Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 令和元年度  古典の日記念事業  「ふれあい短歌賞」作品募集  令和を記念し、二人で一緒に短歌をつくってみませんか

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月20日14時

県政ニュース

令和元年度  古典の日記念事業  「ふれあい短歌賞」作品募集  令和を記念し、二人で一緒に短歌をつくってみませんか

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:芸術文化推進担当
担当者名:大久保、柳田

内線電話番号:6921
直通電話番号:048-830-6921
Email:a6910-11@pref.saitama.lg.jp

和元年度古典の日記念事業として、「ふれあい短歌賞」の作品を募集します。2人1組(1人1首ずつ)で創作した短歌を応募してください。入賞作品は、11月24日(日曜日)に、ソニックシティ(さいたま市大宮区)で開催予定の埼玉県芸術文化祭2019「芸術文化ふれあい交流フェア」にて表彰します。多くの方々からの御応募を心よりお待ちしております。

1 古典の日記念事業「ふれあい短歌賞」とは

葉集から続く相聞歌(そうもんか)の伝統を踏まえて2人1組(1人1首ずつ)で短歌を作ることにより、日本古来の豊かな言語文化の次代への継承と伝統文化を通じたふれあいの創造を図る事業です。万葉集を典拠とする新たな時代「令和」を迎えた記念に、5・7・5・7・7のリズムに乗せて、短歌の世界を楽しんでみませんか。

【昨年の大賞受賞作品】

  • 給食でいつも笑わせてくれてありがとうそのおかげでめちゃくちゃ楽しいよ
  • 毎日がおかげで楽しく過ごせるよぼくの友達最強だ
  • 雨やんでニューグローブ使えるぞ今日の試合は絶対勝つぞ
  • 末っ子はお下がりたくさんあるけれどやる気を引き出す新品グローブ

※「古典の日」とは、国民が優れた価値を有している古典に親しむことを目的として、平成24年9月に制定されました。

典の日の日付は、「紫式部日記」によって源氏物語の存在が確認できる最古の日付である寛弘5年(西暦1008年)11月1日にちなんでいます。

2 応募について

(1)応募資格

2人1組(1人1首ずつ作成)、年齢制限なし

埼玉県内に在住又は在勤、在学していること(いずれか1人)

(2)募集期間

令和元年6月20日(木曜日)から9月6日(金曜日)まで(必着)

(3)応募料

無料

(4)応募方法

所定の応募票に、作品と必要事項を記入して、FAX・郵送・電子メールのいずれかの方法で応募してください。

(5)応募先

「さいたま文学館」短歌賞係

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

FAX 048-789-1517

電子メールアドレス oubo@okegawa-culpro.jp

※ 応募に関する問い合わせ TEL 048-789-1515(休館日を除く)

(6)選考委員

沖 ななも氏(県歌人会副会長)

金子 貞雄氏(県歌人会理事・元会長)

下村 すみよ氏(県歌人会副会長)

(7)表彰式

令和元年11月24日(日曜日)(午前予定)

ソニックシティ小ホール(さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

3 募集案内(応募票)について

埼玉県のホームページからダウンロードできます。

※埼玉県ホームページ(ふれあい短歌賞)

http://www.pref.saitama.lg.jp/f2216/geibunsai/fureaitanka.html

4 埼玉県芸術文化祭とは

「730万人のおまつりだ」をキャッチフレーズに、地域に根ざす埼玉文化の創造を目指して平成2年度から開催しており、今年で30周年を迎えます。埼玉県芸術文化祭は、以下5つの事業から成ります。

(1)第69回埼玉県美術展覧会

5月~6月にかけて県立近代美術館にて開催している公募美術展

(2)地域文化事業

8月~12月にかけて市町村及び文化団体が主体的に開催する全51の文化芸術イベント。

(3)埼玉県芸術文化祭30周年記念事業「芸術文化ふれあい交流フェア」

11月24日にソニックシティ(さいたま市大宮区)で開催する、様々なジャンルの文化芸術活動を一度に鑑賞、体験できるイベント。併せて11月1日の「古典の日」記念事業も開催。

(4)芸術文化ふれあい事業

4月~翌年3月に芸術文化団体の専門家を学校や公民館などの身近な施設に派遣し、ふれあい体験型の公演や実技指導等を実施。

(5)協賛事業

4月から12月までの間に埼玉県芸術文化祭の趣旨に賛同して行われる各種芸術文化事業を協賛事業として奨励する。

5 お問い合わせ先

文化資源課  芸術文化推進担当

電話:048-830-6921

県政ニュースのトップに戻る