アチックミューゼアムのコレクションの中から埼玉県に関連する資料も展示・紹介します。
(展示資料数 373点)

1 期間

平成26年3月21日(金・祝)~5月6日(火・振休)
(休館日:3月24・31日、4月7・14・21・28日) 開館日数41日

2 時間

9時00分~16時30分(観覧受付は16時00分まで)

3 会場

県立歴史と民俗の博物館 季節展示室・特別展示室

4 観覧料

一般 600円、高校生・学生 300円

※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人を含む)は無料

5 主催

県立歴史と民俗の博物館

6 共催

国立民族学博物館、渋沢敬三記念事業実行委員会

7 協賛

一般財団法人 MRAハウス

8 協力

深谷市、深谷市教育委員会

9 交通

東武野田線大宮公園駅下車徒歩5分

10 関連事業

(1) 民俗芸能公演「渋沢家ゆかりの血洗島獅子舞(深谷市指定無形民俗文化財)」

日時:平成26年3月21日(金・祝) 13時30分~15時00分

出演:血洗島獅子舞保存会

会場:当館中庭 (申込不要)

(2) 記念講演会「渋沢栄一から敬三へ」

日時:平成26年4月19日(土曜日) 13時30分~15時00分

講師:井上 潤氏(渋沢史料館館長)

会場:当館講堂(定員150名) 要申込(3月19日より電話受付。先着順)

(3) 展示解説

日時:3月22・29日、4月5・12日、5月3日(いずれも土曜日) 13時30分~
申込不要(要特別展観覧料)

県政ニュースのトップに戻る