Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2019年11月8日15時

県政ニュース

生徒及び教職員等の個人情報の紛失について

部局名:教育局
課所名:県立学校人事課
担当名:管理指導担当
担当者名:吉野

内線電話番号:6726
直通電話番号:048-830-6726
Email:a6720@pref.saitama.lg.jp

  県立狭山緑陽高校の教諭が、生徒及び教職員等の個人情報を含む修学旅行の教員マニュアルを紛失する事故が発生しました。

  なお、現在のところ、個人情報の第三者による不正使用等の事実は確認されていません。

1 事故の概要

  令和元年11月2日(土曜日)、県立狭山緑陽高校の教諭(1名)が、修学旅行引率中、沖縄県那覇空港での点呼後に生徒及び教職員等の個人情報が記載された修学旅行の教員マニュアルを一冊紛失した。

  なお、修学旅行は令和元年10月31日(木曜日)~11月2日(土曜日)の2泊3日で、沖縄県を目的地として実施された。

2 個人情報の内容

(1)2年次生の生徒に関する次のデータ

  • 全生徒の氏名(137名)
  • 該当生徒のアレルギー等の留意すべき健康状況(76名)

(2)教職員等に関する次のデータ

  • 教職員、添乗員、看護師、カメラマンの氏名及び携帯電話番号(23名)

3 学校の対応

(1)11月6日(水曜日)、校長は2年次の教員に対して事故の概要及び今後の対応について説明した。

(2)11月7日(木曜日)、修学旅行に参加した生徒に、校長から事故の概要説明及び謝罪をするとともに、保護者に対して文書で謝罪した。

(3)11月7日(木曜日)、担任から、アレルギー等の留意すべき健康状況記載生徒の保護者に事故の報告及び謝罪した。

(4)11月7日(木曜日)、職員会議において、全教職員に事故概要を説明するとともに、個人情報を取り扱う際に注意すべきことを改めて指示した。

4 再発防止策

  校長会議を通じて、全県立学校に個人情報の適正な管理を徹底するよう指示する。

県政ニュースのトップに戻る