Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > 県南西部の見どころを巡る「南西部自転車さんぽ」参加者募集~対象の見どころスポットを巡って写真を送ろう~

ここから本文です。

 

発表日:2020年10月23日11時

県政ニュース

県南西部の見どころを巡る「南西部自転車さんぽ」参加者募集~対象の見どころスポットを巡って写真を送ろう~

部局名:企画財政部
課所名:南西部地域振興センター
担当名:地域振興担当
担当者名:平川、田中

直通電話番号:048-451-1110
Email:j5111104@pref.saitama.lg.jp

県南西部地域(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)には、今年国重要有形民俗文化財に指定された田子山富士塚や、「平成の名水百選」に選定された妙音沢など、数多くの見どころスポットがあります。

県南西部地域の魅力をより多くの人に知ってもらうために、地域の対象見どころスポットを自転車で巡っていただく取組「南西部自転車さんぽ」の参加者を募集します。御参加いただいた方には、オリジナルグッズをプレゼントします。

各スポットを巡っていただく際には「南西部自転車さんぽマップ」を御活用ください。 

1 実施期間

令和2年11月2日(月曜日)から12月21日(月曜日)まで

2 対象者

以下の要件をすべて満たす方

(1)小学生以上で、正しい交通ルールを守って参加できること

(2)実施期間内にアンケートと写真を提出できること

(3)「南西部自転車さんぽマップ」を活用して、見どころスポット(2か所以上)に訪れることができること

(4)自転車保険に加入していること

※平成30年4月1日から県内で自転車を利用する場合に自転車保険等への加入が義務となりました。

※小・中学生は保護者がお申込みください。

3 参加方法

(1)申込書に記入の上、メールにより当センターにお申込みください。

(2)お申込後、「南西部自転車さんぽマップ」を活用して対象見どころスポットを自転車で巡り、見どころスポットの写真を撮ってください。(2か所以上)

(3)実施期間中にアンケートと写真(2か所以上)をメールで送ってください。

(4)アンケートと写真を御提出いただいた方にオリジナルグッズをプレゼントします。(1~2月発送予定)

※「南西部自転車さんぽマップ」、申込書、アンケートは、当センターホームページからダウンロードすることにより、入手できます。

ホームページ:https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b0103/index.html

※お申込だけではオリジナルグッズプレゼントの対象となりませんので御注意ください。

4 対象見どころスポット

所在市町

見どころスポット名称

朝霞市

旧高橋家住宅、シンボルロード、美女神社

志木市

いろは親水公園、旧村山快哉堂、志木市民会館パルシティ、田子山富士塚

和光市

県営和光樹林公園、白子熊野神社、新倉ふるさと民家園

新座市

妙音沢、東京オリンピック表彰台跡地(新座市営墓園内)、市場坂・キツネノカミソリの里(新座市営墓園内)、野火止用水

富士見市

難波田城公園、水子貝塚公園、びん沼自然公園

ふじみ野市

福岡河岸記念館、旧大井村役場、弁天の森

三芳町

三芳町立歴史民俗資料館、旧池上家住宅、旧島田家住宅、いも街道

201021-0101

5 南西部自転車さんぽマップ


埼玉県南西部地域の自転車活用による地域づくり事業実行委員会(事務局:南西部地域振興センター)が、平成23年度から実施している自転車ツアーで巡った見どころスポットやおすすめのサイクリングコースを紹介した「南西部自転車さんぽマップ」を作成しました。当センターホームページで公開していますので、埼玉県南西部地域の見どころスポットを巡る際に御活用ください。

6 募集人数

50名程度(申込者多数の場合は、先着順)

7 参考

(1)これまでの経緯

  • 平成22年度に管内市町や各商工会、NPO法人による実行委員会が組織され、サイクリングモデルコースの設定や見どころMAPの作成などを行った。
  • ž平成23年度に公募により13名の自転車ツアーボランティアガイド「ジモトの魅力伝え隊」を養成した。
  • ž平成23年度から令和元年度までにボランティアガイドによる自転車ツアーを計9回開催し、延べ約380名がツアーに参加した。
  • ž平成29年度自転車ツアーは、十文字学園女子大学生のアイディアにより新たに2コース(A・Bコース)を開発。平成30年度は、同大学との連携により自転車ツアーPR動画を作成した。令和元年度は、文京学院大学「あやめ祭」に訪れた。

(2)実施形態

「埼玉県南西部地域の自転車活用による地域づくり事業実行委員会」

  • 管内7市町(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)の産業観光担当者
  • ž管内7市町商工会(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)
  • žNPO法人(東上まちづくりフォーラム)
  • ž埼玉県南西部地域振興センター(事務局)

(3)シェアサイクル

  • 朝霞市、志木市、和光市では、公共交通の補完・代替等に資すること、地域活性化や観光振興を目指し、実証実験としてシェアサイクル事業を行っている。
  • ž朝霞市、志木市、和光市を中心として、県南西部地域にはシェアサイクルのポートが多数あるため、近隣地域観光での活用が期待されている。

県政ニュースのトップに戻る