Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年9月 > 埼玉WABI SABI大祭典 今年はオンライン開催 伝統芸能、和楽器、盆栽、書道など 和文化の総合フェスティバル

ここから本文です。

 

発表日:2020年9月9日11時

県政ニュース

埼玉WABI SABI大祭典 今年はオンライン開催 伝統芸能、和楽器、盆栽、書道など 和文化の総合フェスティバル

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化創造・発信担当
担当者名:菅野・福原・松浪・長谷川

内線電話番号:2882
直通電話番号:048-830-2882
Email:a2875-01@pref.saitama.lg.jp

秋の大宮公園で埼玉県の「和」文化を味わう「埼玉WABI SABI大祭典」は、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて集客によるイベント開催を避け、特設公式ウェブサイト上で11月22日(日曜日)にオンライン開催します。

ライブ配信と事前収録映像を織り交ぜて、スペシャルゲストや県内の和楽器奏者、盆栽師、書道家、文化団体、伝統芸能保存団体などの出演プログラムをお届けします。

配信するプログラムは22日以降も同サイトで随時視聴できます。

また、「和」文化をテーマに高校生が部活動で制作する動画を募集。コロナ禍で成果発表の機会を失った生徒らの活動を特設サイトで公開して応援します。さらに、SNSでは埼玉の和文化をテーマにした投稿を募り、開催を盛り上げます。生徒の動画やSNS投稿は11月22日のオンライン配信の中でも紹介します。多彩なプログラムで皆さまの視聴と参加をお待ちしております。

以下の内容は発表時点の予定です。 

配信日

高校生の投稿動画      2020年10月28日(水曜日)先行公開開始

出演プログラム         2020年11月22日(日曜日)

各内容は配信日以降、同サイトで視聴できます。また、その他の和文化やイベントキャンペーンの情報をSNSで随時投稿しています。

主催等

主催 埼玉県

特別協賛 埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫

特別協力 株式会社FM NACK5、株式会社テレビ埼玉、大宮アルシェ、川口商工会議所、花まる学習会

主な内容

伝統芸能・盆栽・書道・いけばな・きもの・和楽器等のパフォーマンス

高校生の動画投稿企画

「埼玉の食」の紹介

出演者・関係者のメッセージ

1.出演プログラム

11月22日(日曜日)、ライブ配信と事前収録映像を織り交ぜて配信する。

スペシャルゲスト      出演:元ちとせ(はじめ ちとせ)

スペシャルゲスト      出演:箏男kotomen(ことめん)

盆栽トークショー      出演:山田 香織(やまだ かおり)

盆栽パフォーマンス    出演:平尾 成志(ひらお まさし)

書道パフォーマンス    出演:矢部 澄翔(やべ ちょうしょう)

和楽器ライブ          出演:サイタマティック

いけばなパフォーマンス 出演:白澤 春草(しらさわ しゅんそう)

和太鼓パフォーマンス 出演:一般財団法人日本太鼓協会

着物ショー            出演:NPO法人川越きもの散歩

秩父市浦山の獅子舞    出演:浦山大日堂獅子舞保存会

秩父屋台囃子          出演:秩父屋台囃子保存会

川越祭りばやし        出演:葵囃子連

川越南田島の足踊り    出演:南田島囃子連足踊り保存会

さいたま市の木遣り・纏振り・梯子乗り

                      出演:浦和木遣保存会・浦和若鳶会・浦和鳶組合

小鹿野歌舞伎          出演:小鹿野歌舞伎保存会

書道パフォーマンス    出演:埼玉県立滑川総合高等学校 書道部

和太鼓演奏            出演:武蔵越生高等学校 和太鼓部

2.高校生動画投稿企画「埼玉高校生「和」文化動画コンテスト」

コロナ禍で文化祭や定期演奏会の中止が相次ぐなど練習成果の発表の機会を失った高校生の部活動を応援する動画投稿企画。書道や舞踊、郷土芸能など、生徒が考える「和」文化をテーマとして撮影・制作した動画を募集する。

応募作品は公式サイトで公開し、頑張っている姿を広く見てもらう。2021年2月1日までの再生回数の多い動画を「グランプリ」とし、公式サイトのトップページで紹介する。

【対象】県内の高校や特別支援学校等の部・同好会

【動画の内容・規格】生徒らが考える「和」文化を撮影・編集した5分以内の動画

【応募締切】11月11日(水曜日) ※動画の最終提出

3.「埼玉の食」紹介

一般社団法人埼玉県物産観光協会の協力による「埼玉の食WABI SABIセット」を特設サイトで紹介し、同協会がオンラインで販売する。

4.ハッシュタグキャンペーン「#私の埼玉wabisabi」

埼玉県内で見つけた和文化な風景やモノ、体験を募集する。Twitter上で投稿を募り、ハッシュタグ「#私の埼玉wabisabi」を付けて投稿してもらう。

5.特設公式ウェブサイト・SNS

ウェブサイト「埼玉WABI SABI大祭典2020」と3種類のSNS「埼玉WABI SABI大祭典」を展開する。SNSでは撮影など準備の様子を発信する予定。

ウェブサイトURL          https://saitama-wabi-sabi-2020.jp/

Facebookユーザーネーム      @saitamawabisabi

Instagramユーザーネーム     @saitama_wabisabi

Twitterユーザー名           @s_wabisabi

200909-0201   200909-0202   200909-0203  200909-0204

ウェブサイト        Facebook          Instagram          Twitter

埼玉WABI SABI大祭典

2020オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップ2019TMに向け、本県の和文化の魅力を発信するため、盆栽や生け花、お茶、書道、伝統芸能、和装、食などを中心に、見て、感じて、楽しめる屋外型フェスティバルとして2017年から開催。

毎年10月の2日間、氷川の杜・大宮公園(さいたま市大宮区)を会場に仮設ステージやテントなどを設営し、ステージイベントや和文化体験会などを実施。連日数万人の来場を記録した。昨年も多くの団体と連携して出演者・出展者とともに準備を進めたが、台風19号の直撃により2日間とも中止を余儀なくされた。

そして今年。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により従来通りの開催が困難に。しかし、コロナ禍にあっても埼玉の「和」文化を発信するため、舞台をウェブに移してオンライン開催することになった。

県政ニュースのトップに戻る