Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 県立浦和北高校  「高校生が小学生に教えて学ぶ」機器制御で育む科学的な思考力  さいたま市立大久保小学校・県立浦和北高校・埼玉大学の連携による問題解決学習

ここから本文です。

 

発表日:2019年11月5日14時

県政ニュース

県立浦和北高校  「高校生が小学生に教えて学ぶ」機器制御で育む科学的な思考力  さいたま市立大久保小学校・県立浦和北高校・埼玉大学の連携による問題解決学習

部局名:教育局
課所名:浦和北高校
担当者名:深井 秀仁

直通電話番号:048-855-1000
Email:p551000@pref.saitama.lg.jp

  県立浦和北高校では、今年度で第10回目となる、さいたま市立大久保小学校、埼玉大学との小高大連携事業を開催します。今年のテーマは「社会とAI」。埼玉大学教育学部准教授野村泰朗(たいろう)氏の指導の下、人工知能を社会の中でどのように使っていけばよいのか、どのように社会の課題を解決していくのかを小学生と高校生が共に考えます。

  高校生が自ら研究し、得た知識を小学生に教えることで、自らの知識の定着と発展を目指します。また、小学生が高校生と一緒に学び、自ら判断し動作する自律型ロボットを作って「機器制御」を体験することで、科学を学ぶ楽しさや喜びを味わい、科学に対する興味・関心を高めていきます。

1 日時

令和元年11月18日(月曜日)13時00分~15時00分

2 会場    

県立浦和北高等学校  情報処理室及び特別演習室

(〒338-0815埼玉県さいたま市桜区五関595)

3 参加者

さいたま市立大久保小学校 5年生38名

県立浦和北高等学校 プログラミングを学習している生徒29名

4 講義及び指導   

埼玉大学教育学部准教授  野村 泰朗(たいろう)氏

5 内容  

AIと機器制御に関する講義(野村准教授)

高校生による成果プレゼンテーション

グループごとのシステム作成・調整

機器制御に関するレスキューロボット競技

県政ニュースのトップに戻る