Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年12月 > 拉致問題解決に向けた街頭署名活動の結果について―441名の署名が集まりました―

ここから本文です。

 

発表日:2019年12月8日15時

県政ニュース

拉致問題解決に向けた街頭署名活動の結果について―441名の署名が集まりました―

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:援護恩給担当
担当者名:渡辺

内線電話番号:3277
直通電話番号:048-830-3277
Email:a3270-14@pref.saitama.lg.jp

  北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日~16日)に合わせ、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会(救う会埼玉)」などが行う街頭での署名活動に、知事、県議会議員等が参加し、北朝鮮による拉致問題の一日も早い解決を訴えました。

署名活動の結果について

1 参加者等について

(1)日時  令和元年12月8日(日曜日)午前11時30分~午後2時

(2)場所  JR浦和駅西口  伊勢丹浦和店前他

(3)主催  北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会

(4)主な出席者

・埼玉県知事  大野元裕

・埼玉県議会議員  長峰宏芳、小島信昭、宮崎栄治郎、鈴木正人、田村琢実

                         梅澤佳一、荒木裕介、中川浩、松坂喜浩、関根信明

・北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会代表  竹本博光

・北朝鮮による拉致被害者家族連絡会  本間勝(拉致被害者田口八重子さんの兄)

2 署名について

集まった署名は、441名分で、救う会全国協議会を通じて内閣官房に届けられます。 

県政ニュースのトップに戻る