Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > テレワークをテーマとした移住プロモーションを実施します。10秒動画「#埼玉物語」~移住してよかった~

ここから本文です。

 

発表日:2020年10月30日11時

県政ニュース

テレワークをテーマとした移住プロモーションを実施します。10秒動画「#埼玉物語」~移住してよかった~

部局名:企画財政部
課所名:地域政策課
担当名:地域振興担当
担当者名:伊藤、宮原

内線電話番号:2769
直通電話番号:048-830-2773
Email:a2760-01@pref.saitama.lg.jp

県では、移住先としての埼玉の魅力をPRするため、移住促進プロモーションを展開しています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国民や企業の意識が変化していく中、自宅でテレワークをしながら、必要に応じて都内の職場に出勤する働き方の普及は、交通の利便性に優れ、自然豊かな埼玉県への移住にとってまさに追い風と言えます。

そこで、子育て世代をターゲットとして、テレワークをきっかけに埼玉県へ移住した家族の様子を描く10秒動画12本をSNS等で順次公開し、ゆとりある暮らしと都心へのアクセスの良さを前面に出して、埼玉県の魅力をPRしていきます。

物語の主役は、映画「カメラを止めるな!」で主役を演じた、川口市出身の濱津隆之(はまつたかゆき)さんです。

また、市町村移住相談員や地域おこし協力隊員、市町村職員が、県移住公式SNS「#埼玉物語」上で、地元のおすすめスポットや移住お試し住宅の案内などをミニ動画としてタイムリーに投稿し、県内各地の魅力や暮らしやすさを更にPRしていきます。

1. 10秒動画「#埼玉物語」の公開について

(1)動画の概要について

  • 動画のメインテーマは「テレワーク」です。
  • 夫のテレワークを機に埼玉への移住を決意した家族の日常を、SNSで閲覧されやすいと言われる10秒で1話を構成し、埼玉県の自然環境や子育て環境の良さ、住宅の広さや通勤の便利さ、農あるくらしなどをPRします。

(2)プロモーション期間

令和2年10月30日(金曜日)から令和3年3月中旬まで

(期間終了後も動画はアーカイブとして県ホームページで御覧いただけます。)

(3)公開方法

全12本を、月2~3本のペースで、県ホームページ「#埼玉物語」で公開します。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0106/saitama_monogatari.html

第1話と第2話は、10月30日(金曜日)から公開します。第3話~第4話を11月10日頃、第5話~第6話を12月、第7話~第9話を令和3年1月、第10話~第12話を2月に公開する予定です。

また、Web広告やSNS広告でもPRしていきます。

(4)動画の特徴

  • 10秒という短い時間で、埼玉への移住生活をコンパクトに色濃く描くことで、直感的に埼玉の魅力を伝えます。
  • 全12話を3話ずつ、日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した篠原哲雄氏を含む、4人の映画監督が撮影しています。
  • 県内各地(秩父市、横瀬町、鳩山町、越生町、ときがわ町等)で地域の特徴を生かしたロケを行いました。

(5)県ホームページ「#埼玉物語」について

  • 県ホームページ「#埼玉物語」では、動画をエピソードごとに紹介するほか、エピソードにまつわる情報(移住相談窓口、テレワーク体験ができる場所、起業支援、子育て環境、住環境など)をタイムリーに提供し、移住促進につなげていきます。

2. 県移住公式SNS「#埼玉物語」による情報発信について

(1)情報発信の概要

令和元年度に開設した県移住公式SNS「#埼玉物語」は、観光だけではわからない埼玉暮らしの魅力を発掘し、情報発信しています。また、移住イベントやセミナーなどの情報も併せて発信しています。

今年度は、11月から、市町村移住相談員や地域おこし協力隊員、市町村職員が、地元のおすすめスポットや移住お試し住宅の案内などを、地元住民ならではの視点でミニ動画として投稿し、各地の魅力や暮らしやすさが、多くの方に御覧いただけるようPRしていきます。

(2)公式アカウント

Instagram アカウント: @saitama_story

Facebook アカウント: @saitama.story2019

Twitterアカウント : @saitama_story

 以上

(参考1)監督の紹介 豊島圭介with メガネーズ

(総合監督)豊島 圭介(とよしま けいすけ)

201030-0202

映画からテレビドラマ、ホラーから恋愛作品まであらゆるジャンルを縦横無尽に手掛ける。映画は「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」、「ソフトボーイ」、「花宵道中」、「ヒーローマニア-生活-」、「森山中教習所」など。テレビドラマは「ホリック~xxxHOLiC~」、「黒い十人の女」、「徳山大五郎を誰が殺したか?」、「I”s(アイズ)」、「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」、「特捜9」、「妖怪シェアハウス」などがある。

 

(監督)篠原 哲雄(しのはら てつお)

201030-0203

助監督として森田芳光監督に師事、1993年自主制作の短編映画「草の上の仕事」でデビュー。96年初長編「月とキャベツ」以降もコンスタントに撮り続け2017年「花戦さ」では日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。2000年代からENBUゼミナール等で講師として映画監督、俳優の育成にも従事する。その他の作品としては「はつ恋」「深呼吸の必要」「天国の本屋~恋火」「地下鉄(メトロ)に乗って」「命」「昭和歌謡大全集」「影踏み」などがある。

 

(監督)吉田 浩太(よしだ こうた)

201030-0204

ENBUゼミナール卒業後、映像制作会社シャイカーに所属。2006年「お姉ちゃん、弟といく」でゆうばり国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞受賞。2010年「ユリ子のアロマ」で劇場デビュー。2011年「ソーローなんてくだらない」ではイギリス・レインダンス映画祭でベストインターナショナルコンペティションにノミネート、2017年「愛の病」ではローマアジアンフィルフェスティバルで最優秀主演男優賞(岡山天音)を受賞した。

 

(監督)鈴木 太一(すずき たいち)

201030-0205

ENBUゼミナールで篠原哲雄監督に師事。2012年初の長編監督作「くそガキの告白」で劇場公開デビュー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にて史上初の4冠受賞。他の作品に、テレビドラマ「みんな!エスパーだよ!」、「PANICIN」、「豆腐プロレス」(脚本のみ)、ショートフィルム「もぎりさん session2」などがある。

(参考2)動画出演者の紹介

201030-0206

(夫役)濱津 隆之(はまつ たかゆき)

1981年生まれ。埼玉県出身。

2018年公開の映画「カメラを止めるな!」にて主役を演じ、第42回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。2019年には映画・ドラマ・CMと数多くの出演が続き、2020年にはテレビ東京ドラマ25「絶メシロード」で連続ドラマ主演も務めた。本年度のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」にも出演し活躍の場を広げている。2021年には映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」の公開も控えている。

 

(妻役)桜 まゆみ(さくら まゆみ)

201030-0207

1983年生まれ。愛媛県出身。

幼少期から映画、ドラマを観ることが好きで、自然と俳優を目指すようになる。

近年の主な出演作品は、映画「愛しのアイリーン」「お嬢ちゃん」「わたしは光をにぎっている」「ピア〜まちをつなぐもの〜」TV「宮本から君へ」「サイン-法医学者柚木貴志の事件-」「有村架純の撮休-人間ドック-」「ニーハムの旅」など。12月25日より映画『AWAKE』が公開を控える。

 

(息子役)菊池 爽(きくち そう)

201030-0208

2013年生まれ。埼玉県出身。

NEWSエンターテインメント所属。

0歳から赤ちゃんモデルとして活動開始。「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014年/テレビ朝日)泉大喜でドラマデビュー。

DVD「ベネッセ/こどもちゃれんじ」(2015年)、ドラマ「Miss!?ジコチョー」(2019年/NHK)西峰功太役、「ミストレス-女たちの秘密-」(2019年/NHK)カイ役、CM「イオン/トップバリュ」(2019年)、「バンダイ/キャラフル」(2020年)など、多方面で活躍中!


201030-0209

 左から、(妻役)桜まゆみさん、(息子役)菊池爽くん、(夫役)濱津隆之さん


201030-0210

左から吉田監督、豊島監督、桜さん、濱津さん、篠原監督、菊池くん、鈴木監督

(ロケ地:秩父市お試し居住住宅)

201030-0211

左から鈴木監督、豊島監督、桜さん、濱津さん、菊池くん、篠原監督、吉田監督

(ロケ地:越生町オクムサマルシェ)

県政ニュースのトップに戻る